運転記録証明書とは?発行・取得方法・手数料・内容・必要な日数・委任状まで

安全運転はドライバーの基本です。「運転記録証明書」は、あなたの安全運転の記録を書類上で正確に証明してくれます。この記事では「運転記録証明書」の発行・取得方法や手数料、その内容について解説しています。

運転記録証明書って何?

文字通り、あなたの運転の記録を証明します。

運転記録証明書の画像です。

出典:http://www.jsdc.or.jp/

「運転記録証明書」とは、過去5年間までの交通違反や事故、運転免許の行政処分の記録等について証明してくれる書類のことです。

タクシーやバス、トラックといった乗り物を運転する職業に就く人は、常に安全運転ができるドライバーであることが求められるので、車の運転を主な業務とする企業では、運転記録証明書の提出が必須となっています。

また、優良運転者の表彰やSD(Safe Driver)カードを取得する際にも、運転記録証明書は利用されます。

似たような証明書として運転経歴証明書をご存知ですか?

運転記録証明書の発行方法は?

証明書申込用紙

出典:http://www.jsdc.or.jp/

申請は郵便局か免許センターから行おう!

運転記録証明書を発行するには、警察署、交番、駐在所、及び自動車安全運転センター(免許センター)に備えられている証明書申込用紙に必要事項を記入して、郵便局か免許センターで申請する必要があります。

申請する際、住所や氏名、生年月日等の他に、印鑑や免許番号も必要になるので、忘れないようにしましょう。

証明期間は過去1~5年間まで!

運転記録証明書の発行を申請する際、証明期間を過去1年間、3年間、5年間から選ぶことができます。

どれを選んでも発行手数料は変わらないので、特に指定がないのであれば5年間を選ぶことをおすすめします。

運転記録証明書の発行手数料はいくら?

運転記録証明書の発行には、手数料が必要になりますが、これは郵便局、免許センター共に一律【630円】となっています。

運転記録証明書はいつ手元に届く?

郵便局で申請した場合、運転記録証明書は10日ほどで郵送されてきます。
郵便局は他の業務もたくさんあるので、急いでいる場合にはおすすめできません。

免許センターで申請した場合は、郵送の他に直接受け取ることもできます。
郵送の場合は3~7日、直接受け取る場合は当日~3日ほどで取得できます。

どちらにしろ郵便局で申請するより速いので、急いでいる場合は免許センターで申請しましょう。

委任状があれば代理人でも取得が可能!

忙しくて、郵便局にも免許センターにも行くことができないという人は、代理人に頼んで取得してもらうこともできます。

その際、取得する本人から委任を受けたことを証明する書類や本人の免許証番号、代理人の身分を確認できるものも必要になるので、忘れないようにしましょう。

こちらのサイトで運転記録証明書の申請方法や所在地一覧を確認することができます。

運転記録証明書といっしょにSD(Safe Driver)カードも貰える!

SDカードの画像です。

出典:http://www.jsdc.or.jp/

出典:http://www.jsdc.or.jp/

SDカードとは、安全運転者(Safe・Driver)であることの誇りと自覚を象徴するものです。
運転記録証明書か無事故・無違反証明書を申し込んだ人で、一年以上無事故・無違反の場合に限り、証明書と一緒に貰うことができます。

「SDカード優遇店」ステッカーが貼ってある店で、SDカードを提示すれば様々な優遇が受けられるので、今現在特に運転記録証明書が必要ないという人も、SDカードのために運転記録証明書の発行申請をしてみても良いかもしれませんね!

運転記録証明書の発行は意外と簡単!

今回は、運転記録証明書の発行の流れをまとめてみました。普段はあまり使わない書類なだけに、難しく感じてしまうかもしれませんが、流れを知れば意外と簡単であることが分かります。

運転記録証明書が必要な方の手助けとなれば幸いです。

合わせて読みたいおすすめ記事!

海外で発表された名車ランキングです。日本車は何代ランクインできたでしょうか。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す