Cセグメントとは?国産車や輸入車の代表車種を比較!

フォルクスワーゲンのゴルフが道を切り開いたCセグメントは、世界中のメーカー各社がその後を追随し、今では自動車の中心的クラスになっていて、日本に導入される輸入車の中でも最も種類が多く、最新のモデルが揃っています。そこで、輸入車と国産車の中から代表的なCセグメント車を選んで、その特徴、価格、燃費、走行性能をご紹介していきましょう。

そもそもセグメントって?

わかりやすい車のランク付け

そもそも車用語でいうところの「セグメント」とは、主にヨーロッパで使われている乗用車をわかりやすく分類、ランク付けする概念です。

具体的には、A〜E、Fなどのアルファベットを用い、それぞれのセグメントで乗用車を分類します。
基本的には、A〜Eの順に大型化、高級化していき、Fセグメントは一線を画した超高級車となります。
また、SUVやスポーツクーペはそれぞれJセグメント、Sセグメントに分類されます。

もともとは、自動車メーカーが統計調査に使う目的で作られたもので、調査する団体や、調査の目的によってそれぞれの定義は変わることがあります。

Cセグメントの意味とは?

競争の激しいCセグメント!

Cセグメントは、各セグメントの中で、最も競争の激しい人気セグメントとなっています。
具体的には、全長4350mm〜4600mmでセダン、またはステーションワゴンか、もしくは全長4200mm〜4500mmのショートワゴン、ハッチバックをCセグメントと分類します。
ただ、前述したように決まった定義はなく、調査主体によって分類方法は若干変わります。

また、Cセグメントは欧州では最も競争の激しいセグメントでもあります。そのため、続々と競争力のある新型車が追加されるなど、何かと注目を集めるセグメントと言えます。

Cセグメントに分類される代表車種

VWのゴルフが基準

一つ下のクラスのBセグメントはどうしてもコストの優先度が高く、与えられたコスト要件の中でどうやって商品性を確保するかで成り立っていて、それと比べるとCセグメントはコストの面でもう少し余裕があります。
どんなクルマにするかが最初にあって、それをいかに安く作るかという順番で考えられているともいえます。
そのため、車のコンセプトがはっきりとした魅力的な車が多いセグメントになっているのかもしれません。

Cセグメントはヴォルクスワーゲンのゴルフが代表車種であり基準となっています。
そのゴルフと同じく、Cセグメントの基本構成は横置きエンジンのFFで、5ドアがハッチバックが中心になっていますが、リアシートがきちんと実用に足ることが必須になっているために、ボディサイズは年々拡大しています。

また、競合車との差別化のアピールが大きな課題になってくるために、クルマのコンセプトが極めて重要になります。

VW ゴルフTSI Trendline  2,660,000円~

Cセグメントでは常に「ゴルフ」がスタンダードであり、現在でも、「ゴルフ」の完成度はずば抜けて高く、動力性能、安全性、静的/動的質感、経済性、高級感、価格のうち、どこか一部分だけ「ゴルフ」を上回るクルマはあっても、たいていその代わりにどこかが劣っており、総合的には「ゴルフ」に軍配は上がるのです。

「ゴルフ」は輸入車ながらもバリエーションの多さも魅力で、国産車並みの車両価格である266万円のベーシックモデルから、ホットハッチの「ゴルフR」、ステーションワゴンの「バリアント」、SUVの「オールトラック」、そしてミニバンの「トゥーラン」まで揃えてあらゆるニーズに答えています。

ちなみに「ゴルフ」の良さはわかるけど、出来過ぎてて面白みがないという方には、完成度が高く、プレミアムコンパクトとしても十分な資質の持ち主の、姉妹車にあたる「アウディA3」がお勧めです。

プジョー308Allure  2,790,000円~

ドイツ勢の強さが目に付くCセグメントにおいて、アンチドイツ派の方にはフランス車がお勧めです。その中でも「プジョー308」は、プジョー流の懐深い乗り味が魅力の生きな選択になります。

