MOBY

【SUV徹底比較】日産エクストレイルvsマツダCX-5│ライバル車対決

「SUV」と一言で言ってもそのサイズや用途、パワーユニットは様々な種類があります。最近、中でもエクストレイルはハイブリッドモデルを追加することで、よりSUVらしいアクティブな走りが可能となりました。CX-5は世界で注目されているクリーンディーゼルエンジンを搭載することでSUVのキャラクターを際立たせ、高く評価されています。今回は、次世代エンジンとして注目されているこの2台を徹底比較します。

日産 エクストレイルってどんな車?

エクストレイルは日産が2000年から販売しているSUVです。
「手ごろな価格で乗れる快適なSUV」というコンセプトの基、独自の路線で今日まで人気を得てきたモデルです。

現行のモデルは兄弟車のデュアリスと統合されたことをきっかけに、曲線を取り入れ洗練されたデザインとなっています。

グレードは大きく分けるとガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルがラインナップされています。

日産 エクストレイルのCM

マツダ CX-5ってどんな車?

CX-5はマツダが販売するクロスオーバーSUVで2012年に登場した比較的新しいモデルです。
マツダのディーゼルエンジンの技術は世界的に見ても群を抜いており、その性能は高く評価されています。

こちらはガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルが設定されています。

マツダ CX-5のCM

エクストレイルとCX-5の価格や燃費性能などコストパフォーマンスを比較!

【エクストレイル新車販売価格】2,238,840~3,258,360円
エクストレイルはガソリンモデルとハイブリッドモデルどちらにするかが検討のポイントです。
車体価格で見るとガソリン車がお得ですが、ハイブリッド化によるパワーと燃費の向上は捨てがたいものがあります。
週末は郊外に出かけることが多いという方はそれなりに走行距離も伸びるのでハイブリッドモデルが経済的でおすすめです。

【CX-5新車販売価格】2,446,200~3,488,400円
エクストレイルよりも20万円ほど高い価格設定です。
エクストレイルと同様にガソリンエンジンモデルもありますが、CX-5のキャラクターに合ったモデルはやはりディーゼルエンジンです。
ディーゼルモデルは車体価格がやや高めですが自動車取得税の免税や軽油の安さで考えると維持費は安く済みます。

エクストレイルとCX-5の燃費性能は?

【エクストレイルの燃費(JC08モード)】
エクストレイルの燃費はガソリンエンジンで16.0km/L、ハイブリッドで20.0km/Lとなっています。
ガソリン1Lで約4kmの差はなかなか大きいのではないでしょうか。

【CX-5の燃費(JC08モード)】
ガソリンエンジンで14.6~16.4 km/L、ディーゼルエンジンで18.0 ~18.4 km/Lとなっています。こちらも燃費は約4km/Lほど差がありますが、燃料代を考慮するとエクストレイル以上に差が出そうです。

エクストレイルとCX-5の外装比較

エクストレイルの外装

▼ボディスペック
全長:4,640mm
全幅:1,820mm
全高:1,715mm
最低地上高:205mm
車両重量:1,500~1,630kg

CX-5の外装

▼ボディスペック
全長:4,540mm
全幅:1,840mm
全高:1,705mm
最低地上高:210mm
車両重量:1470~1620kg

大幅にデザインが変更になったエクストレイルも初代となるCX-5も現代のトレンドに乗ったデザインとなっています。

エクストレイルは曲線的なデザインではありますがルーフラインは真横に真っすぐ伸びており、どちらかというと従来通りの実用性や快適性を重視したデザインになっております。

CX-5はサイドから見たルーフラインが後方に向かって若干下がっておりスポーティなフォルムになっているのが分かります。

次のページ