初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

Audi最上位SUVの新型 「アウディQ8」生産決定!価格や発売日を予想

2017年4月11日、アウディはニューモークモーターショーにてPHVモデルの「Audi Q8」の生産計画を発表しました。3月に公開された「Audi Q8 sport Concept」の情報とともに、ワールドプレミアされたQ8のデザインや性能を解説します。また価格や日本国内の発売日を予想します。

新型 アウディQ8 の生産開始決定!

アウディ Q8 スポーツコンセプト

4月11日にニューモークモーターショーにて、ドイツの自動車メーカーアウディは最上級SUVとなる新型「Audi Q8」の生産計画を発表しました。
2018年に、スロバキアのブラチスラヴァ工場にて生産を開始する予定です。
2019年には「Q3」と「Q5」の間を埋める「Q4」の生産も予定されており、アウディのSUVセグメントにおける競争力の高まりが期待されます。

この記事では2017年3月のジュネーブ国際モーターショーで公開された「アウディ Q8スポーツコンセプト」に加え、2017年1月にデトロイトモーターショーで公開された「アウディ Q8コンセプト」に関する性能、価格、発売日などの最新情報も紹介していきます。

新型 アウディQ8 スポーツオープンカを2017年3月に公開

「Q8スポーツコンセプト」はマイルドハイブリットを搭載

アウディ Q8スポーツコンセプト

2017年3月開催のジュネーブ国際モーターショーにて、アウディの最上級SUVとして開発されている「Q8」に新たなコンセプトモデル「アウディ Q8スポーツコンセプト」が発表されました。
公開された「アウディ Q8スポーツコンセプト」には、新開発されたマイルドハイブリットシステムが搭載される予定です

新型 アウディQ8スポーツコンセプトのデザインは?

新型 アウディQ8スポーツコンセプトの外装

アウディQ8スポーツコンセプト

引き締まったサイドシルエットを持ち、ボディサイドにあるラインは後方に行くに従って、ダイナミックに高さを増していきます。
リアウインドーはフラットになっており、その上に設置されている長いルーフエッジスポイラーがスポーティーな印象を与えます。
オーバル型の2本のエグゾーストパイプとその間に設置されたアルミ製のディアフューザーが力強い印象を与えます。

新型 アウディQ8 スポーツコンセプトの内装

アウディQ8スポーツコンセプト 内装

内装はアウディの最上級SUVらしいラグジュアリーかつスポーティーなものになっています。
モニターはスイッチをオフにした際にはパネルの中に溶け込み、他の内装との調和を失わないようになっています。
ラゲージスペースでは630Lもの容量を確保し、大型スーツケースを積載するための余裕あるスペースを提供します。

新型 アウディQ8 スポーツコンセプトの性能

Q8スポーツコンセプト

Q8スポーツコンセプトには電動コンプレッサーを採用した331kW(450hp)の6気筒3.0 TFSIエンジンと回生効率を高めたマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた新開発のパワーユニットが搭載される予定です。

リヤのラゲージコンパートメント下に配置されたリチウムイオンバッテリー(容量は0.9kWh)により、渋滞、低速での方向転換、駐車の際には内燃エンジンを停止させたままバッテリーのみで走行することができます。
8気筒エンジンに匹敵するパフォーマンスを発揮しながらも、経済的な燃費効率を提供します。

また、85Lの巨大な燃料タンクを装備しているため1,200kmという航続距離を実現しました。

アウディの最上位SUV「Q8コンセプト」を2017年1月 に公開

PHVモデルとなって登場

アウディ Q8 コンセプト 2017年

2017年1月9日、アウディは米国で開催されたデトロイトモーターショーにおいて、新型SUV「Q8 コンセプト」を公開しました。

Q8は、現在アウディのSUV「Qシリーズ」の最上級モデルに位置するQ7のさらに上位に位置することが想定された大型のSUVです。
以前より開発が行われていることは報道されていましたが、デトロイトモーターショーでの発表が初の公式発表となっています。

アウディのSUV=Qシリーズ

アウディ Q7 新型 2016年

アウディのSUVは全て、名前に「Q」の文字が使われています。
また、全ての車種でQの後に数字が続く名前になっていて、その数字が大きくなるほど豪華でラグジュアリーな車種になります。

