初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

DCTの意味と仕組みとは?デュアルクラッチトランスミッションのメリットと欠点まで解説

DCTのメリットとデメリット

DCTのメリットは?

DCTの利点は瞬時に変速を行えることです。
従来のATでは変速に時間がかかってしまい、どうしても人力で変速を行うMTには劣っていました。
しかしデュアルクラッチを採用することで、トルク抜けを最小限に抑え高い伝達効率を実現しました。

一般的なATはトルクコンバーターと呼ばれる装置でスムーズな加速と変速を可能にしていますが、構造上滑りが発生してしまうため伝達効率が悪く、MT車よりも燃費が悪くなってしまいます。
アクセルを踏み込んでから加速が始まるまでの間にタイムラグも生じてしまいます。

駆動効率が上がり、変速ショックが小さくなったことに伴い、加速と燃費も向上しました。

また、欧州での採用例が多い要因として、ダウンサイジングターボと相性が良いことが挙げられます。
ダウンサイジングターボは小型のターボを採用することでターボラグを改善していますが、実はDCTの素早い変速で加速時のターボラグを気にならないようにしているのです。

【トルクコンバーターとは?】

トルクコンバーター(torque converter)とは、オートマチックトランスミッション(AT)を構成する装置の1つで、マニュアルトランスミッション(MT)のクラッチに相当する役割を持つ。回転力変換器ともいう。
トルクコンバーターは流体クラッチの一種であり、略して「トルコン」と呼ばれることもある。
トルクコンバーターがクラッチと異なるのは、クラッチとしての働きのほかに、トルクを増大させる変速機としての機能も持っている点である。

出典:https://automotive.ten-navi.com/

DCTのデメリット

メリットばかりのDCTですが欠点もあります。
DCTはMTが人力で行う変速を機械が行うので、その分部品点数は多くなり、重量も重くなります。
もちろん、コストも高くなってしまいますね。

発進時はMT車と同じようにクラッチ操作が入ることでギクシャクしてしまうこともあり、CVTのようなスムーズな加速フィーリングを得られないこともあります。渋滞などではやや違和感を感じてしまうかもしれません。

また、DCTにはATのようにブレーキを離しただけでゆっくり加速する「クリープ現象」がありません。そのため、渋滞で少しずつ進む際や、駐車をする際はAT車に乗りなれていると苦労するかもしれません。

しかし、最近はこのATとDCTのズレを解消するために疑似的にクリープ現象を再現した車も多くなっているので、以前よりはATからの乗り換えでも自然な運転ができるようになっているとも言えます。

それぞれのトランスミッションのメリット、デメリットをおさらい

ここでそれぞれのトランスミッションのメリットとデメリットをおさらいしましょう。

トルコンATのメリットとデメリット

【メリット】
・発進がスムーズ
・変速がスムーズ

【デメリット】
・伝達効率が悪く燃費がやや悪い
・MTのようなダイレクト感がない

DCTのメリットとデメリット

【メリット】
・燃費が良い
・瞬時に変速が可能

【デメリット】
・発進時にギクシャクしやすい
・部品点数が多くなりコストが高い

CVTのメリットとデメリット

【メリット】
・燃費が良い
・ギアがないため変速ショックがない

【デメリット】
・高回転域、大トルクの車に採用できない
・サイズが大きく重量がある

MTのメリットとデメリット

【メリット】
・燃費が良い
・ダイレクトな運転フィール

【デメリット】
・操作が複雑
・DCTには変速スピードが劣る

やはりどのトランスミッションにもメリットとデメリットは存在します。
搭載する車の大きさやエンジン性能、性格を考慮して最適なトランスミッションが選ばれます。

DCTが国産コンパクトカーにあまり採用されないのは、コストの面はもちろんですが、ストップ&ゴーの多い日本の交通事情ではCVTの方がメリットが多いからとも言えます。

さらに、最近はATであっても燃費が良かったり、変速がスムーズだったりと技術の進歩に伴い、デメリットとなる部分も改善されつつあります。

このまま技術が進歩しいずれMT車がなくなってしまったらと思うと少し寂しい気もしますね。
これもきっと時代の流れなのでしょう。

DCTは自動変速でありながらMTのダイレクト感を実現

DCTの仕組みと構造を説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?
DCTのシフトチェンジはプロドライバーでも不可能と言われるくらい、素早い変速を可能にし、MT車の方がAT車よりも加速が良いという概念は覆されることとなりました。

もちろん、現状ではいくつかの問題点もありますが、さらに普及していけばコストは安くなりますし、デメリットも改善されていくことでしょう。

関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す