MOBY

車の運転が苦手&怖い人が克服するべき12個のポイント【ペーパードライバー・運転初心者必読】

車の運転が苦手&怖い人は必読!この記事で紹介する12のポイントを覚えれば、運転初心者やペーパードライバーでも安心で安全な運転ができるようになりますよ!

目次

・車の運転が苦手&怖い人は必読!
・怖い運転の前に確認するポイント4選
・怖い車の運転中に守るポイント4選
・運転が怖い人へのその他のポイント4選
・運転が怖い人の運転は他人も怖い

車の運転が苦手&怖い人は必読!

事故の画像です。

出典:http://www.irasutoya.com/

車の誕生から240年以上が経過した現在、車はもはや現代生活に無くてはならない必需品ともいえる存在になりました。

しかし、免許を取り立てだったり、一度事故を起こしてしまったりといった理由で、運転が怖くて愛車を有効活用することができないという人も多く見かけます。

そこで今回は、運転初心者やペーパードライバーが運転する怖さを克服するための、15個のポイントを紹介したいと思います。
「運転なんて怖くないぜ!」という人も、この記事で改めて安全運転のポイントを確認してみてください。きっと役に立つはずです!

怖い運転の前に確認するポイント4選

点検の画像です。

出典:http://www.irasutoya.com/

1:車の整備は万全にしよう

運転でどんなに注意していても、車の整備ができていなければなんの意味もありません。
運転中に整備不良が原因で事故を起こしてしまったら、元も子もありませんからね!
そういう訳で、日頃から愛車の整備はしっかり行いましょう!

2:余裕を持って出かけよう

車の運転をする前には、しっかり疲れを取っておき、トイレにも忘れず行きましょう。
疲れや便意で運転に集中できないなんて、もっての外です。

また、時間にも余裕を持って出発する必要があります。
目的地への到着時刻をあらかじめ決めておき、それに合わせて早め早めに行動しましょう。
そうすることで、渋滞やアクシデントに見舞われても多少の遅れは取り戻すことができます。

渋滞を楽しく乗り切ろう!

3:ルートをしっかり把握しよう

運転の前に、目的地へのルートをしっかり確認しておきましょう。
ルートが分かっていれば、交差点で迷ってパニックになることも防げます。

もしカーナビがあるのなら、ルート設定をして指示に従って走れば、まず迷うことはありません。
カーナビが無くても、スマートフォンの地図アプリをカーナビ代わりにすることもできます。

スマートフォンがカーナビに変わる!

4:交通ルールをしっかり覚えよう

走りだす前に、交通ルールの確認も忘れてはいけません。
ペーパードライバーの人は、忘れている人もいるくらいですからね。

特に覚えておかなければならないのが道路標識です。
標識の指示に従わず、一方通行の場所や進入禁止の場所に進んでしまえば、罰則を科せられたり思わぬ事故にあうこともあります。

ですから、交通ルールを覚えているか自身のない人は、運転教本を改めて確認しておきましょう。

最新の道路交通法を要チェックです!

交通ルールは標識で覚えろ!

怖い車の運転中に守るポイント4選

教習中の画像です。

出典:http://www.irasutoya.com/

5:ちょっとずつ運転に慣れよう

どんなベテランスーパードライバーでも、最初から運転が上手だった訳ではありません。
誰もが練習で運転技術を習得していきます。

ですから、最初から遠出をするのではなく、まず家の前、近所のコンビニ、隣町のスーパーと、少しずつ運転距離を伸ばして慣れていきましょう。

そうやって運転に慣れていけば、安全確認する余裕もできてくるので、運転が怖いなんてことも無くなるはずです。

運転練習でペーパードライバーを脱出!

6:同乗者はベテランドライバーにしよう

自動車教習所のように、助手席に経験豊富なドライバーを乗せておけば、状況に応じてアドバイスをもらえたり、もしものときには運転を代わってもらうこともできます。

家族や恋人、友人に運転が上手い人がいたら、ドライブに誘って走りだしましょう!

同乗者を酔わせないテクニックを紹介!

