MOBY

車のプロもやっている!暑い夏の車内を一気に冷ます裏技&定番の暑さ対策まとめ

夏はいろいろなところにお出かけしたくなる季節ですよね。でも、困りものなのが車内の熱気!暑い日にはちょっと目を離すだけで40度を超えて蒸し風呂のようになってしまいます。車にとっても良くないことはもちろん、お子様や赤ちゃんがいる親にとっては車内でお留守番をさせて脱水症状になったり、命に関わりかねない事件になったりすることも。そこで、今回はだれでも出来て、すぐに車内の熱気を覚ますことができる定番の暑さ対策をまとめてお届けします。

とにかく今すぐ熱気を取りたい方へ

すぐに効果あり!ドアと窓をうまく使う方法

(1)まず助手席側の窓(助手席側の後部座席の窓でもOK!)を全開にします。このとき運転席側の窓含め、1か所以外その他の窓は閉めておきます。 (2)運転席側のドアを数回開けたり閉めたりします。この時、故障や怪我の原因になるので、あまり強くしすぎないよう注意してください。 5~6回でOK!中の気温が外の気温と同じくらいになります。 以上の手順により車内に外の空気がかなり取り込まれるようになるので、外気とほぼ同じ温度まで下がります。 車内のむわ~っとした熱気は確実にとれます。 テレビで紹介されただけあって、本当に効果があります! 以下の動画でびっくりする効果がわかります。 是非試してみてください。

トランクを使ってさらに冷却効果アップ!

むぁっとした熱気に、 まずは窓を開けて熱気を逃がそうとする人は多いでしょう。 しかし、窓だけでは熱気は全然逃げてくれません。 ドア・トランクを全て開けて車内の空気を入れ替えましょう! トランクを開けると熱気がブワッと逃げるのがわかります。

実は冷却凍結殺虫剤も使えるんです

車に乗る時にチャイルドシートが劇熱な今日この頃。 親はエアコンとか我慢できても子には無理なんで、某フロンガス冷却凍結殺虫剤でチャイルドシートを冷やすと便利。 余計な殺虫用の成分入ってないやつで。

出典:http://kitidan.net/

エアコンを使って効率的に冷ますなら

1.窓を開ける 2.エアコンを外気導入で入れる(決して内気循環にしないように!) 3.温度設定は最冷、風力も最大にする 4.1~2分そのまま走行し、車内の熱い空気を外へ押し出す 5.車内の方が外気よりも涼しくなったら、窓を閉めてエアコンを内気循環に切り替える 6.温度設定と風力を弱めて、適度に調整する

出典:http://www.lifehacker.jp/

この6ステップに付け加えることがあるとしたら、エアコンの風向口の切り替えは足もとに設定するといいかもしれません。そのほうが効果的に車内の空気を外に押し出せるはずです。 車内の熱気は外気よりも15℃以上高いそうなので、エアコンが壊れていてもなんとかして熱気を外気と入れ替えられれば多少は涼しくなるかもしれません。

車のプロが教える、外気導入で一気に車を冷やすテク

車室内の温度は外気温より10~15℃高い状態です。このためこれを排出するのが大切です。 やり方として、 ・外気導入モードを選択 ・時間としては30~60秒間以内 これ以上窓開放を継続するとせっかくの冷気が外気に逃げてしまいまったく無駄です。 30秒間外気導入し、その後に内気循環をすれば完璧です。

番外編:水を使える環境の方なら

ドア・トランクを閉め、ホースやバケツで車に水をかけます。 できれば、何度かにわけてかけてください。 これは、気化熱の作用を利用してボディの熱を下げてやるというものです。 外出先で試せる方法ではないですが、 こちらも効果があるので、家から車を出す際にはぜひ試してみてください。

乗る前に屋根の上からバケツで水をぶっかけるだけでもかなり違います。空気で冷やすのと水で冷やすのでは効率が圧倒的に違いますので。70度が50度くらいまで一気に下がるイメージです。

普段からできる車内の暑さ対策

大定番!車のサンシェードはやっぱりスゴイ!

