上級グレードの新型ダイハツ・ブーンシルクを徹底比較!上質感溢れるデザインに!

2016年4月12日にフルモデルチェンジされたダイハツ・ブーンシルクがブーンとどこが違うのかをご紹介します。内装や外装のデザインや価格の違いなどをご紹介しますので、購入検討中の方はご確認必須です!

4月12日にダイハツ・ブーンがフルモデルチェンジ!

新型ブーン

新登場ブーン シルク

2016年4月12日にダイハツ・ブーンがフルモデルチェンジされました。
前回のフルモデルチェンジは2010年に行われ、今回のフルモデルチェンジで3代目となりました。

今回のフルモデルチェンジでおもな改良点は、
①燃費性能の向上。
②居住空間の拡大。
③走行性能の向上。
④ブーンシルクの上級グレードの設定。
です。
この記事では、ブーンシルクについてご紹介します。
ブーンのスペックや価格、燃費などを知りたい方は下記のURLからご確認ください!

ダイハツ・ブーンがフルモデルチェンジして発売されました。今回のフルモデルチェンジで3代目になるブーンですが、どこが改良されるのでしょうか。新型ブーン&ブーンシルクのスペックや改良点、価格など気になる噂や予想、最新情報などををまとめてご紹介します!

ブーンシルクのデザインは?

スポーティーな外観

コンパクトカーの中でも、スポーティーなデザインに仕上がっています。
街中を走行中でも、より映えるのではないでしょうか。

丸目のライトがスポーティーさを感じさせます。
この丸目のライトはブーンシルクの一番の特徴と言ってもいいかもしれません。
また、ブーンシルクのフロントグリルはブーンのグリルと比較しても上質感を表現しています。

豊富なカラーバリエーション

ブーンシルクのグレードの場合、様々なカラーバリエーションの中から色を選ぶことができます。
先台のブーンの場合、少ないカラーバリエーションがやや問題でした。
今回のフルモデルチェンジでは、上級グレードであるブーンシルクが設定された上に、「18色」ものカラーバリエーションになりました。
ブーンシルクの色使いはモノトーンとツートーンがあり、モノトーンの場合は「11色」、ツートーンの場合は「7色」の中から選ぶことができます。

ブーンとブーンシルクの空間の違いは?

ブーンの内装

ブーン シルクの内装

内装もスポーティーなデザインで統一され、上質感のある内装になりました。
ブーンシルクでは、シートの色合いも1色だけでなく、黒基調でツートーンになっています。
また、起毛したシートが使われており、心地良い手触りになっています。
タコメーターもツートーンになっており、上質感で統一されたデザインになりました。

ブーンとブーンシルクの値段はどのくらい変わる?

ブーンとブーンシルクの価格比較です。
【ブーン Xモデル】
1,150,200円〜1,642,680円
【ブーン シルク】
1,431,000円〜1,853,280円
※2WDと4WDを含んだ価格表記です。

以上のような価格設定になっております。
20〜30万円の開きがあります。
ブーンシルクの中でも、2種類のグレードに分かれており、主な装備が異なります。
・ハンドルが革巻きかウレタン。
・14インチホイールがアルミかフルホイールキャップ。
・UVカット機能かスーパーUVカット機能の窓ガラス。
以上の装備の違いがブーンシルクの中でもありますので、購入時は確認が必須です。

上質感が格段にアップしたブーンシルクがかっこいい!

上級グレードが設定され、カラーバリエーションも圧倒的に増えて幅広いターゲットに合わせてつくられた車になりました。
安全装備においては「スマート・アシストⅡ」が搭載され、より一層の安全性の向上が実現しています。
安全性の向上からファミリーカーとしても使え、また、ブーンシルクは上質感あるデザインになったので、街中でのドライブが楽しく感じられると思います。

購入を検討している方は、グレードもそうですが、トヨタ・パッソも合わせてチェックしましょう!

合わせて読みたいおすすめ記事!

ダイハツ・ブーンがフルモデルチェンジして発売されました。今回のフルモデルチェンジで3代目になるブーンですが、どこが改良されるのでしょうか。新型ブーン&ブーンシルクのスペックや改良点、価格など気になる噂や予想、最新情報などををまとめてご紹介します!

トヨタ自動車は2016年4月に人気コンパクトカー「パッソ」をフルモデルチェンジします。このパッソがフルモデルチェンジでのように変わるのか解説します!廃止されるグレードや追加されるグレード、気になる燃費や価格、そして競合車(ライバル車)はどんな車ながあるのか等に触れながらご紹介します!

車の購入を検討している方必見の2016年に発表されるであろう、ダイハツの新型・モデルチェンジ情報をご紹介します。ダイハツの代表的な車の「ミライース」も2016年にモデルチェンジをするのではないかと噂されています。ダイハツにとって2016年はトヨタの完全子会社になる年でもあり、勝負の年になるのではないでしょうか。

2016年にダイハツを完全子会社化し、今勢いづいているメーカーであるトヨタ。 今回は2016年にリリースされる新型車・モデルチェンジ情報や囁かれている情報から、新型車・モデルチェンジの情報を予想します!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す