その魅力の一つであるエクステリアデザインは、細部にプジョーならではのエッセンスが散りばめられており、平板な面やラインがどこにも見当たらないほどで、これだけで「ドイツ車と違う」と思うはずです。

また、適度に引き締まっているが、ロールを嫌わず足回りが突っ張って、ボディを適度にロールさせながらバランス良く曲がる、いわゆるプジョーセッティングも独特の乗り味です。

1.2Lの直噴3気筒ターボエンジンは最高出力130ps/5500rpm、と「ゴルフ」を大きく上回り、最大トルクにいたっては、2.5Lクラスの自然吸気エンジンと同等の、最大トルク230Nm/1750rpmを発生しているのです。

ボルボV40T3  3,240,000円~

ボルボで一番売れている「V40」はハッチバックではなくショートワゴンというのだそうですが、なるほど、言われてみるとリアのデザインはワゴンっぽいですね。しかし、「ボルボ」はそこがかっこいいのです。

1.5L直噴ターボのT3、1.6L直噴ターボのT4、そして2.0クリーンディーゼルエンジンのD4と、ラインナップも豊富な「V40」は、「ゴルフ」や「プジョー」と比べて割高なのがネックですが、それでも選ばれるのは、オートブレーキを初めとする「インテリセーフ」と呼ばれる安全性能によるところが大きいのです。

ブランドイメージもよく、ドイツ車とはひと味異なる北欧風デザインはシンプルかつオシャレ、走りも秀逸でものすごく高性能なところはないけれど、コンパクトでも安全で良質なファミリーカーを探している向きには魅力的な1台といえるでしょう。

国産Cセグメント

国産車においてコンパクトカーの主流は5ナンバーサイズが占めており、ワイドな欧州製Cセグメントとは少々事情が異なります。

そこで、国産Cセグメントとして比較するなら、輸出においてこれら欧州勢と争っている海外戦略車である「マツダ アクセラ」と「トヨタ オーリス」が代表選手となり、比較しやすいのではないでしょうか。

マツダ アクセラスポーツXD  3,067,200円~

出典:http://www.mazda.co.jp/

アクセラにはリーズナブルな1.5L車がありますが、欧州Cセグメントと比較するなら、「ボルボV40D4」と同じくクリーンディーゼル「SKYACTIV D-2.2」搭載の「XD」でしょう。

「ボルボV40D4」を凌ぐ420N・mのビックトルクと、マツダならではの走行性能が魅力の「アクセラスポーツ」ですが、後席の居住性やラゲッジスペースは十分とは言えず、Cセグメントの比較ではハンデとなりそうです。

トヨタ オーリス 120T  2,590,037円~

出典:http://toyota.jp/

ハイブリッドが新設定された「オーリス」ですが、欧州市場ではすでに販売されていました。しかし、欧州ではハイブリッドよりもダウンサイジングターボが主流であり、日本メーカーも同様のパワーユニットをラインナップしています。

「オーリス120T」もその一台で、ハイブリッドが主流の日本市場へ昨年導入されましたが、割高な価格設定もあって販売台数はごくわずかにとどまっています。

欧州勢にまけない動力性能と、もともと欧州向けに設計されたワイドナボディサイズによる居住性能とラゲッジスペースは、国産車でありながら欧州Cセグメントを味わえる貴重な車となっています。

競争が激化するCセグメントが日本で受け入れられるには

どうしても国産車に対して価格面で割高になる輸入車にとっては、さらに小型のA、Bセグメントは、低燃費競争にもさらされるために分が悪く、欧州市場では「VWポロ」を脅かす存在の「フォードフィエスタ」でさえ撤退するに至っています。

しかし、プレミアム感があるCセグメントは、「ゴルフ」や「ボルボ」といったブランド力の強いメーカーが新型を導入しており、価格に見合った車種としてさらに伸びる可能性もあります。

ただし、国産車にとっては、他に無いオンリーワンの特徴がない限り、5ナンバークラスのコンパクトカー以上の需要は見込めないのではないでしょうか。

お勧めの関連記事