初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

“交通ルールをしっかり覚えてない人向け” 特に「間違えやすい道路標識」3選

車両通行止めと駐車禁止。あなたはこのふたつの道路標識を区別できますか?ベテランドライバーでも間違えやすい道路標識を集めてみました。これから運転免許学科試験! という方も、もう一度復習を。

①「車両通行止め」と「駐車禁止」

↑こちらが車両通行止め

↓こちらが駐車禁止

駐車禁止

上が車両通行止め、下が駐車禁止です。
こちらは色が違うだけなのでかなり間違えやすい標識です。
運転中にわからなくなってしまったら、近づかない方が良いかも?

しっかりと覚えましょう!

軽車両(自転車・荷車など)も通行できません。

「車両通行止め」は、この標識が設置されている場所では全ての車両がどちらからも通行することが出来ないという意味です。

出典:http://fukumaru-menkyo.com/

車両進入禁止→ここからこの道に入っちゃダメだよ。
車両通行止め→この道は車で走ったらダメよ。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

②「一方通行」と「左折可」

道路標識 一方通行

上が一方通行。下が左折可です。
どちらが先にできたんだろう?と不思議に思うくらい見事い色違いです。

一つ目の画像が一方通行、二つ目が左折可の標識です。
どちらが先にできたんだろう?と不思議に思うくらい見事に色違いですね。

周りが青塗りの方が一方通行で、矢印が青い方が左折可なのでしっかりと覚えましょう。

これって、上はご存じ 『一方通行』 の標識で、下が 『左折可の標示板』 ですね!

出典:http://hccweb5.bai.ne.jp/

青円に白色の矢印は「指定方向外進行禁止」
矢印の方向以外には進行してはいけません。

出典:http://www.ds-hitachi.co.jp/

③「一方通行」と「指定方向外進行禁止」

一方通行
指定方向外通行禁止 標識

一枚目の画像が「一方通行」で2枚目の画像が「指定方向外進行禁止」です。
一方通行区間は右左折も可能ですが、指定方向外進行禁止区間は矢印の方向にしか進むことができません。

こちらも標識の形が違うだけで、非常に紛らわしい標識なのでしっかりと間違いのないように注意しましょう!

一方通行:矢印の方向に行ってよし
指定方向外進行禁止:指定方向以外は行っちゃダメ

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

大抵、禁止したり指定したりする標識は主に衝撃的で情熱的な赤色などで示されるのですが・・・
「指定方向外進行禁止」は青色で示されているので見落とされやすいのかもしれません。

出典:http://progress-driver.com/

 五叉路の1本だけ一方通行でこちら向きなため、右斜め方向が進めません。
 以外と路線が広いので迷って入ってきた場合はこのダメな方向に行ってしまいそうになるかもしれません。

出典:http://www.nanghi.com/

観光地、住宅地では注意が必要

警笛鳴らせ

初めて訪れる観光地では特に道路標識に注意をしましょう。

中には「警笛鳴らせ」「警笛区間」などの見慣れない標識が思わぬところで出てくることもあります。

また、住宅地では一方通行と車両進入禁止に注意。
商店街のようなところでは、朝方と夕方だけ進入禁止になることもよくあります。

しっかりと交通ルールを覚えて運転しましょう!

この記事の執筆者

T.TAKUMIこの執筆者の詳細プロフィール

車やアウトドア、ファッションなどメンズライフスタイルについて執筆しているフリーランスライター。幼い頃に、父親とトヨタのルシーダで愛知から秋田まで10時間以上かけて里帰りしたことが車を好きになったきっかけ。趣味は靴磨きと旅行。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


    関連する車種/メーカー
    車種/メーカーから記事を探す