初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽自動車徹底比較】スズキ ハスラーvsスペーシア│ライバル車対決

スズキが誇る人気軽自動車の「ハスラー」と「スペーシア」。両車はライバル関係にもあります。この記事では、そんな両車のデザインや燃費、価格等を徹底比較してみました。あなたはどちらを選びますか?

スズキ ハスラーってどんな車?

スズキ ハスラーX 2013年型

「遊べる軽」ハスラーは、スズキが2014年に発売した軽クロスオーバーSUVです。

軽ハイトワゴンとSUVを融合させた個性的でポップなデザインは女性からの人気も高く、優れた燃費性能と走行性能も併せ持ちます。

発売から瞬く間に人気車両となったハスラーは、グッドデザイン賞やカーオブザイヤーといった、日本の名だたる賞を総なめにしたのです。

スズキ ハスラーのCM

鳥山明氏の人気漫画「Dr.スランプ」のキャラクターと、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」がコラボしたCMも話題となりました。

ハスラーの現行車と新型車の詳細情報はこちらの記事!

スズキ スペーシアってどんな車?

スズキ スペーシア 2013年型 T

スペーシアはスズキが2013年に発売した軽ハイトワゴンです。
軽自動車としての完成度が非常に高い本車は、広い室内空間と29km/Lの燃費性能が魅力です。

安全装備には軽自動車で搭載したのはスペーシアが初という、二つのステレオカメラを使用した衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載しており、予防安全性能評価おいて最高ランクの「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しています。

また「2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー」においては、軽自動車で最も優秀な車を賞する「スモールモビリティ部門賞」を受賞しました。

スズキグリーン テクノロジーを全面的に採用
「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」がコンセプトの軽自動車。ロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、室内長はクラストップの2215mmを実現している。エンジンは低燃費、太い低速トルク、高い静粛性などが特徴の新世代エンジンR06A型660ccのNAとターボ。組み合わされるトランスミッションは副変速機構付CVTとなる。「スズキグリーン テクノロジー」が全面的に採用され、NAのFFモデルはJC08モードで29.0km/Lという優れた燃費を実現。全モデルがエコカー減税の対象となっている

出典:http://www.isize.com/

スズキ スペーシアのCM

CMにはファッションモデルの佐藤栞里さんを起用しています。

スペーシアの詳細情報はこちらの記事!

ハスラー対スペーシア エクステリアを比較!

ハスラーのエクステリアデザイン

■ボディ寸法
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,665mm

前述の通り、ハスラーはそのポップで個性的なデザインが女性にも人気です。
SUVスタイルのボディに大径タイヤを履いているので、ラフな道でも楽々走ることができます。

それでいて、SUVの持つ武骨さを感じさせないことが、女性人気の理由なのです。

スペーシアのエクステリアデザイン

■ボディ寸法
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,735-1,740mm

スペーシアのデザインは非常にシンプルなのが特徴ですが、L字型のテールランプというちょっとした個性も持ち合わせています。
ハスラーは個性が強すぎるという人は、素朴な魅力のスペーシアがオススメです。

また、ハスラーとスペーシアは軽自動車の寸法制限いっぱいに設計されているので、全長と全幅が同じ長さになっています。

ハスラー対スペーシア 内装を比較!

ハスラーの内装

スズキ ハスラーX 2013年型 インパネ
スズキ ハスラー 2016年型 内装

▼室内寸法
室内長:2,035-2,160mm
室内幅:1,295mm
室内高:1,250mm

ハスラーは内装も遊び心と個性にあふれています。
カラフルなシートパイピング(シートの縁取り)や運転席のカラーパネルもお洒落です。

汚れが拭き取りやすい素材をフロアに採用しているラゲッジスペースには、山や海で遊んでたくさん汚れた荷物をそのまま積み込むことも可能です。
電源供給用のソケットも備えており、キャンプや車中泊で役立つこと間違いなしです。

スペーシアの内装

スズキ スペーシア 2013年型 インパネ
スズキ スペーシア 2013年型 内装

▼室内寸法
室内長:2,215mm
室内幅:1,320mm
室内高:1,375mm

スペーシアは、軽自動車の中でも最大級の広さを誇る室内空間を確保しました。
シートには撥水加工が施されており、子どもがジュースをこぼしたり、雨で汚れたりしても、サッと拭き取ることが可能です。

開口幅が広く、荷物の出し入れがしやすいラゲッジスペースには、リアシートを畳むことで最大27インチの自転車を積むこともできます。
ハスラーと比較しても、ワンランク上の広さを持っているのです。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK