MOBY

シャトル徹底攻略|実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

ホンダのフィットから独立したコンパクトステーションワゴンであるシャトル。実燃費・口コミ・最新値引き価格などの情報をまとめ、ライバル車との比較を行っていきます。「暮らしリゾート」をコンセプトとしているシャトルの魅力に迫ります。

ホンダ シャトルの全て <目次>

■シャトルとは?歴史と車名の由来!
 ∟ひとつ前のモデルから振り返る
■シャトルはフィットシャトルからどこがフルモデルチェンジした?
 ∟新型で大きく変わった点を紹介
■シャトルの人気のオプション・グレードは?
 ∟人気のグレード、純正オプションまで紹介
■シャトルのデザイン・インテリアの評判は?
 ∟室内の快適性、こだわりを紹介
■シャトルのエンジン・燃費・走り性能の評価は?
 ∟エンジンの進化を解説
 ∟実燃費は実際どのくらい?
■シャトルをライバル車と徹底比較!
 ∟カローラ・フィールダーとの燃費など比較
■シャトルの最新値引き価格の相場は?
 ∟限界値引き、購入方法のポイントまで紹介
■シャトルを動画で最終チェック
 ∟わかりやすいニュース形式にて紹介
■シャトルの口コミ・評判は?
 ∟口コミからユーザーの評価をチェック
■ホンダの使い勝手の良いステーションワゴン!シャトル
 ∟おわりに

ホンダ シャトルとは?歴史と車名の由来!

フィットシャトル

出典:http://www.honda.co.jp/

シャトルのひとつ前のモデルの名前はフィットシャトル。今回はブランド力を高めるためにフィットの名前はつかなくなりました。

エアウェイブ

出典:http://www.goo-net.com/

そのまたひとつ前のモデルはエアウェイブです。継続生産はされていません。

シャトル

そして現在のシャトル。
最近、ASIMOで話題のホンダから発売される5ナンバーサイズのステーションワゴンです。シャトルは先進的でムーディな顔つきになり2015年5月にデビューしました。

使い勝手の良いボディーサイズの中に快適な積載力を持つパッケージングが凝縮されたデザインとなっています。現在販売されているシャトルは7色展開のボディーカラーが用意されています。

シャトルの車名の由来は?

「シャトル」という名前は「人と荷物を安全に、そして先進の技術で運ぶ」というスペースシャトルのイメージから来ています。
また「SHUTTLE=コンパクトステーションワゴン」というホンダ流の表現をわかりやすく伝えるためにこの名前になりました。

フィットシャトル

出典:http://openers.jp/

フィットシャトルはその名前のとおりフィットと同じフェイスマスクをしています。そしてフィットのステーションワゴン版として販売されていました。

出典:http://openers.jp/

インテリアもフィットと変わる部分はありません。軽く小さく設計されたIMAハイブリッドと1.3L i-VTECエンジンの組み合わせでした。

シャトル

出典:http://www.honda.co.jp/

新たに生まれ変わり、シャープでスタイリッシュなシャトルへと進化しました。モーターも新型のEV発進が可能な1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」になり新しい時代を感じさせるモデルに。

細かいスペックを確認していくとトレッドリア(後輪車輪軸)+15mm、全長+-0mm、全幅+-0mm、全高+5mm、室内長+20mm、室内幅+35mm、室内高+-0mm、グレードにより最大+50kgの車両重量、タイヤサイズは等しくなっています。

エンジンは1.3L4気筒ハイブリッドエンジンから1.5L4気筒ハイブリッドエンジンへ排気量アップと新世代モーターの導入が行われ、エンジンスペックは圧縮比+2.7、最高出力+22psプラスモーター+15.5ps、最大トルク+1.4kgf・mプラスモーター+8.3 kgf・mとなっており、燃費もグレードにより最大+7.8km/Lとなっています。

室内は少し広くなり、エンジンの排気量が上がり車重も50kgも増えていますが、低燃費を実現しています。

ホンダ シャトルの人気のオプションやグレードは?

カーナビゲーションシステム

シャトルのオプションとしてぜひ検討したいのがカーナビゲーションです。出来ればメーカー純正のホンダインターナビを選ぶと、ホンダで車検を受け続ける限り無料でリンクプレミアムクラブの多彩な情報が使えます。さらにリヤカメラやETCとも連動して操作方法もスマートフォンのように簡単に操作できるようになっています。

コンフォートビューパッケージ

出典:http://www.honda.co.jp/

シャトルのコンフォートビューパッケージとは、浸水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス+熱線入りフロントウインドウのセットオプションのことです。水滴や曇りを取り除くドアミラー、水滴をはじくフロントドアガラスは雨天時の視界を良好に保つことの出来る快適なアイテムです。

アルミホイール

出典:http://www.honda.co.jp/

シャトルのタイヤとしてアルミホイールを採用することをおすすめします。このタイヤを装備することで足元もカッコ良く演出できます。

シャトルのおすすめグレードは?

出典:http://www.honda.co.jp/

シャトルの最も売れ筋のグレードは「ハイブリッドX特別仕様車スタイルエディション」です。
このグレードは一つ下のグレードではオプションとなっているオートレベル付きのLEDヘッドライトやあんしんパッケージ、ダブルホーンや、本革巻ステアリング、プライムスムースxファブリックのコンビシート、Sモードスイッチにパドルシフトが最初から装備されているかなりお得なグレード。

車両価格は2,190,000円(税抜き価格 2,027,778円)となっています。

あんしんパッケージ

出典:http://www.honda.co.jp/

あんしんパッケージとは事故回避支援システム「シティブレーキアクティブシステム」とサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグの機能が備わっているパッケージです。このパッケージを追加しておけば守られる安心感が増えますね。

5ナンバーサイズワゴンとしてホンダから販売されるシャトルのマイナーチェンジ情報が入ってきました! 新型シャトルはどのような変化を遂げるのか最新情報をまとめました。

2015年5月に発売されたホンダの新型シャトル。ステーションワゴンでありながら燃費34.0km/Lと驚異的な数字をマークし話題になっています。しかしシャトルの魅力は燃費だけではないんです!今回はそんな新型シャトルの魅力をご紹介します。

次のページ