【教えて!自動車保険の見直し】保険料を安くする裏技!新規も加入中の方も必読!

自動車保険を安くたい!そんなあなたにその裏技をご紹介致します!これから車を買おうとされている方も、現在加入中の方もともに必読の保険料削減マニュアルとなっています。「目からうろこ」の自動車保険料の削減方法とはいったいなんでしょうか?それでは、ご覧ください!

現在、自動車保険を契約中の方も見直しを!その理由とは?

ドライバー_オーナー

自動車保険は、毎年毎年、少しずつ保障内容や保険料が変わっていっていることをご存知でしょうか?
年によって、変化がごくわずかなとき、比較的大きく変わるときがありますが、自動車保険加入中の方でも年に一度、更新の月に1度は見直しをしていただきたいものです。
これから新規加入という方も、契約後は更新前に見直しをしていただきたいものです。

しばらく自動車保険の見直しをしていない方は、更新月まで待たずに、今すぐ見直しをされることをおすすめ致します。

自動車保険の見直しは、既に入っている保険会社だけでなく、複数の他社見積もりを取るようにされると、補償範囲、保険料ともに良い結果が出ることが多々あります。

今自動車保険の見直しをすると、契約中の保険が中途解約になって解約返戻金がたいして戻ってこないし、損するのでは?…と思われている方、めんどくさがらずに見積をとってみましょう。
意外な見積金額が出てびっくりするかも知れませんよ。

これから自動車の購入を考えている方への注意点【買う前に保険も!】

任意保険_自動車保険

これから車を購入しようとされている方、車選びを楽しんでいらっしゃることでしょう。
さて、自動車保険はどこにするのか、お決めになられましたか?

車の購入と同時に自動車保険も加入しなければなりません。
車を買うことだけに集中してしまい、購入契約のとき、あわててディーラーの自動車保険に加入してしまうと、無駄な保険料を払ってしまう危険性大です!

自動車保険を取り扱う保険会社は、20数社もあります。
選び方のポイントさえ抑えれば、大変な思いをせずに最適で合理的な自動車保険を探すことができます。
この方法、裏技は、この記事の後半でご紹介いたします。

新規加入も切替も、自動車保険料を安くするための共通基礎知識

保険料

初めて車を購入される方も、既に加入中の方で切替をされる方も、共通した保険料を安くすませるポイントを順にご紹介いたします。

年齢条件、運転者の補償範囲は徹底して限定を!

自動車保険

出典:https://www.flickr.com/

自動車保険は、契約者個人に掛ける生命保険や医療保険と違って、車に保険を掛けるイメージとなります。

補償の対象となる運転者(「被保険者」といいます)は、免許を持った人なら誰でもよいことが自動車保険の基本となっています。
その基本補償を特約で範囲を狭めて、被保険者となる年齢を事故率の低い高い年齢以上に設定したり、契約者本人に限定したりすることで、保険料を安くすることができます。

【保険料を安くする裏技】1日単位で入れる自動車保険の活用を!

三井住友海上「1DAY保険」

出典:http://www.ms-ins.com/

前項でご紹介しました、年齢条件を狭めたり、被保険者の絞り込みは、極限まで徹底するようにしましょう。

例えば、基本的に契約者本人しか運転しないようであれば、契約者本人限定タイプの保険に加入し、たまに友達や家族、親戚が運転する必要が出てきたときだけ、1日単位で入れる自動車保険に入るようにすると、大幅に保険料を安くできるケースが多々でてきます。

1日単位の保険は、普通の自動車保険とおなじ補償が付いて、500円/日~、車両保険と同様の保険を付けても1,500円/日~となっています。

この1日単位の自動車保険については、下記の記事をご覧ください。

現在の最安見積額を知りたい方はこちら

└→【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す