一人でやれば格安で可能|憧れのカラーホイール塗装の基礎知識と注意点

業者に頼むと数万円かかる場合があるため、自分でホイール塗装をするという方も多いかと思います。しかし、せっかく手間をかけてやったものの錆びてしまったりしたら残念ですよね。今回はホイール塗装をする際の注意点についてまとめてみました。

ホイール塗装って難しいの?

出典:http://lexus.jp/

素人でもちゃんとした知識をつけてから行えば塗装することができます。
しかしきちんと手間をかけてやったつもりでも、一週間後には錆びてしまったということもあるそうです。

そうならないためには、いくつか注意点があります。
予め知識をつけて、失敗を最小限に抑えましょう!

意外と自分で塗装している人も多いみたいです。
業者に頼むのもいいですが、自分で塗装することによって、より愛着も湧きそうですね。

やはり素人には難しいもの…
ですが、自分の手によって新しい姿に生まれ変わっていくのを見ると楽しくなります!

雨の日の塗装は控えましょう

出典:http://www.photo-ac.com/

雨の日に塗装を控えるのは、車好きの方の中では常識だそうです。

雨の日や湿度が高い日に塗装をすると、塗装面が白く曇ってしまったりするため、再塗装しなくてはいけなくなるかもしれません。
湿気の水分が塗装する際に一緒に付着してしまうため、できるだけ雨の日や湿度が高い日の塗装は避けましょう。

なるほど。
ドライヤー暖めて曇りを防ぐという方法で塗装する方もいるみたいです。

どうしても今日でないと時間が取れない!
そんな日に限って雨だった!
という方は試してみる価値がありあそうですね。

塗装前に綺麗に洗い、傷を削る

塗装前には、きちんとホイールを洗って乾かしましょう。

そして傷を削り、修復します。
傷をサンドペーパーなどでこすり、できるだけ平らに仕上げます。
深い傷がある場合は、パテで埋めます。

この土台作りをきちんと行わないと、塗装が剥がれる原因となります。
ちょっと面倒だな…と思っても、最初が肝心なのできちんと行いましょう。

一度に塗りきろうとしないこと

塗るのは「慌てず、ゆっくりと」行いましょう。

一度に塗りきろうとすると液溜まりができ、そのまま表面が固まってしまうことがあります。気泡ができてしまうこともあるので、要注意です。
そうなるとまたやり直しすることになるので、塗る際は「薄く塗って乾かす」を繰り返すようにしましょう。
再度塗る際は完璧に乾いてから塗りましょう。
そうすることによって、表面が滑らかに綺麗に仕上がります。

業者に頼むより安く済む

塗装業者に頼んだ場合は、数万円かかることが多いそうです。

自分でも塗装できるかも…と思った方はチャレンジしてみるのもいいかもしれません!
費用面では業者に頼むより価格を安く抑えることができます。

缶スプレー……一本1000円~2000円程度
サンドペーパー……100均一であります
マスキングテープ……100円
パテ……2000円~5000円(買うものによる)

出典:http://mysimasima.com/

今では100円ショップでもいくつかの材料が手に入ります。

自分で塗装をしたとすると、4,000円~8,000円くらいで塗装をすることができるということになります。
100円ショップなどで安い材料を見つけた場合は、より費用を抑えることができるかもしれません。

自分で塗装してカラーホイールにチャレンジしてみませんか?

自分で塗装するのは、費用が抑えられるという大きいメリットがありますが、時間と根気が必要なことも確かです。
これだけ言われると業者に頼んだほうが楽だと思う方もいるかと思いますが、自分で手間暇かけて塗装することによって、より自分の車に愛着を持てるかもしれません。

自分の脚となって走ってくれる車。
時間をかけて向き合ってみると大変さを上回る楽しさが待っているはずですよ!

失敗を恐れず、ホイール塗装にもチャレンジしてみてください。

ホイールなどの足回りに関する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す