初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【テスラ新型モデルY最新情報】モデル3のコンパクトSUV版の発売は2019年か!

テスラがEVのSUV新型モデルYを開発中!ティザー動画も公開!テスラ新型モデルYのプラットフォームやスペック、発売日や価格についての予想をお届けします。イーロン・マスク氏のツイッターからわかる新型モデルYについての最新情報とは?

【最新情報】新型モデルYのティザー?テスラが新たな動画を公開

テスラは2018年5月9日に米国工場を紹介するティザー動画を公開。
動画内には開発中とみられる新型クロスオーバーEV「モデルY」と思しき車が映っていました。

該当の車のボディ上部には黒いカバーがかけられており、全貌は確認できません。
しかし、ドアパネルが2枚あることやクロスオーバー風のシルエットから、ロードスターやモデルXとは異なるモデルである可能性が高いです。

新型モデルYについては2017年春の時点で「数年以内に登場予定」とイーロン・マスクCEOが発表していることから、この動画内の車が新型モデルYである可能性は十分ありえます。

新型モデルYらしきシルエットを動画でご確認下さい

動画では00:15付近で一瞬映りますので、お見逃しなく!

低価格SUV テスラ新型モデルYとは?

テスラ モデル3

テスラ新型モデルYとは、現在テスラが開発中の新型コンパクト電動SUVです。
これまでのテスラのラインナップに比べて低価格のモデルになると予想されています。

2017年、カリフォルニアで行われた株主総会では「モデルY」について公式発表がありました。
テスラSEOであるイーロン・マスク氏は新型モデルYについて、「新型モデルYには期待を寄せている。2019年には新型モデルYが販売される予定だ」とコメント。

テスラの次のラインナップとして低価格SUVが登場するのではと前から噂されていましたが、新型モデルYの開発発表により噂が確かなものになりました。

低価格EV モデル3のSUVの版として登場か

テスラは2016年4月1日、低価格モデルのEVとして「モデル3」を発表、同日に予約受付を開始しています。

これまで1,000万円クラスの高級EVのみを生産していたテスラとしては、400万円クラスを発売するのは初めての試み。
しかしモデル3は、高級イメージのテスラとしては安く、かつ申し分ないほどの高性能さを備えているとあって、販売予約は素晴らしいスタートを切りました。
モデルYはモデル3のSUV版とみられており、さらなる需要が見込めます。

テスラ新型モデルYのデザイン予想画像

米メディアが公開した、テスラモデルYの予想画像です。モデル3をそのままSUVにしたようなデザインですね。

モルガン・スタンレーのアナリストであるアダム・ジョナス氏によると、モデルXをより小さく、安くしたようなモデルYは、テスラのベストセラー商品になると予想しています。
さらに、同社のオンデマンドライドシェア事業「テスラモビリティ(Tesla Mobility)」にも、積載量やシートアレンジの豊富さから採用されるのではないかと発言しています。

新型モデルYにファルコンウィング採用はある?

テスラ モデルXのファルコンウィングドア

テスラのSUVには「モデルX」がすでにラインナップしています。
モデルX最大の特徴はファルコンウィングですが、新型モデルYへの採用については明らかになっていません。

新型モデルYは廉価版SUVであるため、コストがかかるファルコンウィングドアの採用は難しいというのが現実的な見方ですが、イーロン・マスク氏の発言を見ると採用の可能性はゼロではないようです。

イーロン・マスク氏はツイッターで、@AwesomelyOZさんからの「モデル3のクロスオーバー版にはファルコンウィングが搭載されるか?」という質問に対し、「モデル3とモデルYのうち、どちらか一方には搭載される予定だよ」と答えています。(すでにツイートは削除済み)

このツイートが正しい情報かは定かではありませんが、モデル3にファルコンウィングが搭載されなかった以上、可能性はあります。

テスラ モデルXについてはこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!