随時、追加が予定されていますが、現在のラインナップは「Q2、Q3、Q5、Q7」となっています。

詳しくは以下のリンクをご参照ください。

日本発売が決定したアウディQ7

アウディQ8についてご紹介する前にQ7について少しだけご紹介します。
前述したように、アウディのQシリーズはQの後に続く数字が大きくなるほど車体が大きくラグジュアリーなモデルになります。
そして、Q7はアウディの現在のラインナップの中での最上位車種です。
以前は、日本では販売されておらず、日本発売が待望されていました。
そして、2016年3月についに発売が公式発表されています。

アウディQ7については、以下のリンクでより詳しく解説していますので、気になった方はぜひご覧ください。

新型 アウディQ8コンセプトのデザインは?

新型 アウディQ8コンセプトの外装

アウディ 新型Q8 コンセプト 2017年モデル
アウディ 新型Q8 コンセプト 2017nenn

新型 アウディQ8コンセプトの内装

アウディ 新型Q8 コンセプト 2017年モデル
アウディ 新型Q8 コンセプト 2017年モデル

アウディ Q8コンセプトのインテリアは直線的な水平ラインで構成されています。
これにより、スポーティでエレガントな雰囲気を醸しながら、4人の乗員と多くの荷物のためのスペースが確保されます。

アウディ独自の「アウディバーチャルコックピット」とAR(拡張現実)テクノロジーにより、より直感的にメーターやナビゲーションシステムを視認することができます。

今回発表された「Q8 Concept」は、アウディ初となるフルサイズSUVとなります。
アウディは新型Q8のデザインについて「圧倒的なプレステージとスポーツ性を体現し、SUVならではの広い室内空間と、クーペのエモーショナルなスタイリングを巧みに融合した」と述べています。

アウディのライバルであるメルセデスベンツやBMWが発売している、GLEクーペやX6などのSUVクーペを意識したモデルであると予想されます。
また、フルサイズSUVという観点では、BMW X7やメルセデスベンツGLSがライバルにあたります。

デトロイトモーターショーに出展されたQ8コンセプト


SUVにしては低い最低地上高や大径ホイール、迫力のあるフロントマスクがスポーティな雰囲気を演出しています。

【最新情報】新型 アウディQ8の内装デザインが流出!

アウディ Q8 スクープ
アウディ Q8 スクープ
アウディ Q8 スクープ

新型 アウディQ8のコックピット画像が流出しました。
これによりダッシュボード、ステアリング、ディスプレイのデザインが明らかになりました。
センターコンソール部分に設置されているディスプレーはほとんどスイッチがないため、タッチスクリーンであることが分かります。

また、ディスプレーはコックピット内におさまっていないため、開発途中であると考えられます。生産モデルではよりすっきりとしたデザインになるでしょう。

新型 アウディQ8のテスト車両

テスト車両のスクープ画像!

Audi Q8 スクープ
Audi Q8 スクープ
Audi Q8 スクープ
Audi Q8 スクープ
Audi Q8 スクープ

新型アウディQ8と見られるテスト車両がスクープされました。
新型アウディQ8は、同社のフラッグシップSUV「Q7」よりも車幅は広く、全高は低くなると予想されており、今回スクープされた開発車両もそのように見受けられます。
新型Q8は機能面でも最新技術を採用し、半自動運転技術の搭載や、内装には有機ELディスプレイの採用がなされると予想されています。

新型 アウディQ8はPHV採用?

アウディ 新型Q8 コンセプト 2017年モデル

PHV(プラグインハイブリッド)を採用

2017年1月のデトロイトモーターショーで公開された新型 Q8コンセプトのパワートレインは、エンジンとモーターを組み合わせたPHVでした。
エンジンとモーターを組み合わせ、ユニット全体の最高出力は449hp、最大トルクは71.4kg/mを発生します。
駆動方式は4WDで、アウディのクワトロフルタイム4輪駆動システムによって確実に路面に伝えられます。

トランスミッションには、8速ティプトロニックが採用されるとのことです。
このパワートレインによってAudi Q8 conceptは0-100km/hを5.4秒で加速し、最高速度は250km/hに達する性能を誇ります。
その他、エアスプリングを用いたサスペンションとセラミック製ブレーキディスクなど、走行性能には徹底したこだわりが見られます。

3つのパワートレインを用意?

