ハードトップとは?2つの意味とそれぞれの代表車種をご紹介【自動車用語】

車の記事を読んでいると時々目にする「ハードトップ」という言葉。ハードトップの言葉の意味、ご存じでしょうか?ハードトップには、二つの意味があります。それぞれのハードトップを代表する車種とその意味をご紹介します。マツダのロードスターRFや日産GT-Rハコスカなど、ハードトップと言われるものでも意味は違う!?

ハードトップとは?そもそもどういう意味?

出典:http://www.goo-net.com/

車のハードトップといえば、硬い金属でできた屋根の事です。
しかし同じハードトップでも、オープンカーに着脱格納可能な屋根を指す場合と、車のスタイルを指す場合があります。
それぞれのハードトップの詳しい意味と、代表車種を見ていきましょう。

1.オープンカーに脱着できる硬い屋根としてのハードトップ

出典:http://blog.mazda.com/

オープンカーの屋根が布状のものをソフトトップといいます。
ソフトトップの対称として、オープンカーに金属製の屋根を脱着、格納できるものをハードトップと呼びます。

布状の幌や屋根を持つソフトトップに比べて、耐天候性や安全性が高い反面、脱着の手間や格納場所などの問題がありました。
しかし最近では電動で屋根を収納できるリトラクタブルハードトップの車種も増え、それらの問題は解消されました。

オープンカーとしてのハードトップを持つ代表的な車種をご紹介!

リトラクタブルハードトップを持つマツダ・ロードスター(3代目)

出典:http://blog.mazda.com/

出典:http://www.goo-net.com/

ロードスターのパワー・リトラクタブルハードトップモデルは2006年からラインナップされました。
さらに2016年の3月には、2015年に発売された4代目モデルのリトラクタブルハードトップ装備車であるロードスターRFが発表されました。

2016年3月に発表されたマツダ・ロードスターRF

出典:http://www.mazda.co.jp/

2016年の3月、ニューヨーク国際自動車ショーにロードスターRFが出展されました。

RFはリトラクタブルファストバックの略で、電動で格納されるリトラクタブルハードトップの屋根と、ファストバック(段がなく屋根からリヤエンドにかけて斜面が続くスタイル)を兼ね備えたモデルです。

新型マツダ・ロードスターRFに関して詳しくはこちら!

リトラクタブルハードトップ装備のマツダ・ロードスターRFの動画

マクラーレンMP4-12Cスパイダー

出典:http://www.preowned.mclaren.com/

F1で有名なマクラーレンが販売する市販車「MP4-12C」に、2012年からスパイダー(オープンモデル)が追加されました。
屋根にはハードトップが採用されています。

オープンカーの呼び名について詳しくはこちら!

2.2ドアクーペなどのスタイルとしてのハードトップ

出典:http://www.goo-net.com/

オープンカーではないハードトップとして、車体側面中央の柱(Bピラー)を持たない形状のものをハードトップと呼称する場合があります。
すっきりとした窓は開放感があり、20世紀半ばのアメリカで2ドアクーペ、4ドアセダンなどのハードトップが大流行しました。

Bピラーが無い事によりボディ剛性や衝突安全性の低下が懸念され、それを補うために重量やコストが増加するという問題がありました。
そのため、Bピラーを残したままハードトップ風の印象にするというピラード・ハードトップという名称も国内で使われていました。
このタイプは窓枠をなくす事で開放感を得ておりサッシュレスドアとも呼ばれます。

Bピラーに関して詳しくはこちら!

ハードトップスタイルの代表的車種

キャデラック・クーペドゥビル

出典:http://allamericanclassiccars.blogspot.jp/

ハードトップスタイルはキャデラックのクーペドゥビル(デビル)が初めて採用したといわれています。
20世紀半ばのアメリカや70年代以降の日本でハードトップが流行するきっかけとなりました。

キャデラックに関して詳しく知りたい方はこちら!

日産スカイラインGT-R(3代目、4代目など)

出典:https://commons.wikimedia.org/

日産のスカイラインGT-Rに、1970年にハードトップモデルが追加されました。
70mmホイールベースを短くし、大幅に軽量化された2ドアハードトップモデルはハコスカの名称とともに定着し、国内のツーリングカーレースでも連勝を重ねました。

ハードトップのハコスカが魅力的!

2つの意味をもつハードトップ!

ハードトップとは、「オープンカーの屋根として脱着できる硬い金属製の屋根」としての意味と、「柱やサッシュをなくして窓に開放感を持たせた車のスタイル」という二つの意味があります。

意味を把握しておけば、車の記事にハードトップという言葉が出てきても混乱せずに済みますね。

おすすめの関連記事!