サンシェードって効果があるの?空調設備の設計・施工管理をやっているエンジニアに話を伺ったところ、 かなり効果がある!とのことです。 室内に入ってくる熱には大きく2つの種類があります。 1つは室内外の温度差による伝達熱。 もう1つが太陽の日射熱です。 日射熱にはかなりのものがあり、 よく西向きの部屋は夕方暑いと言いますが 原因はこの日射熱のせいなんです。 サンシェードが効果があるのは、これだけのパワーのある日射熱を遮断できるからなんですね。 ちなみに、サンシェードで最も断熱効果のあるものは、 表面が光を反射しやすい色(白や銀色)で、厚みのあるものです。 (断熱シートなら、尚可)

基本中の基本は、サンシェードなどによって直射日光をやわらげること。 日中、陽当たりの良いところに車を停めた場合、サンシェードをするかしないかでは車内の温度が15度程度違います。使わない時はコンパクトにたためるものが便利。ちょっとした衣替えにもなりますね!

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

サンシェードの置き方を一工夫して効果アップ!

できるだけ車内の温度をあげないための効果的な使い方は、 ダッシュボードを隠すように置くこと!なぜならダッシュボードが一番熱くなり、 熱くなったダッシュボードが、車の中をあたためる犯人だからなんです。

サンシェードに関してより詳しくは以下の記事へ!

もうひとつの心強い味方、断熱フィルムも有効活用しよう!

もう1つ、車の断熱・遮熱でもっとも効果が高いと言われているのが 窓に貼る暑さ防止フィルム です。 車内温度の上昇を極力防ぐには、 フロントガラスやウィンドウガラスからの直射日光を なるべく車内に入れないように工夫する必要があります。 サンシェードでは、守れる部分がどうしても少なくなってしまいます。 また、1時間を超える駐車は、ボディそのものが暑くなってしまうため、 内側からの日除け対策では効果がほとんど感じられません。 一方、ガラスに直接貼るフィルムなら、 車内への直射日光を完璧に遮断するだけでなく、 ボディの温度上昇も抑える効果が期待できます。 ちなみに、窓へ貼るフィルムは熱線カットフィルムといって、 オートバックスなどのカー用品店に売っています。 黒色の断熱フィルムもありますが、 フロントガラス、運転席、助手席のガラスは、色が入ったフィルムを貼ってしまうと 車検にとおらないことがあります。 今では透明のフィルムが売っていますから、それを選ぶといいですね。 車にフィルムを貼るのは大変そう・・・と思う人が多いですが、 自分で貼ってみても結構きれいに貼ることができます。 もちろん、業者さんにお願いして貼ってもらうこともできます。 なお、この熱線アットフィルム、運転中の紫外線カット効果もあるので、 運転中の日焼け対策としても人気が出ています。 お金に余裕があれば、 ぜひ導入して効果を実感してもらいたいなと思います。

出典:http://puti-chiebukuro.com/

日光をまともに受ける窓に、ボディカラーにあわせて色を選べるカーフィルムを貼ると、暑さとUV対策を同時に行うことができます。(フロントガラスとフロントドアガラスは可視光線が70パーセント以上透過する事がカーフィルムの条件として道路交通法で定められています。濃すぎる色は違反になるので注意が必要です。) 「暑さをやわらげられるのはいいけどフィルムを貼って車内が暗くなるのがイヤ」という方には透明フィルムがおすすめ。特殊金属がフィルムにコーティングされていて明るさを全く変えずに暑さの元になる赤外線を80パーセントも遮蔽するという商品も。車内の暑さ対策だけでなく内装や革部品の色褪せ防止に役立つのも嬉しいですね。

ほかにも、濡れタオルを使って出発前に暑さ対策を

濡れタオルで運転席のフロントなど熱い部分を水で濡らします。水の気化熱は大きいので室内がエアコン併用で涼しくなります。

定番の暑さ対策、いかがでしたか?

猛暑だった時にエアコンが全く効かなくなってしまったなんて悲惨な事態を防ぐ為にも、いざという時の冷やし方を知っておけば心強いですよね。 今回紹介した方法は基本的にお金をかけずにできるものばかりです。ちょっとした工夫で夏のカーライフを楽しみましょう。

夏の暑い日に車を運転する方にオススメの記事

    関連キーワード
    キーワードからまとめを探す


    関連する車種/メーカー
    車種/メーカーからまとめを探す