日産フーガ徹底攻略|実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

世界に通じる高級プレミアムセダンである日産フーガ。海外では、日産の高級ブランド、インフィニティの名を冠して発売されています。世界基準で開発され3.5L V6ハイブリッドエンジン、全方位の安全な先進機能を搭載した真のグローバルプレミアムなフラッグシップセダンです。実燃費や口コミ、最新値引き情報をまとめることで日産インフィニティフーガを徹底攻略!

日産 インフィニティ フーガの全て <目次>

■フーガとは?歴史と名前の由来!
 ∟発売当時からのモデル
■初代フーガからどこがフルモデルチェンジした?
 ∟新型で大きく変わった点を紹介
■フーガの人気のオプション・おすすめのグレードは?
 ∟人気のグレード、純正オプションまで紹介
■フーガのデザイン・インテリアの評判は?
 ∟室内の快適性、こだわりを紹介
■フーガのエンジン・素晴らしい走行性能
  ∟エンジンの新化を解説
  ∟実燃費は実際どのくらい?
■フーガのライバル車との徹底比較!
 ∟競合するクラウン・マジェスタ、性能、燃費など比較
■フーガの最新値引き価格の相場は?
 ∟限界値引き、購入方法のアイデアまで紹介
■フーガ試乗体験で最終チェック
 ∟わかりやすい試乗レポート動画などを紹介
■フーガハイブリッドの口コミ・評判は?
 ∟口コミからユーザーの評価をチェック
■国産プレミアムセダンのインフィニティフーガ
 ∟おわりに

日産 インフィニティ フーガとは?歴史と名前の由来

初代フーガ

「フーガ」は2004年10月、40年以上の歴史を持つセドリックおよびグロリアの後継車として、最初のモデルが発売されました。この車に初めて「フーガ」という名称が採用されました。

2代目フーガ

そして2009年に「2代目フーガ」が発表されました。2代目フーガは現在のマイナーチェンジ前のモデルになります。ちなみにこの2代目「フーガ」が日産エンブレムを付けた最後のモデル。

現行モデル:2代目マイナーチェンジ後のフーガ

現行モデルである2代目マイナーチェンジ後のフーガは、世界基準で開発されました。世界向けの高級ブランド「インフィニティ」から販売されることで、世界基準にふさわしい高級セダンとしてのアピールがなされています。

現在販売されている「フーガ」は、3.5LV6ハイブリッドモデルと2.5LV6、3.7LV6モデルの2種類。「フーガ」は、世界で磨き上げた真のグローバルなプレミアムセダンとして新たな道を走り始めています。

革新の先進テクノロジーを惜しみなく搭載してフラッグシップクラストップレベルの環境性能とデュアルクラッチコントロールによる圧倒的なパフォーマンスを両立させて、全方位への運転支援システムも万全に備えておりまして、より高品質で高性能なフラッグシッププレミアムセダンに作り上げられています。

フーガの車名の由来は?

フーガの車名は、イタリア語の「Fuga」(遁走曲)と、日本語の「風雅」が由来となっています。「遁走曲(とんそうきょく)のような調和」と「上品で優美さの意味合いを持つ風雅」という2つの意味が込められています。

遁走曲(とんそうきょく)とは、自由な旋律(メロディーを複数の後続の旋律が次々追いかけて、絡み合いながら演奏するスタイルの事)を感じさせるクラッシックの音楽用語。「フーガ」という車名は、オーケストラにあるダイナミックかつ上品で、優美な調和をイメージしていると言えますね。

初代フーガからフルモデルチェンジ!

初代フーガのゴージャスなハンドル周り

プレミアムセダンらしいグラマラスでジェントルマンなデザインや、優雅な木目調とされたインストルメントパネルは、ドライバーの気持ちを高揚させる上質さです。

ボディサイズ

ボディサイズを確認していきますとトレッドフロント(前輪車輪軸)+45mm、リア(後輪車輪軸)+25mm、全長+80mm、全幅+50mm、全高-10mm、室内長-50mm、室内幅+-0mm、室内高-25mmとなっています。

グレードにより最大-50kgの車両重量、タイヤサイズもグレードにより1サイズアップ。2.5LV6、3.5LV6、4.5LV8ガソリンエンジンから2.5LV6、3.7LV6、3.5LV6+motorハイブリッドエンジンの3種類に変わりました。

3.5LV6+motorハイブリッドエンジン

エンジン・スペックは、3.5LV6と比較すると、排気量同様、圧縮比+0.3、最高出力26psアップ、最大トルク1.3kgf・mダウン、プラスmotor最高出力+68ps、最大トルク+29.6kgf・m、燃費もグレードにより最大+8.8km/Lという結果になっています。

トレッドフロントは4.5cm、全幅の長さは5cmも長くなっているのに、室内幅が変わっていません。路面をグリップするタイヤは、より外側に配置して直進安定性を高めながらも、5cmもボディが左右に膨らんでいます。室内は同じ幅であるのは安全性が増すことに。

エンジンスペックは、プラスハイブリッドのモーターの数字が上乗せされていますので、初代フーガより加速性能が上がっている事は間違えないでしょう。

日産 フーガの人気のオプション・おすすめのグレードは?

Bose(R)サラウンド・サウンドシステム

出典:http://www2.nissan.co.jp/

出典:http://www2.nissan.co.jp/

[Bose(R)サラウンド・サウンドシステム]
5.1chサラウンド再生が可能にした圧倒的な臨場感が魅力のBose®サラウンド・サウンドシステムを採用。すべての席でそれぞれにバランスのよい音場を作るよう計16個のスピーカーを最適配置し、14EQチャンネル デジタルアンプが低音から高音にいたるまでなめらかで自然な音を再現。空間全体にサウンドステージが広がります。

出典:http://www2.nissan.co.jp/

有名なボーズの音響システムがあれば、最高の眺めを望むドライブを楽しみながら、最高の音楽を鑑賞できる空間が出来て素晴らしいです。

サンルーフ

出典:http://www2.nissan.co.jp/

電動ガラスサンルーフ(ワンタッチスライド・チルトアップ、UVカット機能付プライバシーガラス、挟み込み防止機構付)
[インナーグリーン]
大きな開口部のガラスサンルーフが、室内にさらなる開放感をもたらします。

(注)メーカーオプションのプレミアムインテリアパッケージと電動ガラスサンルーフは同時装着できません。

●ページ内の緑文字は室内快適性能「インナーグリーン」の装備です。
室内快適性能「インナーグリーン」INNER GREEN
「クリーンな空気」、「人に(肌に)やさしい」、「清潔、きれい」という3つの視点に立って開発した、室内環境関連装備を『室内快適性能“インナーグリーン”』と呼びます。

出典:http://www2.nissan.co.jp/

サンルーフを装備することにより、スマートなオープンエア―を味わ得ること間違いなし。より開放的なドライブを楽しめますね。

「Cool Exclusive(クール エクスクルーシブ)」

日産 インフィニティ フーガの特にオススメなグレードは「HYBRID Cool Exclusive  2WD/7M-AT」です。
「Cool Exclusive(クール エクスクルーシブ)」は洗練された専用インテリアが装備されたオリジナリティ溢れるモデルです。

メーカー希望小売価格 6,794,280円(税抜き価格 6,291,000円)となっており、上記のBose(R)サウンドシステムが標準装備されています。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す