MOBY

これぞ北欧デザイン!ボルボV40の魅力とは?

最近、街中でボルボを目にする機会が増えました。デザインも角型デザインからより現代的でシャープなデザインに洗練され、人気を高めているようです。本記事では、ボルボV40の外観、内装や性能と特徴を徹底解説します!また、実際のユーザーの声もご紹介します。

ボルボV40とは?

ボルボV40

ボルボはヨーロッパのスウェーデンを拠点とした自動車メーカーです。普通自動車から大型トラックやバスなど幅広く携わっています。

そんなボルボのエントリーモデルに位置するのがV40です。エントリーモデルと言っても、高い安全性や走行性能、日本の高級車に匹敵するほど。

ボルボの車と言えば、角型のボディがひとつのアイデンティティでした。しかし、このV40を筆頭に四角くないボルボの卓越したデザインは多くの注目を集めています。

今回は日本でも人気のあるボルボV40を内外装、スペックを含めてご紹介していきます。

スウェーデンの高級車メーカー、ボルボの歴史と現在の車種をご紹介!

新型ボルボ40シリーズに関する最新情報はこちら!

ボルボV40の外装

スポーツカーを思わせるクーペ調のエクステリアデザインは目を見張るものがあります。

それもそのはず、5ドアハッチバックでありながら全高はわずか1440mmしかありません。
この全高の低さもあり全長はコンパクトですが、低く長くワイドな車体を演出しています。

ボディラインも素晴らしいですが、リヤハッチのデザインも個性的です。形状は以前のボルボから大きく変わりましたが、テールランプのデザインなどは面影が感じられます。

V40(ボルボ V40 D4 SE)のボディスペック

全長:4,370mm
全幅:1,800mm
全高:1,440mm
ホイールベース:2,645mm
車両重量:1,540kg

ボルボV40の内装

インパネ周りはエクステリアに比べるとやや落ち着いたデザインとなっています。
後部座席はルーフの形状により天井の左右両端がやや圧迫感がありますが、スペース的には頭が触れるといったことはありません。膝回りも車格からすれば十分なスペースが確保されています。

トランク容量は335Lで同じセグメントの車種と比較するとやや見劣りしますが、フロアボード下にはサブトランクも備えているので、日常使いでしたらさほど問題はないでしょう。

次のページ