MOBY

ベンツのエントリーモデルAクラスを解説|A180とA250はどう違う?

ベンツのAクラスと聞くとどんなイメージがありまか?今回は大きく分けて2つのグレードに分けられるA180とA250sportについてまとめました。劇的なデザインの変化を遂げた現行型のベンツAクラスのA180とA250sportを比較。

メルセデス・ベンツのAクラスとは

Aクラスはベンツの入門モデル

「メルセデス・ベンツ」とは皆さまご存知の通り、「ダイムラー」が所有するドイツの高級自動車のブランドです。

今回ご紹介するAクラスはベンツのエントリーモデルに位置付けられ1997年に登場しました。コンパクトなファミリーカーの役目を担っていたAクラスは3代目のとなる現行モデル(2012年~)でそのキャラクターを大きく変えました。

初代Aクラス

出典:http://xn--bdkyb7dz99oep0d.net/

2代目Aクラス

出典:https://goo.gl/

現行型となる3代目Aクラス

出典:http://kakaku.com/

ボディサイズは400mm長く、全高は160mmも低い、スポーツハッチへと変貌を遂げました。

デザインは若者を意識したダイナミックなデザインが採用され、「ベンツ=おじさんの乗る車」という概念を覆しました。販売価格も登場時は300万円を切っており、フォルクスワーゲンのゴルフや、BMWの1シリーズの競合車種となりました。

メルセデスベンツ Aクラスのエクステリア

メルセデスベンツ Aクラス

メルセデスベンツ Aクラス

出典:http://www.goo-net.com/

前輪駆動がベースのモデルとしては長めのフロントノーズを持っており、かなり迫力のあるフロントマスクです。

サイドはクーペ調に見せながらも後部座席の頭上スペースを考慮し、ルーフの傾斜は最小限に抑えています。

リヤはワイド&ローフォルムが安定感を演出しています。2本出しのマフラーや左右のエアインテークなど細かい要素がスポーツテイストを際立てていますね。

メルセデスベンツ Aクラスの内装

メルセデスベンツ Aクラス

出典:http://www.yanase.co.jp/

まず目を惹くのが高級感のあるインパネ周りではないでしょうか?
これは新世代ベンツのスタンダードとして非常にこだわりを持ってデザインされたそうです。

ディスプレイはタブレットを載せたような現代的なデザインです。オンダッシュのような雰囲気もありますが視認性を考慮すればこの位置がベストなのは言うまでもありません。

Aクラスは全グレードでヘッドレスト一体型のスポーティなシートが標準装備されています。
ヘッドレストは高さの調整ができないものの頭を快適な位置で支えてくれます。

後部座席は開放的ではありませんが、頭上スペース、膝回り共に余裕があるので窮屈さを感じることはないでしょう。後席専用のエアコンもあるので、同乗者には喜ばれそうです。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す