【軽自動車スポーツカー比較】ホンダS660vsダイハツコペン│ライバル車対決

ホンダのS660とダイハツのコペンは軽2シーターのスポーツオープンカーです。軽のスポーツオープンカーという珍しいコンセプトのこの2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較しました。独特の個性を持ったこの2台、あなたならどちらを選びますか?

ホンダ S660ってどんな車?

S660の画像

S660の画像

ホンダ S660のコンセプトムービー

ホンダのS660は2015年に発売された二人乗りの軽オープンカー。
少数生産のため受注に生産が追い付かないほどの人気を発売当初から見せています。

エンジンを後部に配置するMR(ミッドシップエンジンリヤドライブ)レイアウトを採用し、スマートなフロントとダイナミックなリヤの形状が特徴的です。
専用設計のターボチャージャーとMRレイアウトならではの低重心、低慣性が相まって独特の運転感覚が楽しめる車となっています。

屋根はロールトップ式で、巻いてフロントフード内にあるユーティリティボックスに格納できます。

ホンダ S660を詳しく知りたい方はこちら!

S660の価格をはじめ、エンジン性能、口コミ、無限などのカスタマイズを含めて、その魅力についてご紹介致します。

「ミッドシップ」もしくは「MR」という言葉を聞いたことがありますか?これは、エンジンがどの位置にあるかを示します。さて、ミッドシップ(MR)の特徴や、ミッドシップを採用するクルマにはどのようなものがあるのでしょうか?

ダイハツ コペンってどんな車?

コペンの画像

出典:https://copen.jp/product/robe/s-type

コペンの画像

出典:https://copen.jp/product/robe

ダイハツ コペンのコンセプトムービー

ダイハツのコペンは2002年に初代モデルが発売された二人乗りの軽オープンカー。初代が発売中止になってからしばらく期間を置いて、2014年に2代目モデルが発売されました。

2代目は、D-フレームと呼ばれる骨格に樹脂外板のボディを着脱可能なドレスフォームが特徴です。
車を購入後もユーザーの好きな時にボディを着せ替え、ローブ、エクスプレイ、セロなど、好みのタイプに切り替える事が可能です。

この世界初のボディ着せ替えサービスドレスフォーメーションは2015年の10月に始まっており、フルセットがおよそ30万円、フロントのみ、リヤのみの変更が17万円ほどで可能となっています。

屋根はおよそ20秒で電動により格納できるアクティブトップを初代に続いて採用しています。

S660とコペンの価格、燃費などコストパフォーマンスを比較!

S660とコペンの新車価格を比較!

【S660の価格】
198万円~218万円
660台限定のCONCEPUT EDITIONは238万円

【コペンの価格】
ローブとエクスプレイが185万円~188万円
セロは190万円~193万円

工夫のつまったスポーツカーがこの価格で買えるというのはリーズナブルと言っていいかと思います。

S660とコペンの燃費を比較!

S660のJC08モード燃費は、
21.2km/L~24.2km/Lです。

コペンのJC08モード燃費は、
22.2km/L~25.2km/Lです。

スポーツカーながら、軽という事もあって燃費性能は優れています。

軽自動車を燃費で選ぶならこちら!

次のページ