レクサスISマイナーチェンジモデル世界初公開!新型LEXUS ISはデザインも違う!

レクサスのスポーティーモデルであるレクサスISがマイナーチェンジし、2016年4月25日、北京モーターショーにて世界初公開されました。 新型レクサスISは、「アグレッシブスポーツ」をコンセプトに掲げ、インテリア・エクステリアの変化だけでなく性能も大幅に向上しました。 今回は、マイナーチェンジを経て新しく生まれ変わった新型レクサスISの最新情報をご紹介します。

レクサスが新型ISを世界初公開

北京モーターショー2016にてマイナーチェンジを発表

新型IS

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

2016年4月25日、レクサスは北京モーターショーで新型ISを世界初公開しました。
発売以降、スポーティなデザインと走りで成功を収めてきたレクサスISは、このモデルチェンジでさらにスポーティなデザインに変化しました。

レクサスの中では入門グレードに位置するISは、ブランド内ではより若年層の獲得を目標にしたモデルとなっています。

今回のビッグマイナーチェンジでどこが変わったのか、ご紹介します。

▼北京モーターショー2016その他の注目車種はこちら!

ついに開幕!ポルシェ、マツダ、ホンダ、日産、トヨタ、アキュラから世界初公開モデル目白押しの<北京モーターショー2016>新型車をまとめてチェック!

新型レクサスIS エクステリアデザイン

LEXUS IS フロントデザイン

レクサスIS

レクサスIS

レクサスIS

レクサスIS

新型レクサスISの外観は「アグレッシブスポーツ」というコンセプトでデザインされました。
コンセプト通り、一見してよりスポーティになったことが分かります。

レクサスのトレードマークともいえるスピンドルグリルは、グリル下部を大きく広げのブレーキダクトへ空気を導く機能性を表現しています。またスピンドルグリルの両サイドに位置するガーニッシュも迫力のあるデザインとなりました。

LEXUS IS リアデザイン

レクサスIS

レクサスISのリアデザインもフロント同様、「アグレッシブスポーツ」を具現化したデザインとなっています。

リアコンビネーションランプ内部には、L字のランプを3連続に重ねた奥行きのある造形や、両サイドから伸びるマフラーがスポーティさを際立たせています。

LEXUS IS 内装・インテリアデザイン

レクサスIS内装

出典:http://www.carscoops.com/

インテリアにおいては、マルチメディアディスプレイを10.3インチに拡大されたことで、ナビゲーションやオーディオの情報がより大きく表示されます。

 また、ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルをヘアライン調に変更したうえで、大型化した二―パッドで両端から挟み込む構成とし、高級感とスポーティ感を演出しました。

その他、カップホルダーの使用性向上・アナログクロックの視認性向上など、細部の利便性向上も追及されています。

レクサスのクーペは何種類あるのでしょうか?

新型レクサスISの性能は?

最新の安全技術を採用

新型レクサスISは、レクサスの予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を搭載ています。

このシステムは、ステアリング振動機能付レーンディパーチャーアラート(LDA)、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプのプリクラッシュセーフティ(PCS)、ライトの下向き、上向きを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)、前を走る車に追従走行できるレーダークルーズコントロール等の機能を搭載しています。

また、最上級グレード「IS350」は3.5L V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力は305馬力を誇ります。

マイナーチェンジした新型レクサスISの発売日は?

レクサスIS

出典:http://www.carscoops.com/

4月25日に北京で世界初公開となった新型レクサスISはよりスポーティなデザインとなり、内装・安全性能においても改良が加えられました。

そして、マイナーチェンジされたISの日本での販売は、2016年秋ごろに開始されるようです。

合わせて読みたいおすすめ記事!

ついに開幕!ポルシェ、マツダ、ホンダ、日産、トヨタ、アキュラから世界初公開モデル目白押しの<北京モーターショー2016>新型車をまとめてチェック!

新型ポルシェ718ケイマンが初公開されました!
718の名を冠したケイマンの詳細情報に迫ります。

マツダは、新型CX-4を北京モーターショーで世界初公開しました!
国内販売はあるのでしょうか。最新情報をお伝えします!

日産は、モデルチェンジされた新型ティーダを世界初公開しました。
国内では現在販売されていない日産ティーダの復活はあるのでしょうか?