初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ベンツのエントリーモデルAクラスを解説|A180とA250はどう違う?

ベンツのAクラスと聞くとどんなイメージがありまか?今回は大きく分けて2つのグレードに分けられるA180とA250sportについてまとめました。劇的なデザインの変化を遂げた現行型のベンツAクラスのA180とA250sportを比較。

【最新情報】ベンツAクラスが装備変更&値下げ!

メルセデス・ベンツ Aクラス 180sport

メルセデス・ベンツは、Aクラスの装備を変更し、価格を見直して7月26日より発売すると発表しました。

装備、価格の変更点は以下になります。

A 180 Style(受注生産モデル)

A 180 Styleには最新技術が多く追加されたエントリーパッケージが設定されます。
発表されたものですと

パーキングパイロット:シフト、ブレーキ、アクセルだけで縦列・並列駐車をアシストする機能
LEDパフォーマンスヘッドライト:走行状況や天候に合わせて配光モードを切り替えてくれる機能

などがあります。

パッケージの価格は46万円です。

A 180 AMG Style

内装が一部変更され、価格は43万円値下げの347万円になります。

A 250 SPORT

パノラミックスライディングルーフの追加に加え、ドアミラーカバーやリアバンパーがブラックに変更されます。
さらにナビゲーションシステムとレーダーセーフティパッケージがパッケージオプションとして追加され、価格は39万円値下げの495万円になります。

メルセデスAMG A 45 4MATIC

AMGエグゾーストシステムがオプション設定され、価格は9万円値下げの711万円になります。

同時に装備と価格が見直された車種はこちら!

メルセデス・ベンツのAクラスとは

Aクラスはベンツの入門モデル

「メルセデス・ベンツ」とは皆さまご存知の通り、「ダイムラー」が所有するドイツの高級自動車のブランドです。

今回ご紹介するAクラスはベンツのエントリーモデルに位置付けられ1997年に登場しました。コンパクトなファミリーカーの役目を担っていたAクラスは3代目のとなる現行モデル(2012年~)でそのキャラクターを大きく変えました。

初代Aクラス

メルセデス ベンツ 初代 Aクラス 2001年型

2代目Aクラス

メルセデス ベンツ 2代目 Aクラス 2006年型

現行型となる3代目Aクラス

メルセデス ベンツ A クラス 2015年型

ボディサイズは400mm長く、全高は160mmも低い、スポーツハッチへと変貌を遂げました。

デザインは若者を意識したダイナミックなデザインが採用され、「ベンツ=おじさんの乗る車」という概念を覆しました。販売価格も登場時は300万円を切っており、フォルクスワーゲンのゴルフや、BMWの1シリーズの競合車種となりました。

4代目新型ベンツAクラスも登場?

