スバル フォレスターが新型にフルモデルチェンジ予定|発売日は2017年?

今や様々なメーカーが競い合い群雄割拠のSUV業界。そんなSUVの中でも国内外で高い人気を誇るスバルのミドルサイズSUVが「フォレスター」そんなフォレスターが2017年にフルモデルチェンジをするとの情報が流出しました。今回は人気の高いフォレスターがどのように生まれ変わるのかを予想していきたいと思います。

海外では在庫切れも 人気の高いスバル「フォレスター」とは?

フォレスターの画像

出典:http://www.fhi.co.jp/

今や日本だけではなく国外でも強い人気を誇る日本の自動車メーカー「スバル」走りに強い車に特化しているというイメージの強いブランドです。インプレッサやレガシィー、WRX等の車が有名所で、ラリーカーでも世界で戦える車を生産しています。

そんななか、今国内外で人気が驚異的に伸びているのがスバル フォレスターです。1997年に開発・販売され、現在は4代目が販売されています。名前は英語の『森を育む者』に由来し、その名に恥じない走りを見せてくれます。

高速道路からオフロードまであらゆる走行状況に対応しており、 車高を下げて舗装道での安定性を高めたクロススポーツシリーズや「STIバージョン」も設定され、グレードによってオフロードからオンロードまであらゆるシーンで素晴らしい走りを体感させてくれます。サイズ的にはミドルサイズのクロスオーバーSUVになります。。

スバルSUVの新型車「トライベッカ」に関する情報はこちら

初代フォレスターは角ばっている?

出典:http://www.goo-net.com/

初代フォレスターは今の現在のSUVとは違い、角ばった車体が独特ではあります。元々SUVとして販売していたものの、初代と2代目フォレスターは見た目が四角く、周囲にはあまりSUVとして認知されずに通好みのSUVとされていました。

しかし、3代目から大幅なモデルチェンジをし、SUVらしいフォルムになり、徐々に周囲に認知され始めました。そして現行の4代目はSUVらしさと個性が合わさった『フォレスター』に。

始めに書きましたが、国外での販売も意識しているので、車体は『大きくコンパクト』と矛盾するようなイメージになっています。
3代目よりは全体的に30㎜程大きくしながらも、全幅をコンパクトにまとめ、ミドルサイズSUVの中では1,2を争うコンパクトな車体となっています。

現行フォレスター

フォレスターの画像

出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp/

日本人向けのコンパクトさを保ちながら、見た目や全体を大きくし、国外でも遜色がない車に仕上がっています。ここまで大きなモデルチェンジを繰り返してる車は珍しいでしょう。プラットフォームは同社の『インプレッサ』と同じものを使用し、走行面で大きく向上。

大きくなった分、走りが鈍くなることはなく、インプレッサと同様の走行性能を感じれます。また、4代目から全グレードにスバルが誇る安全性能『アイサイト』を搭載出来る事になり、走りも安全面も強固なものになりました。

中古車市場でも人気の高いスバル フォレスターですが、新型車の発売に伴い少なからず、値下がりするかと思われます。
中古車価格について気になる方は、以下の中古車情報もぜひチェックしてみてください。


S−リミテッド …
265.8万円
本日の在庫
392
平均価格
132.4 万円
本体価格
0 ~ 298 万円

遂にフルモデルチェンジ!新型5代目フォレスターとは?

新型フォレスターの雛型? VIZIV2 conceptのデザイン

ここからいよいよ本題です。人気の高いフォレスターが2017年にフルモデルチェンジするとの情報があります。

一体どのようなフルモデルチェンジをしていくのかを予想していきたいと思います。

「VIZIV FUTURE CONCEPT」がモデルに?

出典:http://www.goo-net.com/

新型フォレスターは先ずデザインがどのようになるのかが注目されています。これまでもモデルチェンジの度に大きくデザインを変えてきているフォレスター。2015年の東京モーターショーで公開された、コンセプトカー「VIZIV FUTURE CONCEPT」がベースになるのでは予想されます。

『VIZIV』とは2013年にモーターショーでスバルから発表されたクルスオーバーSUVのコンセプトカーです。翌2014年のジュネーブでは『VIZIV 2』が、そして2015年に『VIZIV FUTURE CONCEPT』が発表されました。

発表されたコンセプトがフォレスターに一番近く、市販前の最終形態になるのではと期待されています。

フォレスターの画像

出典:http://autoc-one.jp/

新型フォレスターの大きく突き出したフロントノーズがSUVの力強さをより大きく感じさせてくれます。マスクも高い位置にフロントグリルを置きながら、バンパー部分を大きくエッジの利いたデザインにし、重心ががっしりしているイメージです。

また、スバルが最近取り入れている『コ』の時のヘッドライトも注目です。SUVの中でもスタイリッシュなデザインに仕上がりそうです。

新型フォレスターの内装は近未来風か?

