MOBY

日産 ジュークが新型にフルモデルチェンジへ!発売日は2017年でハイブリッド追加も?

日産のコンパクトクロスオーバーSUV「ジューク」。クーペとSUVを融合したような独特のフォルムを持ち、1.6Lの強力なターボエンジンを搭載します。そんなジュークが、フルモデルチェンジでハイブリッド車が設定されるという情報を入手しました。この記事では、新型ジュークについて、現時点での最新情報を基に紹介しています。

日産ジュークが初めて新型へフルモデルチェンジか!

日産 ジュークってどんな車?

日産のコンパクトクロスオーバーSUV「ジューク」は2010年に発売されました。
同社の「ノート」「キューブ」と同じプラットフォームを採用しており、クーペとSUVを融合させたフォルムのボディは非常にコンパクトです。

エンジンは直列4気筒1.5Lエンジンの他に、強力な直列4気筒1.6L直噴ターボエンジンを用意しており、コンパクトながらもSUVらしい力強い走りを楽しむことができます。

また、ジュークの4WD車に搭載された日産独自の4WDシステム「ALL MODE 4×4-i」は、ドライバーのハンドル操作と車の動きを捉え、前後のトルク配分を自動制御することで、雪道のような滑りやすい道での安定走行を実現しました。

安全装備はエマージェンシーブレーキと車線逸脱警報装置を標準装備し、アラウンドビューモニターもオプションに用意されています。

価格:197~346万円

コンパクトカーとSUVのクロスオーバー
「これまでにないコンパクトカー」を目指して開発された、新しいスタイルを提案する新型モデル。コンパクトスポーツとSUV、それぞれがもつ魅力を一つに結合したようなエクステリアデザインが採用された。エンジンには、燃焼安定性や燃費性能の向上に効果的な世界初となるデュアルインジェクターを採用。ミッションも副変速機(2段変速)を組み合わせた新しい構造の新世代型エクストロニックCVTとなっている。新しい装備としては、上級グレード、15RXのセンタークラスターに採用されたインテリジェントコントロールディスプレイだ。これは、エアコンの操作と3種類のドライブモードを一つの操作盤で行うことを可能にした省スペース型デバイスだ。

出典:

日産 ジュークのCM

ジュークの詳細はこちら!

新型ジュークにはハイブリッド車が登場!

現行型ジューク画像

ジュークの画像です。

新型ジュークのライバルはホンダ「ヴェゼル」

ヴェゼルの画像です。

新型ジュークには、ハイブリッドシステムを搭載したモデルが用意されると予想されています。

現在、国内で最も人気のあるコンパクトSUVはホンダ「ヴェゼル」ですが、現行モデルのジュークの燃費性能が【12.6~18.0km/L】なのに対して、ヴェゼルはガソリン車でも【19.0~20.6km/L】、ハイブリッド車は【21.6~27.0km/L】となっており、燃費性能に大きな差があります。

2015年1月~12月の新車販売台数もジュークが【9,622台】なのに対し、ヴェゼルは約7倍の【71,021台】を売り上げており、まさにヴェゼルは、現行型ジュークにとって越えることのできない大きな壁であると言わざるおえません。

ジュークとヴェゼルの比較記事!

1位に輝く圧倒的な存在のヴェゼル!

新型ジュークの燃費性能は?

ジュークがヴェゼルを超えるには、まず燃費性能で近づく必要があるでしょう。
サイズや価格帯はほとんど同じ両車です。個性的過ぎるデザインにも理由があるのかもしれませんが、スタイリッシュなヴェゼルと比較してハイブリッド車はおろか、ガソリン車の燃費でも差を付けられていたらジュークに勝ち目はなさそうです。

新型ジュークのパワートレインは、ダウンサイジングされた直列3気筒1.2Lターボエンジンに電気モーターを組み合わせた、ハイブリッドシステムになると予想されており、燃費は【27.0km/L】を超えることを目標としていると予想します。

プラットフォームには、ルノーと共同開発した「CMF(コモン・モジュール・ファミリー)」が採用されると予想されています。
「CMF」は軽量・高剛性なので、燃費の向上に大きく貢献することでしょう。

なお、他に「CMF」を採用した車両としては同社のSUV「エクストレイル」等がありますが、ジュークには新開発の中型車用プラットフォーム「CMF-B」が初採用されるとのことです。

「CMF(コモン・モジュール・ファミリー)」とは?