次期・新型ベンツAクラスのテスト走行などが度々目撃され、そろそろ4代目にフルモデルチェンジするようです。

また、2017年4月の上海モーターショーでは「メルセデス ベンツ コンセプトAセダン」が公開されました。

3代目へのフルモデルチェンジで大きくデザインが変更されたベンツAクラスの次のデザインがどのようなものになるのか気になりますね。

詳しくは以下の記事で解説していますので気になった方は是非チェックしてください。

メルセデスベンツ Aクラスの外装・エクステリアデザイン

新型 メルセデス ベンツ Aクラス 外装 2016年型
メルセデス ベンツ Aクラス 2016年型 新型

前輪駆動がベースのモデルとしては長めのフロントノーズを持っており、かなり迫力のあるフロントマスクです。

サイドはクーペ調に見せながらも後部座席の頭上スペースを考慮し、ルーフの傾斜は最小限に抑えています。

リヤはワイド&ローフォルムが安定感を演出しています。2本出しのマフラーや左右のエアインテークなど細かい要素がスポーツテイストを際立てていますね。

メルセデスベンツ Aクラスの内装・インテリアデザイン

メルセデス ベンツ Aクラス 内装 2013年型
メルセデス ベンツ Aクラス 内装 2016年型

まず目を惹くのが高級感のあるインパネ周りではないでしょうか?
これは新世代ベンツのスタンダードとして非常にこだわりを持ってデザインされたそうです。

ディスプレイはタブレットを載せたような現代的なデザインです。オンダッシュのような雰囲気もありますが視認性を考慮すればこの位置がベストなのは言うまでもありません。

Aクラスは全グレードでヘッドレスト一体型のスポーティなシートが標準装備されています。
ヘッドレストは高さの調整ができないものの頭を快適な位置で支えてくれます。

後部座席は開放的ではありませんが、頭上スペース、膝回り共に余裕があるので窮屈さを感じることはないでしょう。後席専用のエアコンもあるので、同乗者には喜ばれそうです。

現行型メルセデスベンツ Aクラスは大きく分けて2種類

エントリーモデルとなるA180

【A180styleのスペック】

全長:4,300mm
全幅:1,780mm
全高:1,435mm
車両重量:1450kg
総排気量:1,595cc
最高出力:122ps/5000rpm
最大トルク: 20.4kg・m/1250-4000
JC08モード燃費:17.6km/L
新車時価格(税込み):2,960,000 円

ハイパフォーマンスモデルのA250

【A250sprt 4MATICのスペック】

全長:4,355mm
全幅:1,780mm
全高:1,420mm
車両重量:1,530kg
エンジン種類:直列4気筒ターボ直噴ガソリンエンジン
総排気量:1,991cc
最高出力:218ps/5500rpm
最大トルク: 35.7kg・m/1200-4000rpm
JC08モード燃費:13.7km/L
新車時価格(税込み):5,290,000 円

A180は6グレードで展開しており価格帯は296~387万円となります。

スポーツグレードとなるA250は529~595万円と価格帯に幅があるのが特徴です。

A180は1.6Lターボを採用しており、低い回転域からトルクの効くタイプなので、街乗りでは必要十分なポテンシャルを持っています。

スポーツグレードとなるA250は全て4MATICというFFベースの四輪駆動となっています。価格が高い分エンジンは相当スポーツよりのセッティングになっています。

有り余るパワーで余裕のクルージングを堪能したい方にはおすすめです。こうして2つのグレードを比較してみると価格もエンジンスペックもかなり差があるので、400万円代の中間的な位置づけのモデルの登場も期待したいところです。

ベンツAクラスには先進の安全装備も充実

メルセデス ベンツ Aクラス パーキングアシスト機能 2012年

Aクラスはエントリーモデルといえども安全な運転をサポートする先進技術を多数搭載しています。

例えば、「パーキングアシスト機能」で駐車スペースを自動で検出、これによってハンドル操作なしに半自動的に駐車をしてくれます。

他にも標準装備の「バックカメラ」や、車体斜め後方の死角に車がいるのを知らせてくれる「ブラインドスポットアシスト」に加え、5つのセンターと1つのカメラで走行状況を常にモニタリングしてくれる「レーダーセーフティパッケージ」も備えます。(A180では全車オプション)

ベンツAクラスの試乗動画をチェック!

ベンツが身近に感じられま~す! Mercedes-Benz Aクラス Test Drive

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス「A250 SPORT」丸山浩速攻インプレッション

ベンツAクラスはエントリーモデルといえども侮れない車

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【メルセデス・ベンツ A180 vs A250】Aクラス対決!どちらのグレードを選ぶ?

メルセデスベンツのエントリーモデル、Aクラスの人気グレードであるA180とA250 SPORT 4MATIC。A250はハイパフォーマンスグレ...

  • メルセデス・ベンツ A180
  • メルセデス・ベンツ A250 SPORT 4MATIC
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

いかがでしたでしょうか?
エントリーモデルのAクラスといってもやはりそこはメルセデスベンツ。
ライバル車を凌ぐデザインは同グレードの車の中でも群を抜いています。

さらに、5ドアハッチバックでファミリーカーにもなり得るポテンシャルを持っています。
家族や友人との楽しいドライブも、一人での熱い走りも楽しめる、マルチに活躍できる車といえるでしょう。

関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す