MOBY

【ステーションワゴン徹底比較】レヴォーグvsアクセラスポーツ|ライバル車対決

スバルのレヴォーグとマツダのアクセラスポーツは、ステーションワゴンのカテゴリの中でライバルにあたります。若人向けに、ニューネームヴァリューのレヴォーグ、もっとコンパクトのようでビッグトルクで経済的なアクセラスポーツ。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較しました。あなたなら、何を基準に車を選びますか?

レヴォーグってどんな車?

スバル レヴォーグ

出典:http://www.subaru.jp/

出典:http://www.subaru.jp/

スバルのレヴォーグは2014年に発売されたステーションワゴンです。
ステーションワゴンとはセダンの屋根部を後ろまで伸ばして荷室を大きく取った車種の事で、スタイリングと積載容量を両立した車種として人気です。

普段はスポーツカーに乗る紳士が、さっとライフルを放り込んで、狩猟に出かけられるイメージで、シューティングブレークの後方のデザインを絞り込み、斜め前から見た時にワゴンだと分かりにくいほどのスタイリッシュさを実現しています。

レヴォーグは国内専用として開発され、日本人の暮らしに合わせてダウンサイジングしながらも、積載容量や室内の広さなども両立させています。

新開発された1.6直噴ターボ水平対向エンジンで、強力な加速性能も実現しています。

安全面でもアイサイト(ver.3)を装備し、ステレオカメラにより状況を判断し、自動ブレーキや警報などで安全運転をサポートします。

アイサイト(ver.3)は運転支援システムとしては初めてグッドデザイン金賞を受賞しました。

アクセラスポーツってどんな車?

マツダ アクセラスポーツ

出典:http://www.mazda.co.jp/

出典:http://www.mazda.co.jp/

マツダのアクセラは2003年に発表された乗用車です。現在の3代目は2013年にフルモデルチェンジしています。

現在のモデルには、ステーションワゴン、セダンがあり、アクセラスポーツは、ガソリンとクリーンディーゼルのエンジンがラインナップにあります。

マツダはスカイアクティブテクノロジーによりエンジンやボディや足回りを高次元にて磨き上げ、走る喜びを実感させてくれます。

現在のアクセラはこのスカイアクティブテクノロジーの新世代クリーンディーゼル2.2Lエンジンを先頭に、2.0L、1.5Lガソリンエンジンも選ぶことができます。またセダンにおいてはハイブリッドも選ぶことができます。

セーフティ装備としてi-ACTIVSENSEを搭載してミリ波レーダーで状況を判断して減速、自動ブレーキ、加速と警報などにより安全運転をサポートします。

斜め後ろより接近する車やバイクをお知らせしたり、対向車に失礼にならない様にヘッドライトを上手に自動調整するシステムもあるというなんとも気の利いた車ですよね。

レヴォーグとアクセラスポーツの燃費性能、価格などを比較!

燃費性能は?

▼スバル・レヴォーグ 試乗インプレッション 走行編

▼岡崎五朗のクルマでいこう! #300 アクセラ

気になる燃費性能の比較は……?

燃費性能に関してはレヴォーグの1.6L AWD スポーツリニアトロニック車がJC08モード16.0km/Lで、アクセラスポーツのXD 2.2L 2WD 6EC-AT車と比較すると、アクセラスポーツが3.6km/Lリードしています。

レヴォーグはカタログで
JC08モード16.0km/L。
e-燃費で見る実燃費は11.0km/L。

アクセラスポーツのカタログで
JC08モード19.6km/L。
e-燃費で見る実燃費は14.9km/L。

アクセラスポーツが実燃費でも3.9km/Lリードしています。

結果的にはクリーンディーゼルであるアクセラスポーツが大きく燃費をリードしています。どちらもターボによる加速感が得ることができる上、ドライバーの運転技術によっても燃費は左右されることを考えると、難しい選択になります。

価格については?

レヴォーグの価格がおよそ277.6万円~356.4万円です。
そしてアクセラスポーツの価格が176.0万円~306.7万円です。

主要エンジンの人気グレードを比較すれば、

レヴォーグが
290.5万円。

アクセラスポーツが
306.7万円。

レヴォーグの方が上級モデルかと思うとアクセラスポーツのディーゼルの方が高い車両価格設定になっている事が分かります。

値引きもあると考えると価格に関しては、直接ディーラーで確認した方がいいかもしれません。

次のページ