コモン・モジュール・ファミリー(CMF):ルノー・日産アライアンスの新たな開発手法

競争力の強化とシナジー効果の拡大ために、CMFは共有化を推進し、アライアンスが開発する車両の台数をかつてないレベルへと引き上げます。
1モデルあたりのエントリーコストを平均30~40%削減し、アライアンス全体の部品コストを20~30%削減
2020年までに5大陸に渡り、10カ国以上で展開
コンパクトとラージセグメントから適用し、年間160万台、14モデル (ルノーグループ:11モデル + 日産:3モデル) をカバー
コモン・モジュール・ファミリー(CMF)は、エンジンコンパートメント、コックピット、フロントアンダーボディ、リアアンダーボディ、電気/電子アーキテクチャーといった、互換性のあるビッグモジュールのかたまりをベースに、ルノー/日産アライアンスの車両で、1つまたは複数のセグメントをカバーするエンジニアリング・アーキテクチャーです。
つまり、CMFは単なるプラットフォームではなく、それは複数のプラットフォームを包含するものです。プラットフォームが水平なセグメンテーションとすれば、CMFはセグメントを跨いだ概念です。

出典:

新型ジュークEVが出るかも!?

日産「グリップス コンセプト」の画像

グリップス コンセプトの画像です。

「ニッサン グリップス コンセプト」は、斬新なデザインと最先端のハイブリッドEVパワートレインにより、ワクワク感あふれる仕上がりになっており、これまでのクロスオーバーに対する概念をくつがえすモデルです。クロスオーバーセグメントのパイオニアである日産が新たに打ち出した、未来のコンパクトクロスオーバーの姿を予感させるコンセプトモデルです。

出典:

上の画像は、2015年のフランクフルトモーターショーで発表された「グリップス コンセプト」というコンセプトカーです。「グリップス コンセプト」はEV(電気自動車)のクロスオーバーSUVです。新型ジュークはこのデザインに近いものになると予想されています。

日産が他の国内メーカーより得意とするEV。テスラモデル3で話題となり、国内や世界全体でのEV市場が大きくなることも予想されるため、新型ジュークはEVの可能性も十分にありえます。

しかし、「グリップス コンセプト」のサイズはジュークより一回り大きく、プラットフォームの「CMF-B」の大きさにも対応していません。

それに、EVとなると価格も高くなり、ライバルであるヴェゼルと同じ土俵で戦うこともできなくなってしまうので、仮にEVを導入するとしても、低速でのEV走行もできるハイブリッド車になるのかもしれません。

完全EVの新型ジューク「e-POWER」が発売!?【10月8日更新】

モーターのみで駆動する完全EVの新型ジューク、「ジュークe-POWER」が販売されると噂されています。しかし、販売価格を抑えてEV車を販売するとなると、バッテリーを必要最小限のものなるため、電力を補う発電専用1.2リッターガソリンエンジンが装備されると考えられています。

新型EVジュークはリーフに搭載されているEM57型モーターが装備されると言われています。スペックは最高出力109ps、最大トルク25.9kgf.m、JC08モード燃費目安約38km/Lだという予想。発売は2017年秋頃になるのではないかと言われています。

ハイブリッドやEVの違いを知ろう!

新型ジュークの海外画像

新型ジュークのフルモデルチェンジの時期が迫る中、海外のサイトから新型ジュークの画像が出てきました。上の写真が今回の海外サイトからの画像になります。
次期新型ジュークのコンセプト車として本記事でもご紹介している、「グリップス」と外観デザインが少し異なっています。

「グリップ」のどっしりとした面構えとフロントマスクの角ばった感じからスポーティー感を演出していました。しかし、今回の海外画像では、「グリップス」では感じられた角ばったフロントマスクが少し薄れている感じになり、少し落ち着いてしまった印象になっています。

公式的な発表ではないので、あくまで一つの噂というスタンスでこれからの新型ジュークのフルモデルチェンジ情報を見守っていきましょう!

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す