公開されたアウディQ8はPHVでしたが、新型Q8には合計で3つのタイプが用意されると予想されています。
ガソリンとディーゼル(3リットルV型6気筒エンジン)、そしてハイブリット(e-tron PHV)の3つで、走りの良さ、環境性能など現代のニーズに幅広く応えられるラインナップです。
ハイブリットモデルに関しては、同じくフォルクスワーゲングループのポルシェとの共同開発によって生み出される超高性能なものを予定しています。

詳細については不明ですが、モーターのみでの航続距離が最長で50kmを誇り、「プラグイン・ペトロールレクトリック・システム」という最新システムが導入される見込みです。

アウディが現在発表しているPHV情報

新型 アウディQ8にRSモデルも追加?

アウディ RS Q8

新型Q8にハイパフォーマンスモデルが追加されるという噂のあったRS Q8の、レンダリングCGが流出しました。
すでに発表されているQ8のコンセプトモデルとは、グリルやエアスクープなどによって差別化されていますね。

「RS」はアウディの子会社、アウディスポーツ社(旧クワトロ社)がチューニングした高性能モデルに与えられる名称で、実現すればアウディ史上最速のSUVとなる見込みです。
上記の画像はそのRS Q8のイメージCG画像です。

Q8はハイブリッドシステムを搭載していますが、RS Q8は全く異なる4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載すると予想されています。
4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはランボルギーニ ウルスが搭載しているため、姉妹車的な立ち位置になることも考えられます。
なお、ウルスの最高出力は650PSなので、RS Q8も同程度になると考えられます。
また、バーチャルコックピットや話題になったレベル3の自動運転を搭載するとも言われています。

アウディはこのRS Q8について明言はしないものの、アウディのSUVでもっともハイパフォーマンスを発揮できるモデルを開発したいとしています。

ランボルギーニ ウルスについては以下の記事で

新型 アウディQ8 の気になる価格は?

アウディQ8はアウディのSUVの最上位という立ち位置からして、BMWやメルセデスベンツのSUVの最上位車種と真っ向から争うライバル車種になります。
ライバル車種については、後ほど詳しくご紹介します。

それらを考慮し、アウディQ8の価格を予想すると、日本円でおよそ900万円ほどになるのではないでしょうか。
そしてQ8スポーツはさらに高い値段設定になるでしょう。

新型 アウディQ8ライバル車は?

最大のライバルはBMWの最上位SUV

BMW X6 M 2014年

前述しましたが、アウディQ8はBMWやメルセデスベンツ、その他にはランドローバーやポルシェのSUVがライバル車種となってくるでしょう。

中でも最大のライバルとして考えられるのがBMWの最上位SUV。
現在のところBMW X6がBMWのSUVシリーズの最上位車種としてラインナップされていますが、同じくBMWもさらなる最上位車種として「X7」の登場を予告していて、発売されればライバル車種筆頭となりそうです。

BMW X7、BMWのSUVシリーズについても下記リンクで詳しく解説しています。

ポルシェ新型カイエンも強敵

ポルシェ 新型 カイエン 20179

「新しい形のスポーツカー」として登場したポルシェ カイエンは、フルモデルチェンジでさらなる進化を遂げようとしているクロスオーバーSUVです。
スポーツカー調なデザイン、豪華な内装、そして優れた走破性から人気です。
さらに、新型カイエンには最高出力が強化され、4WDシステムを標準装備化したため、オンロード性能とオフロード性能が強化される模様です。

新型 アウディQ8 の発売日は2018年?日本発売は?

アウディの最上位車種「Q8」「Q8スポーツ」についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
日本でも人気のアウディの新たなSUVとして登場が楽しみですね。

2017年4月11日のアウディの公式追加発表では生産を2018年に開始すると報じており、発売も同年内に行う予定となっています。
ただ、日本への導入時期、仕様関しては未定と発表しています。

現在の最上位車種であるQ7に関しても日本での発売は、登場から遅れてのことでした。
道路や駐車場が狭い日本では、大型車の人気が出にくいというのが原因かと思われますが、やはり最上位車種が欲しいという方もいらっしゃることでしょう。
日本で、Q8が走っている姿を早く見たいものです。

さらなる最新情報についても、随時更新していきますのでお楽しみに!

アウディに関するおすすめ記事!

SUVに関するおすすめ記事!

新型SUVに関する記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す