【ライバル車 徹底比較】トヨタ 新型プリウスvsマツダ アクセラ

トヨタの新世代プロジェクトTNGAにより生み出された新型プリウス、マツダの新世代技術スカイアクティブを全面採用したアクセラ。次の世代を担う二台の人気車を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較しました。あなたならどちらを選びますか?

トヨタ プリウスってどんな車?

プリウスの画像

プリウスの画像

出典:http://toyota.jp/

プリウスのCM

トヨタのプリウスは1997年に発売されたハイブリッド専用車です。
2015年の12月にフルモデルチェンジし4代目となりました。

プリウスは世界で初めての量産型ハイブリッド車として販売されました。
2010年代に入ってからは非常に国内販売台数も伸ばしており、トヨタの主力車のひとつとなっています。

4代目プリウスは新プラットフォームTNGAと「もっといい車を作る」というコンセプトのもとにゼロからすべての設計を見直され、燃費性能、走行性能、衝突安全性能、予防安全性能などが向上しています。
ボディは低重心となり、空力性能やデザイン性が向上し、燃費の向上にも貢献しています。

安全面では、隣の車線を走る車をレーダーで感知し、インジケーターを点灯させてドライバーに注意を促します。
また、超音波センサーにより低速時の衝突回避や衝突被害の軽減などをサポートします。

マツダ アクセラってどんな車?

出典:http://www.mazda.co.jp/

アクセラのCM

マツダのアクセラは2003年から発売されている乗用車です。
2013年にフルモデルチェンジして3代目となりました。

3代目モデルはマツダの新世代技術であるスカイアクティブテクノロジーを全面採用しており、ボディからシャシー、エンジン、トランスミッションに至るまで刷新されています。

アクセラはクリーンディーゼル車、ガソリン車、ハイブリッド車がラインナップされています。
従来のガソリン車はもとより、マツダでは初のハイブリッドモデル、クリーンで強力な加速性能を誇るディーゼル車などが注目を集めています。

今回の比較相手車はハイブリットカーの重鎮、「トヨタ プリウス」です。マツダ アクセラ ハイブリットはプリウスと比べてどのような魅力があるのでしょうか。

また、安全面では、ミリ波レーダーやカメラにより安全をサポートするi-ACTIVSENSEを備え、新たに設計されたボディにより高い衝突安全性能も獲得しています。

さらに、代目アクセラは教習車としても多く利用されており、教習車のシェア49%を占める1400台以上が使用されていると言われています。

プリウスとアクセラの価格、燃費などコストパフォーマンスを比較!

プリウスの価格は、
242万円~319万円です。

アクセラの価格は、
アクセラスポーツが
176万円~306万円です。
アクセラセダンが
176万円~309万円です。
アクセラハイブリッドが
247万円~281万円です。

アクセラの価格はクリーンディーゼルモデルが最も高く、次いでハイブリッド、ガソリン車の順に安くなります。

プリウスとアクセラの燃費も比較!

プリウスの燃費は、JC08モード燃費で、
37.2km/L~40.8km/Lです。

アクセラの燃費は、JC08モード燃費で、
クリーンディーゼル車が21.4km/Lです。
ガソリン車が19.0km/L~20.6km/Lです。
ハイブリッド車が28.0km/L~30.8km/Lです。

スペック上はプリウスの燃費性能が突出していますが、一般的な基準で考えるとアクセラの燃費性能も十分良燃費と言えるかと思います。

次のページ