初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

高速道路の最高速度110km/h区間が11月1日開始!120km/hはいつから?最新情報まとめ

高速道路の最高速度が100kmから120kmに変更になるという情報が出ていますが、一体いつから?区間は?現段階で分かっている最新情報をまとめました。

11月1日 高速道路の最高速度110km/hに引き上げが試験的に開始

高速道路

新東名高速での速度規制引き上げが11月1日より試験的に開始されました。
試験的に導入される区域は新静岡IC~森掛川IC間の約50kmで、11月1日から最高速度110km/hに最高速度が引き上げされます。
最高速度の引き上げが適用されるのは今まで100km/hに規制されていた普通乗用車のみで、80km/h規制の車両は現状維持となります。

注意したいのが、高速道路最高速度110km/hへの引き上げは静岡県全域でも、新東名全線でもないということです。
あくまで新静岡IC~森掛川IC間のみの試験導入となります。
試験導入期間中には、静岡県警の高速道路交通警察隊のパトロールを強化を行う模様です。

また、同時期に試験導入候補とされていた東北道(岩手県)の花巻南IC~盛岡南IC間の実施日は未だ検討中とのこと。

高速道路走行時に気をつけたい覆面パトカーについてはこちら

高速道路の最高速度を100km/hから120km/hへ

警察庁は3月24日、高速道路で安全の条件を満たす一部区間にて規制速度を100km/hから120km/hへ引き上げる方針を発表しました。

高速道路の最高速度といえば100km/hと決められていましたが速度の引き上げは1963年に日本初の高速道路・名神高速道路が開通してから初めての試みとなります。

高速道路の最高速度引き上げは全ての車が対象ではない

海外の大型トラック

なお、すべての車に適用される訳ではなく、大型トラックなど(大型貨物車)はこれまでと同様に80km/hの最高速度となります。大型トラックは速度超過による事故が多く平成15年よりスピードリミッターの装着が義務となり、90km/h以上の速度は出なくなったという背景があります。

高速道路の最高速度引き上げの区間は?

高速道路の最高速度120km/hへの引き上げはまずは試験的に実施

すべての高速道路が速度引き上げになる訳ではありません。道幅が広く、事故や渋滞が少ないという条件を満たしている区間での実施となります。

警察庁・国土交通省、大学の教授らによる調査委員会が高速道路での事故の発生状況を分析したところ、最高速度を100/km以上に高めても安全性に問題がないという検証結果がえられたとのこと。

分析を行ったのは東北道、関越道、常磐道、東関東道、東名高速、新東名高速、九州道の7つの高速道路で、将来的にこれらの一部区間で最高速度の引き上げの可能性があります。

まずは静岡県の新東名高速道路(御殿場−浜松いなさジャンクション間約145km)と岩手県の東北自動車道(花巻南−盛岡南インターチェンジ間約31km)で試行されます。

制限速度も段階的に引き上げられる予定で、まず110km/hで試験的に実施し、安全の確認がとれれば、対象区間を増やしていき、速度も120km/hへ引き上げていくようです。

高速道路の最高速度引き上げはいったいいつから?

試行時期は2017年を予定【2016年に警視庁が発表】

試験導入について警視庁は東北自動車道と新東名高速道路の一部区間において、最高速度を110km/hに引き上げることを決めたと、2016年10月に発表しています。
岩手県と静岡県の公安委員会は、2017年度中には速度標識を改正し、速度引き上げを順次、試行していくとのことです。

最高速度の引き上げが施行される東北道花巻南の盛岡南インターチェンジ(約30・6キロ)、新東名道の新静岡の森掛川インターチェンジ(約50・5キロ)の各上下線は、他の高速道路に比べて事故による死傷率が3割ほど低いと評価されています。
事故数の低さが今回の速度引き上げの施行に繋がっているのではないでしょうか。

速度標識やオービスの設置も必要となるので、実際に対象となる7つの高速道路での速度が引き上げは、まだ先となりそうです。

高速道路の最高速度120km/hへの引き上げには問題点も

高速道路利用者を対象に行ったアンケートでは約4割の人が「最高速度が上がると車両間の速度差が大きくなる」という不安を感じているようです。

例えば追い越し車線を走っていると前の車が低速走行で道を塞いるというのはよくある話で、追突事故のリスクが増すだけで、速度を引き上げるメリットが薄れてしまいます。

速度差に関しては、もし最高速度120km/hになれば、「自分のペースで自分の好きな車線を走行する」という考えでは交通の流れを乱してしまうのも事実。
ある程度は周囲に合わせた走行速度を心がけなくてはいけなくなると思われます。

試験導入区間を走る際の注意点は?

最高速度引き上げが行われる区間は「必ずしも110km/hで走行しなければならない」というわけではありません。
周囲の状況に応じた適切な速度で、安全走行を心がけましょう。

特に、道路交通法20条では追越車線は追越しのために使うことが定められています。
追越車線を走り続けると違反になる可能性があるので、追い越し車線を110km/hで走り続けることはやめましょう。

また、3車線から2車線など車線数が減少する区間では、進路変更をしそうな車が近くにいないか気をつけましょう。
最高速度引き上げにより、道路全体の走行速度が上がると予想されます。
譲り合いの精神で、周囲の安全に気を配りましょう。

スバル アイサイトが時速120kmに対応

スバル新型XV アイサイト Ver3

スバル新型XV アイサイト Ver3

スバルは2017年6月19日に時速0~120kmの範囲内で作動する、加減速とステアリングの自動制御が可能な機能を自社の運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」に追加したと発表しました。

従来のアイサイトでは時速0~100kmが作動範囲でしたが、今後の高速道路の最高速度の引き上げに対応できるようにアップデートがなされたことが予想できます。

新機能は2017年夏より発売開始の「スバル レヴォーグ」「スバル WRX S4」に標準装備される予定です。

スバル アイサイトについてはこちら

スバル レヴォーグについてはこちら

スバル WRX S4についてはこちら

スムーズな交通の流れは周囲の状況をよく判断すること

高速道路 ガードケーブル

最高速度の引き上げの一番のメリットは、交通の流れをよりスムーズにし、目的地への到着を早めることにあります。

しかし、そうなるまでには問題点がいくつかあることもお分かりいただけたでしょうか?実は追い越し車線の連続した走行は違反にあたり、原点や反則金の対象となります。

最高速度の引き上げにあたり、まず私たち自身が走行する速度、走行する車線の役割をしっかり理解していくことが必要だと思われます。

高速道路や道路交通法に関連するおすすめ記事