トヨタ新型アクア特別仕様車S Style Blackが2016年5月に導入予定!

日本製のハイブリッドカー人気TOP3に入るトヨタ「アクア」2017年にフルモデルチェンジの噂が囁かれてる中、2016年5月に特別仕様車として「アクア S Style Black」が販売されます。「アクア S Style Black」は人気オプションを標準装備したフル装備のアクアです。そんなアクア S Style Blackのスペックや装備などを紹介していきます。

トヨタが生み出したハイブリッドカーの革命児「アクア」とは?

アクアの画像

出典:http://toyota.jp/

トヨタから販売されている「アクア」は、知らない人はいない程の量産型小型ハイブリッド車です。2011年に販売が開始され、プリウス以来約8年ぶりに5ナンバーサイズのコンパクト乗用ハイブリッドカーが復活したと話題になりました。

アクアの名前の由来はラテン語で『水』を意味する言葉です。水が持つ「透明感あるクリーンなイメージ」「誰もが必要・大切にするイメージ」をコンセプトに、水の様に自由な広がりを持つことで従来のハイブリッドカーとは違い、より広く親しまれることを願って命名されたと言われています。

アクアの画像

出典:http://laughy.jp/

販売開始から、世界トップクラスの低燃費を謳っており、初期モデルは全グレードJC08モードで35.4km/L。2013年には一部を改良したモデルが販売され、37.0km/Lに向上し「燃費の良い乗用車ベスト10」では普通・小型車部門で1位になっています。

2013年にマイナーチェンジをし、基本仕様の「S」と上級仕様の「G」に加えて「L」を追加。さらに後期型では4グレード体制になり、スポーツコンバージョンシリーズの「G's(G SPORTS)」もラインナップされました。

アクアの画像

出典:http://autoc-one.jp/

アクアのSUVモデル『「X-URBAN」』

アクアの画像

出典:https://www.kurumaerabi.com/

アクアのスポーティモデル『G SPORTS』

トヨタ アクアのことをもっと知りたいなら!

アクアの性能や口コミなどを分かり易く徹底解説してくれています。

グレードを詳しく説明してくれ、おススメのグレードを書いています。

人気オプションを標準装備!新型グレードのアクア「S Style Black」

出典:http://car.kurumagt.com/

この5月にトヨタ「アクア」から人気のオプションを標準装備させた『アクアS style Black』が販売されます。

ベースとなうのは「アクア Sグレード」このモデルにオプション装備を標準で装備して新たなカラーが追加されます。

エクステリア、インテリアも特別仕様車にふさわしいカスタマイズがなされています。ここからはどのあたりが特別仕様となっているのかをお伝えしていきます。

「スマートエントリーパッケージ」装備!

出典:http://car.kurumagt.com/

ます注目すべき点は人気オプションの標準装備。

一つ目が『スマートエントリーパッケージ』の搭載です。

スマートエントリーパッケージとはイモビライザー付きのスマートエントリーシステムのことで、ポケットやカバンにキーを入れたままアウトサイドドアハンドルのセンサーに触れる事で、自動車の鍵をロックまたは解除する事が出来るシステムです。

両手がふさがってる状態でも鍵の開け閉めが出来たり、鍵の閉め忘れなども防止することができる便利なシステムです。

エンジンも鍵を入れてセルを回して動かすのではなく、プッシュスタート方式なので鍵をいちいち出す必要がありません。
この装備はオプションだと51,000円(税抜)かかりますが、これが標準で装備されています。

アクアの画像

出典:http://toyota.jp/

次に標準装備されているのが、トヨタが誇る安全サポートシステム「Toyota Safety Sense C」です。

レーダーと単眼カメラによる障害物検知システムで、衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポートしてくれます。
また車線の逸脱を知らせてくれたり、夜間時の歩行者を早期発見できるようにヘッドライトが自動的に切り替わるオートマチックハイビームも搭載しています。

これらが今の「S」グレードではオプション装備で、『スマートエントリーパッケージ』が51,000円(税抜)かかり、『Toyota Safety Sense C』は搭載していません。しかしアクア新型グレード「S style Black」では標準装備されています。

価格は手頃でしたが上のグレードと比べると装備が心もとない「S」でしたが、アクア新型グレード「S style Black」の登場でより充実したグレードになりました。

新型アクア特別仕様車S Style Blackはエクステリアにもこだわりが!

基本的には見た目は大きく変わりませんが、幾つかエクステリアにも特別使用があります。

アクアの画像

出典:http://car.kurumagt.com/

特別仕様車専用ボディカラー「ダークブルーマイカ」が追加されます。ブルーカラーはありましたが、それとは違い深海に光が差し込んだ時に見える青のような深みがあるカラーに仕上がっています。

青はどうしても明るく、太陽の元が似合うイメージですが、この色はネオン輝く夜の街が似合うイメージとなっているのではないのでしょうか。

出典:http://toyota.jp/

前後アウトサイドドアハンドル、リヤゲートガーニッシュ、ドアミラーにメッキ加工が施され、シャイニーデコレーション仕様に。少し深めの青の中にポイントで光るメッキ加工が、何とも上品なオシャレ感を醸し出しています。

新型アクア特別仕様車S Style Blackのインテリアはシックな仕上がりに

アクアの画像

出典:http://carinfoj.blog.fc2.com/

インテリアは全体をブラックに統一し、シックな仕上がりとなっています。
運転席に肘置きアームレスト標準装備し、ステアリングとドアトリムスイッチ類&助手席のアッパーパネルにグロスブラック塗装を施しています。

インテリアの質感は増し、エクステリア・インテリアの統一感がで、シックでオシャレなアクアに仕上がっています。

Gグレードでは標準装備のアームレストコンソールボックス。内装をブラック加飾統一して標準装備に。

新型アクア特別仕様車S Style Blackの気になる値段や販売時期は?

値段的に購入しやすく人気もあるアクア「S」グレード。今回の特別仕様車がどのような値段なのか、そして販売日がいつかはまだ公式発表されていません。

基本的な性能(燃費やエンジン)、スペックは現アクアとは全く変わらないので、気になるのはこの「S style Black」が「S」や上のグレードと比べてどれくらいお得になるかが注目すべき点でしょう。

この安全性能の追加や「スマートエントリーパッケージ」、エクステリアとインテリアの変更は、女性や主婦層も視野に入れたものだとも思われます。

果たして、モデルチェンジが囁かれている2017年までにこのモデルがアクアを再びどう盛り上げ、次に繋げるか注目ですね。近い時期にされるであろう公式発表を楽しみに待ちましょう。

合わせて読みたい記事

ハイブリッドとEV、あなたはどちらを選びますか?

政治家や社長、皇室まで御用達のセレブカーです。そんなセンチュリーが2017年にフルモデルチェンジを行うという情報を入手

最高速度をだせるということはその車の性能の証。