7:駐車を練習しよう

車の運転が怖いという人の多くが、駐車を苦手としています。
確かに、大きな車をバックさせて狭いスペースに停めるという行為は、車全体を感覚的に操作することのできない初心者には厳しいかもしれません。

しかし、だからこそ練習する必要があるのです。
駐車は車の運転操作の中でも難しい部類に入り、最も重要な操作でもあります。
ですから、これを苦手としていたら運転の恐怖を克服するなんて夢のまた夢です。

しっかり練習して、バック駐車だけでもできるようになりましょう。

駐車テクニックを紹介!

8:車の左側を意識しよう

右ハンドル車の場合、運転席から離れた車の左側は、良く見えなくて感覚的にも分かりづらい恐怖ポイントの一つです。
この感覚に慣れないと、車をまっすぐ走らせることができず、車線からもはみ出してしまうので、常に車の左側を意識するようにして、慣れていきましょう。

また、複数の車線がある道路では常に左側を走るようにしましょう。
車線変更も慣れないうちは、できるだけ行わないようにするのがベストです。

車幅を把握して感覚を掴もう!

運転が怖い人へのその他のポイント4選

カーナビの画像です。

出典:http://www.irasutoya.com/

9:慣れを恐れよう

車の運転において、慣れ始めたころが一番怖いと言われています。
少し慣れると、初心者だったころの緊張感が無くなって、注意力散漫で怠慢な運転をしてしまい、このときに重大な事故を起こしてしまう可能性があります。

ですから、常にとは言いませんが、ある程度の緊張感を持って運転をすることが大切です。
初心者のころに持っていた恐怖心も、安全運転においては必ずしも悪いということはありません。

運転は怖いものだと覚えていれば、慎重で安全な運転を忘れることもないですからね!

安全運転のテクニックを紹介!

10:交通事故のパターンを覚えよう

交通事故においては、発生の多い事故パターンというものがあります。
そういった事故のパターンを交差点や横断歩道など、発生場所ごとに覚えておけば、自分である程度予測して、交通事故を未然に防ぐこともできます。

テレビや新聞で報じられる交通事故についても、「何故そのような事故が起こってしまったのか?」ということを考えるようにして、関心のアンテナを高くしておきましょう。

交通事故に巻き込まれる前に見ておきましょう。

11:優柔不断はやめよう

交差点で立ち往生しているときなどに、後ろの車にクラクションを鳴らされると初心者はパニックに陥ってしまい、思考は停止状態で状況はどんどん悪化していきます。
これが原因で、運転に対する恐怖心をより強めてしまう人もいるかもしれません。

こんな時はグズグズ迷うのはやめて、進めるなら進んでしまい、別の道があるならそちらに退避してもいいでしょう。
初心者が変な進み方をしても、大抵のドライバーは上手く対処してくれます。

とにかく、 往来の真ん中で車を止めてしまうのは、色々な人に迷惑ですので、慌てずにその場を立ち去って、この経験を次に生かしましょう。

パッシングの意味を理解して適切な判断をしましょう。

12:ペーパードライバー講習をうけよう

確実に運転が上手くなりたいという人は、各教習所で開かれているペーパードライバー講習を受けてみると良いでしょう。
プロの講師による丁寧な指導が受けられるので、興味を持った人は調べてみてください。

愛車を使用できたり、ルートを自分で設定できたりと、様々なプランが用意されている所もあるので、自分に合わせた練習を行うことができます。

ペーパードライバー講習を受けよう!

運転が怖い人の運転は他人も怖い

出典:http://www.irasutoya.com/

車の運転が怖い人が克服する12個のポイントはいかがでしたでしょうか?

車を運転することが怖いという人の運転は、他の人から見ても怖い運転になっています。
怖い運転をされた人は、怖い対応をすることもあるので、それがまた恐怖心を高めてしまうのです。

しかし、この記事で読んだことを確実に実行していけば、運転が怖いということも無くなり、安全運転ができるようになるでしょう。
運転が安全になれば周りの人も安心でき、落ち着いた運転ができるので、より安全になります。

安全運転は車の基本ですので、初心者やペーパードライバー以外の人も、この記事を読んで初心者に優しい運転を心掛けてくれたら幸いです。

おすすめの関連記事!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す