新型フォレスター 内装

出典:http://autoc-one.jp/

新型フォレスターの内装もコンセプトカー『VIZIV FUTURE CONCEPT』のものが採用されるとしたら、かなりの近未来感が出るでしょう。独特な形のステアリングはSF映画に出てくる乗り物を感じさせます。

エクステリアがダイナミックなイメージですが、内装はソリッドなイメージです。多少の変更はあるでしょうが、このコンセプトが生かされるのなら、運転席に乗るのがワクワクしそうです。

新型フォレスターの性能

ボディサイズ(全長×全幅×全高) : 4,435×1,920×1,530 mm
ホイールベース : 2,730 mm
エンジン : 1.6ℓ水平対向直噴ターボ"DIT"エンジン
トランスミッション : 高トルク対応リニアトロニック
モーター : 埋め込み式永久磁石 フロント×1 リヤ×2
バッテリー : リチウムイオンバッテリー
AWDシステム : リヤ独立モーター駆動タイプシンメトリカル
タイヤサイズ : 245/45 ZR20
乗車定員 : 4名

新型フォレスターには次世代エンジンの搭載か?

新型フォレスターの気になるマシン性能ですが、現在エンジンにはレヴォーグに搭載されている1,600ccダウンサイジングターボエンジンが使われるのではと予想されています。それにプラグインハイブリッドシステムが組み合わさると思われます。これにより、パワーは上がりつつ、低燃費の向上になりそうです。

「レヴォーグ」にも採用されているダウンサイジングターボの水平対向4気筒1.6L 直噴ターボ DITを組み合わせたエンジンを使用。
新型フォレスターの通常モデルには水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボ DITとパワフルな水平対向4気筒 2.0L 直噴ターボ DITエンジンの2種類のエンジンから選べる予定となっているようです。

【最新情報】次期フォレスターにはハイブリッドモデルも用意?

出典:http://autoc-one.jp/

2016年9月、新型フォレスターにはプラグインハイブリッドモデルが用意されるとの情報を入手しました。ハイブリッドモデルはガソリンエンジンモデルよりも後に登場し、発売は2018年以降と言われています。

PHVモデルでは、60km以上のEV走行が可能になると予想され、北米を中心に販売される見込みです。

新型フォレスターには新たな駆動システムの採用か?

新型フォレスターの駆動システムもコンセプトカーのシンメトリカルAWDという駆動システムが採用される可能性大です。この駆動システムは後輪をモーターで駆動する電気式AWDで、これによりエンジンから後輪へ動力を伝えるドライブシャフトが必要なくなります。

ドライブシャフトが無くなると軽量化に繋がり、燃費の向上化や、フロアをフラットに出来、居住性も上がります。後輪をモーターで駆動することが出来れば、きめ細かい制御を行え、タイヤに駆動力を適切に配分し、悪路のぬかるみやスタックから脱出が容易になるでしょう。

エンジンや駆動システムも大きな生まれ変わりが期待されます。

フルモデルチェンジする5代目フォレスターには新型アイサイトの搭載も

出典:http://www.subaru.jp/

新型フォレスターの安全性能も最新のモノが採用されるのではと予想されています。スバルは独自の安全システム『アイサイト』を開発し、その高い安全性能を国内外で高く評価されています。

現在はアイサイトver,3ですが、ver,4が搭載されるのではとの予想も。このver,4、より高度な前方認識と全方位レーダーでの察知で、衝突の回避、軽減をより高めてくれ、高精度のGPS機能で自分の車の位置を素早く把握して運転をサポートしてくれます。

また、高速道路での自動運転や駐車を自動でやってくれる機能も追加されるのではとされています。安全面での向上の他に、自動運転システムが備わるのではと大注目です。

ライバルのモデルチェンジも?2017年、クロカンSUVが大きく動く!

フォレスター

出典:http://autoc-one.jp/

新型フォレスターは、2017年の東京モーターショーの時期に登場すると予想されています。同年にはフォレスターのライバル、CX-5もフルモデルチェンジをすると言われており、両車がどのような進化を遂げて登場するのか期待です。

ライバル同士が同時期にモデルチェンジするのは大きな話題になるでしょう。海外での要望からクロスオーバーからクロスカントリーにシフトチェンジし、北米では人気が爆発し、日本でもさらに人気が高まりました。

日本でも様々なSUVがありますが、独特のポジションで確固たる地位を築き上げているフォレスターですが、このモデルチェンジで更なる高みに向かいそうです。

2017年、大きな期待を持って新型5代目フォレスターを待ちましょう!

スバル フォレスターに関連する記事!

新型SUVに関連する記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す