MOBY

【ステーションワゴン徹底比較】レヴォーグvsレガシィアウトバック|ライバル車対決

スバルのレヴォーグとレガシィアウトバックは同じメーカーの車ながら、ステーションワゴンのカテゴリの中でライバルにあたります。日本人に合わせたコンパクトな設計のレヴォーグ、海外で高い評価を受けるレガシィアウトバック。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較しました。あなたならどちらを選びますか?

スバル レヴォーグってどんな車?

レヴォーグの画像

出典:http://www.subaru.jp/

出典:http://www.subaru.jp/

レヴォーグのCM

スバルのレヴォーグは2014年に発売されたステーションワゴンです。
ステーションワゴンとはセダンの屋根部を後ろまで伸ばして荷室を大きく取った車種の事で、スタイリングと積載容量を両立した車種として人気です。

レヴォーグは元々は国内専用車として開発され、日本人に合わせてダウンサイジングしながらも、積載容量や室内の広さなども両立。
新開発された1.6直噴ターボ水平対向エンジンなどを備え、強力な速度性能や加速性能も実現しています。

海外でのステーションワゴン需要などもあり、現在では世界各国でも販売されています。

安全面でもアイサイトver.3を装備し、ステレオカメラにより状況を判断し、自動ブレーキや警報などで安全運転をサポートします。
アイサイトver.3は運転支援システムとしては初めてグッドデザイン金賞を受賞しました。

レヴォーグに関して詳しくはこちら!

スバル レガシィアウトバックってどんな車?

レガシィアウトバックの画像

出典:http://www.subaru.jp/

出典:http://www.subaru.jp/

レガシィアウトバックのCM

スバルのレガシィアウトバックは、1995年から発売されているクロスオーバーSUVです。
2014年にフルモデルチェンジして5代目となりました。

レガシィアウトバックはステーションワゴンとSUVの長所を兼ね備えた車として独自のカラーを打ち出してきました。
特に、アウトバックは北米市場においてもスバルの躍進をけん引した立役者です。

安全性能においては、アイサイトver.3を装備。
ver.3になることでカメラの視認性能が向上し、ステアリング操作のアシストや誤発進の抑制などが追加されました。
予防安全性能テストで最高評価を獲得しています。

デザイン面では、2015年にグッドデザイン賞を受賞しました。

レヴォーグとレガシィアウトバックの価格、燃費でコストパフォーマンスを比較!

レヴォーグとレガシィアウトバックの新車価格帯は?

レヴォーグの価格は、
277万円~356万円です。

レガシィアウトバックの価格は、
318万円~345万円です。

どちらも上質な性能に見合ったお値段となっており、スバルのラインナップの中では上位モデルといえる価格帯です。

レヴォーグとレガシィアウトバックの燃費も比較!

レヴォーグの燃費は、JC08モード燃費で、
2.0Lエンジンは13.2km/L
1.6Lエンジンは16.0km/L~17.6km/Lです。

燃費を食いやすいターボエンジンですが、1.6Lエンジンはアイドリングストップや新世代エンジン技術などにより低燃費を実現しています。

レガシィアウトバックの燃費は、JC08モード燃費で、
14.6km/Lです。

2.5Lの大排気量ながらもアイドリングストップを備え、まずまずの燃費性能です。

レヴォーグとレガシィアウトバックのデザインを比較!

レヴォーグのデザイン

出典:http://www.subaru.jp/

レガシィアウトバックのデザイン

出典:http://www.subaru.jp/

レヴォーグのデザインは、ダウンサイジングされながらも積載容量とスタイリッシュな造形を両立させたものとなっています。
ボディカラーは7色が用意されています。

レガシィアウトバックのデザインは、ワゴンの上質さとSUVのタフさを兼ね備えたものとなっています。
ボディカラーは9色が用意されています。

次のページ