初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型パッソMODA(モーダ)新グレードを徹底比較|価格や燃費と性能は?

2016年4月12日に発売された新型パッソの新グレードMODA(モーダ)を徹底解説。新型パッソ MODA(モーダ)の価格や燃費と性能などエクステリアとインテリアの画像も合わせて紹介します。パッソとの違いや(MODA)モーダの特徴をいち早くまとめました!

新型パッソの新グレード「MODA(モーダ)」とは

MODA(モーダ)は新型パッソの上位グレード

トヨタ パッソ MODA G package 2016年

2016年4月12日に発売された新型パッソ。この新型パッソには、パッソとデザインなどで個性化を図ることで、より上品なモデルとしての位置付けとなった「MODA(モーダ)」が新グレードとして追加されています。

モーダは先代モデルで言えば、パッソ +Hanaのような位置付けです。基本性能は変わりませんが、インテリア、エクステリアともに、デザインや仕様が変わっています。一体どのような特徴があるのでしょうか。それではモーダについて解説していきましょう。

通常のパッソ新型モデルに関して詳しくはこちら!

新型パッソ 「MODA(モーダ)」の性能

モーダのエンジン性能

トヨタ パッソ MODA G package 2016年

新型パッソの新グレード、モーダは先代のパッソでも採用されていた直列3気筒DOHC 1.0リッターの高熱効率ガソリンエンジン「1KR-FE」を改良したものを搭載しています。

《モーダのエンジン改良ポイント》
・吸気ポートのデュアルインジェクター&デュアルポート化
・ピストン形状の最適化による高圧縮比化と低フリクション
・スパークプラグの改良による燃焼改善
・GRバルブの応答性向上によるEGR量拡大

さらにCVTの制御性能の見直しがなされたことで、発進直後の加速や追い越し時の加速性能が向上しました。

モーダの燃費

トヨタ パッソ MODA G package 2016年

上り坂では「坂道モード」制御システムを採用しています。JC08モード燃費は2WD(FF)車で28.0km/L、4WD車で24.4km/Lを実現。この数値はガソリン車トップクラスの燃費性能を誇っています。

モーダの安全性能「スマートアシストⅡ」搭載

トヨタ パッソ MODA G package 2016年

スマートアシストIIは、レーザーセンサーとソナーセンサーが付いているカメラが搭載された事故予防安全装置です。
JNCPN予防安全評価最高ランクを獲得しており、その安全性の高さはかなり高いと言えるでしょう。どのような安全性能なのか、詳しく解説していきます。スマートアシストⅡに搭載されているのは、主に以下の機能になります。

《衝突警報機能(対歩行者)》
約4~50km/h で走行している際、前方にいる歩行者を認識。事故の危険性が感じられる時、メーター内の警告灯と警告音でドライバーに危険を警告する機能です。

《車線逸脱警報機能》
約60km/h 以上の速さで走行している際、走行している車線からウィンカーを出さないで車両がはみ出しそうになった時に、メーター内の警告灯と警告音でドライバーに危険を警告する機能です。

これらのような新規の機能が追加されるだけでなく、従来の機能の性能も向上しました。

《衝突回避支援ブレーキ機能》
衝突回避支援ブレーキ機能は、約4~30km/hの速さで走行している時に前方にいる車を認識。衝突の危険を察知すると被害を減らすための回避行動をサポートします。
今回、性能が向上して、 約4~50km/hで走る車を認識できるようになりました。その際、緊急ブレーキが作動します。

《衝突警報機能(対車両)》
今までの衝突警報機能は、約4〜30km/hで走る車を認識して、衝突の危険を察知した場合に警告音と警告灯でドライバーに危険を知らせていましたが、スマートアシストⅡでは約4~100km/hにまで認識機能がアップしました。

次のページ

この記事の執筆者

安全太郎この執筆者の詳細プロフィール

なにごとも安全第一!車のおもしろ情報をメインに記事を書いていきます。よろしくお願いいたします。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK