MOBY

【6月~規制強化・排除月間スタート】マフラー違法改造車禁止!騒音の罰則基準や罰金など詳細

2016年4月20日に国土交通省から車のマフラー違法改造車禁止・騒音に対する規制強化しました。罰則が重くなり、「知らなかった!」では済まされません!罰則基準や罰金額再確認しましょう。

【最新】6月から規制強化・排除重点月間スタート!

2016年4月20日に自動車の騒音に対しての規制強化が発表されてから1ヶ月弱が経ちます。
4月の規制強化の発表と伴い、6月から規制強化が予定していることが発表され、本日6月1日から規制強化・排除月間となります。

「まだ知らなかった!」という方でも間に合います!規制強化でどのような取り組みが強化されるのかを以下にまとめました。

①街頭検査の集中実施

二輪車を対象とした街頭検査など、強化月間中に街頭検査を全国で159回実施し、違法マフラー等悪質な不正改造車には整備命令を発令し、これに従わないときには車両の使用停止等を含む厳正な処分を行います。
また、不正改造等を行った者に対する報告徴収及び立入検査により、不正改造の抑止・早期発見と指導を行います。

出典:http://www.mlit.go.jp/

②不正改造車の排除のための啓発等

不正改造防止の啓発を目的としたポスター及びチラシのサービスエリアや整備工場等での掲示・配布、運輸支局による自動車整備士養成施設等への出前講座の実施や全国の乗合バス事業者の協力によるバス車両への広報横断幕の掲示等を行い、積極的な不正改造車の排除を呼びかけます。
特に、違法マフラーについては、使用の違法性の啓発を目的としたポスターの掲示、チラシを配布するなど、業界団体と連携を図りながらユーザーに対する啓発を行います。

出典:http://www.mlit.go.jp/

③全国64カ所に「不正改造車・黒煙110番」の設置

引き続き各運輸支局等に相談窓口として「不正改造車・黒煙110番」を設
置し、寄せられた情報をもとに、不正改造車ユーザーに対して、警告ハガキを送付し、不正改造の改修及びその結果の報告を求めます。

出典:http://www.mlit.go.jp/

以上の3つの項目が強化されるようです。
現場での取り締まりをより一層強化するだけでなく、ポスター等でドライバーに対して注意喚起、認知させるようです。また、不正改造車を見かけた方からの情報を基に、所有者への修理を求め、その後の経過も観測するようです。二輪車だけでなく、騒音・排ガスへの規制が強化され、報告があり次第、注意勧告をするようです。

具体的な罰則ポイントに関しては本記事の下記をご参照ください。
6月からは「知らなかった!」では済まされません!今すぐ愛車の騒音状況を確認しましょう!

その他の最新道路交通法改正に関してはこちら!

車のマフラー違法改造車禁止!

国交省により4月20日から規制強化

出典:http://www.mlit.go.jp/

4月20日に国土交通省が自動車の騒音に対して、規制を強化することを発表しました。

国連自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で1997年から基準の見直しが検討されており、とうとう2015年6月に基準の見直しが成立しました。

国土交通省は騒音基準を国際基準に合わせることとし、罰則も強化します。なのでこれからは「知らなかった!」では済まされないほど違法改造車両・騒音に対する取締りが強くなっていきます。

今回の記事では、4月20日に施行された、違法改造車への取締り強化や騒音の規制強化の罰則基準から、罰則や罰金についてご紹介します。今回の規制強化を機に、環境や周辺の人に優しい愛車にしましょう!

マフラーの騒音の規制強化!

どのように違法改造車を取り締まる?

四輪自動車の車外騒音に係る国際基準を導入するとともに、不正マフラーへの改造禁止を徹底するため、装置型式指定規則及び道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等の一部を改正し、本日施行いたしましたのでお知らせいたします。

出典:http://www.mlit.go.jp/

 不正改造防止の啓発を目的としたポスター約14万枚の掲示及びチラシ約62万枚の配布、自動車整備士養成施設等への運輸支局の出前講座並びに全国324社の乗合バス事業者の協力による広報横断幕の掲示等を行い、積極的な不正改造の排除を呼びかけます。
 また、違法マフラー排除の啓発を目的としたポスター約14万枚の掲示、チラシ約56万枚を配付するなど、業界団体と連携を図りながらユーザーに対する啓発を行います。

出典:http://www.mlit.go.jp/

装置型式指定規則及び道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等の一部を改正しました。各運輸支局等に相談窓口として、「不正改造車・黒煙110
番」を設置して不正改造車のユーザーに訴えかけるようです。

また、バス事業者等と協力して、不正改造防止を促すポスターを配布・掲示してユーザーへの啓発を行うようです。

2016年6月は取り締まり強化月間!

取り締まりを強化・認知させるために、2016年6月は取り締まり強化月間とすることを予定しているようです。

不正改造車(暴走行為、過積載等)、保安基準に適合していない車は道路交通の秩序を乱す対要因であるとともに、排出ガスによる大気汚染、騒音等の環境悪化の要因になっているとも国土交通省は捉えています。

よって当省庁は、道路交通の安全確保や大気汚染・騒音の防止だけでなく不正改造の認知度を高めるために、6月に取り締まり強化月間として定めました。

罰則基準を確認!二輪車も対象!

出典:http://www.mlit.go.jp/

出典:http://www.mlit.go.jp/

出典:http://www.mlit.go.jp/

全国的に取り締まりが行われますが、街頭検査を予定しているようです。

街頭検査で取り締まり対象になった車に対して、整備命令を発令し、もし整備命令に従わなかった場合は、使用停止等の厳重かつ厳正な処分が下ります。

取り締まり自体も重く、「知らなかった!」では済まされません!

罰則基準を再確認しましょう!

1.全国で168回の街頭検査を計画
[1] 歩行者、運転者等が見にくい窓ガラスへの着色フィルム等の貼付
[2] 灯光の色が不適切な灯火器及び回転灯等の取付け
[3] タイヤ及びホイールの車体外へのはみ出し
[4] 騒音の増大を招くマフラーの切断・取外し及び基準不適合マフラーの装着
[5] 不正軽油燃料の使用

2.「不正改造車・黒煙110番」の設置

3.不正改造実施者に対する立入検査等

4.自動車使用者等への啓発

出典:http://www.mlit.go.jp/

1の[2]、[4]に関しては、二輪車(原動付自転車も含む)の重点項目にもなります。バイクが好きな方で、マフラーを改造している方は多いと思いますが、今回の規制強化基準を順守しないと罰則対象になります。罰則が重くなる今だからこそ、今一度確認しましょう!

また、その他の罰則対象として「基準外ウイングの取り付け」「荷台さし枠の取付け・燃料タンクの増設」「突入防止装置の切断・取り外し」「排気管の開口方向違反」「前面ガラス等への装飾板の装着」「速度抑制装置の解除・取り外し」「ディーゼル自動車が排出する黒煙」等もあります。

国土交通省から発行されたポスターをよく確認して、不正改造車両扱いになる箇所をよく確認しておきましょう。

罰金額は?

もし不正改造車両として取締りを受けた際の罰金額は以下になります。

【不正改造車の使用者】
整備命令の発令
→整備命令に従わない場合については50万円以下の罰金
【不正改造を実施した者】
6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金

罰則が重く、罰金額も高いです。今回の自動車の騒音規制を強化を軽く捉えず、周りの人たちのことも考え、環境や近隣の人たちに優しい車・二輪車にしましょう。

「知らなかった」では済まされない!

出典:http://www.mlit.go.jp/

不正改造を実施した本人には懲役を課されるほどです。
自分自身では「良かれ」と思って改造しても、周りの方には迷惑な行為であり、環境汚染の原因にもなることを忘れてはいけません。車やバイクが好きな方がマナーを守ってこそかっこいいことを忘れてはいけません!
愛着のある車やバイクであるからこそ、周りからも愛されるような愛車にしましょう!

合わせて読みたいおすすめ記事!

年々自転車の取り締まりが厳しくなっています。2015年の6月1日に道路交通法が改正されたことはご存じでしょうか。罰則が厳しくなりました。なにが変わって、どこを気を付ければいいのか。意外と知られていない法律・注意点のみをまとめさせていただきました!

日々、法律は変化しています。道路交通法も毎年変わっています。今回は、知らなかったでは済まされない!訴訟、罰金、逮捕まで至ってしまうかもしれない?知られていない法律をまとめて紹介します。

2016年4月から、ナンバープレートに関する法律が改正されます。ファッションアイテムとしてナンバープレートカバーを付けていた人も多いと思いますが、禁止に!うっかり知らなかった!で、警察にお世話にならない様に、何がダメになるのかをしっかりと確認しましょう!

好き嫌いが分かれるシャコタンに関して!やり方や費用などご紹介します。シャコタン(ローダウン)もやりすぎたり方法を誤ると違法になります。

これは天才…違法を通り過ぎて心配です。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す