MOBY

【ステーションワゴン徹底比較】カローラフィールダーvsオーリス|ライバル車対決

トヨタのカローラフィールダーとオーリスは、ステーションワゴンのカテゴリの中でライバルにあたります。より安全で便利に、そしてかっこよくスポーティにデザインされたカローラフィールダー。また、欧州向けに開発されたオーリス。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較しました。あなたなら、何を基準に車を選びますか?

トヨタ カローラフィールダーってどんな車?

出典:http://toyota.jp/

トヨタのカローラフィールダーは2000年から発売されているステーションワゴンです。
現在販売されているカローラフィールダーは、2012年にフルモデルチェンジされた3代目モデルとなります。

3代目モデルにはハイブリッドモデルがラインナップされており、JC08モード燃費で33.8km/Lという低燃費を実現しています。

安全面ではトヨタ独自の安全技術“Toyota Safety Sense C”を搭載し、ドライバーと同乗者の身を守ります。レーザーレーダーと単眼カメラで人・物を検知し、統合的な制御により事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

レーザーレーダーは近距離を主に検知でき、明るさの影響を受けにくい事が特徴です。
一方、単眼カメラは遠くまで検知できるので、クルマ、人、白線、対向車のライトまで認識します。異なる特性の2種類のセンサーで卓越した認識能力を発揮できます。

2012年にはJNCAP新・安全性能総合評価ファイブスター賞を獲得しています。

“Toyota Safety Sense C”については、こちらで詳しく解説します!

トヨタ オーリスってどんな車?

出典:http://toyota.jp/

トヨタのオーリスは2006年に発表されたハッチバック型乗用車です。
2012年にフルモデルチェンジをしてスタイリッシュな2代目が誕生しました。

ヨーロッパで人気モデルになっていましてミドルクラス市場では、4位の売り上げを記録しています。スタイリッシュな2代目ではハイブリッドモデルもラインナップされまして、JC08モード燃費は30.4km/Lというかなりの低燃費を誇っています。

セーフティ機能としてはカローラフィールダーと同様、“Toyota Safety Sense C”を搭載してレーザーレーダー及び単眼カメラによる統合的な制御にて事故の回避および衝突などの被害軽減を支援できます。

カローラフィールダーとオーリスの価格、燃費性能などを比較!

カローラフィールダーの画像

出典:http://toyota.jp/

トヨタ オーリスの画像

出典:http://toyota.jp/

価格を比較

【本体価格】
カローラフィールダー:約162.6万円~247.4万円
オーリス価格:約178.9万円~283.3万円

【ハイブリッドグレードのみを比較した場合】
カローラフィールダー:219.5~247.4万円。
オーリス:262.0~283.3万円。

ガソリンモデル、ハイブリッドモデル共にオーリスがやや高価になります。
特にハイブリッドの場合は、最廉価グレードであってもカローラフィールダーとは約50万円の価格差があります。2台を比較する上では重要な要素になりそうです。

燃費性能を比較

燃費性能に関してはカローラフィールダーの1.5L 2WD CVT車がJC08モード33.8km/Lであり、一方のオーリスは1.8L 2WD 電気式無段変速機車でJC08モード30.4km/Lとなります。カローラフィールダーが3.4km/Lもリードしています。

【カローラフィールダーの燃費(カタログ値)】
JC08モード33.8km/L
e-燃費で見る実燃費では20.4km/L

【オーリスの燃費(カタログ値)】
JC08モード30.4km/L
e-燃費で見る実燃費では13.7km/L(1.8L FF CVTガソリンの場合)

カローラフィールダーが実燃費でも6.7km/Lリードしています。
トヨタの世界最高峰のハイブリッドエンジン同士の燃費は、それぞれ素晴らしい実績を出しています。単純に燃費性能と価格のみで比較した場合は、カローラフィールダーの方がコストパフォーマンスは、かなり上と言えるでしょう。

次のページ