ナンバープレートの不思議。「なにわ」ナンバーの謎に迫る!

どんな車にも必ず付いているナンバープレート。人気のあるナンバーは抽選だったり、こだわりのある番号を付けて楽しむ方もいますよね。ところで、そもそもナンバープレートってなんのためにあるのでしょうか。「いつから、なんのために?」今回はそんな謎に迫りたいと思います。またその中でも人気の「なにわ」ナンバーにピントをしぼって、まとめました。

ナンバープレートはいつ始まったの?

出典:https://en.wikipedia.org/

日本自動車の歴史によると、明治40年に純国産のガソリン自動車が誕生したそうです。
当時の日本の工業技術はまだ未熟であったため、走行が悪く国産化はなかなか成功しないという苦労も。

ナンバープレートは日本自動車の誕生と共に生まれたものなのです。

警視庁が公布した『自動車取締規則』では、車両『番号』を車体に直接描くか、長方形の標板に描いて車体にしっかり付けるかして表示することが義務づけられました。ほとんどの場合、車の所有者が自ら製作したプレートを取り付けていました

出典:http://news.mynavi.jp/

ナンバープレートの役割って?

ナンバープレートを取り付けてあるということは、きちんと自動車保有のための手続きをとっているという証明でもあります。
また、「世界に1つのナンバー」なので何か問題を起こした場合、不審車両を特定するのにとても重要なものでもあります。

<ナンバープレートの機能>
○本来的機能
ナンバープレートが取り付けられていること自体によって発揮される機能
(1)道路運送車両法上の本来の機能
① 自動車登録の外形的表示
② 登録時の保安基準適合性の表示
(2)車庫法等の他法令を根拠とする手続も履行されていることを推定させる役割
自動車の登録の時点で、以下の手続が履行されていることの推定
① 自動車保管場所証明
② 自動車損害賠償責任保険契約の締結
③ 自動車重量税の納付

出典:http://www.mlit.go.jp/

大阪府内のナンバーは、どんなものがあるの?

出典:https://ja.wikipedia.org/

大阪府内にあるナンバープレートは「大阪」「なにわ」「和泉」「堺」の4種類。
ちょっとややこしいのですが、大阪市内は「大阪」ではなく「なにわ」ナンバーなのです。

なにわ(大阪市):当初から大阪市に陸運支局(現:運輸支局)があれば「大阪」なのでしょうが、あとから事務所ができたため、地域名である「なにわ」を名乗っています。

出典:http://www.k5.dion.ne.jp/

なぜ、「なにわ」ナンバーはひらがななの?

「大阪」が使えないため、大阪市域の古称・別称である「なにわ」が採用されている。平仮名表記となった理由は定かではないが、漢字表記が「浪速」「難波」「浪花」「浪華」と複数存在することが一因として考えられる。

出典:https://ja.wikipedia.org/

「なにわ」ナンバーがひらがなことにはこんな理由があったのですね。
また大阪といえば「なんば」ですが、「なんば」ナンバーというのは存在しません。

ナンバープレートを読み上げる際、「なんば」ナンバーと伝えるときに聞き取りにくいからではないかという説もあります。
警察の無線などでいちいち「え?」と聞き返していたら時間の無駄ですものね(笑)。

「なにわ」ナンバーってどんなイメージ?

出典:https://goo.gl/

Q.男性が運転する車のナンバープレートの地名について一番かっこいいと思うのは?(複数選択可)
1位「品川」……33.3%
2位「横浜」……25.2%
3位「世田谷」……17.1%
同率3位「湘南」……17.1%
5位「神戸」……8.1%
6位「富士山」……7.3%
7位「札幌」……4.1%
8位「練馬」……3.2%
同率8位「なにわ」……3.2%
同率8位「沖縄」……3.2%

出典:http://woman.excite.co.jp/

見事8位にランクインしています。
「なにわ」の強いイメージに女性がグッとくるのかもしれませんね!

一方で、何となく怖いという意見も多数ありました。
なにわ金融道などで広まった、言葉のイメージもあるのかもしれません。

今後も気になる「なにわ」ナンバー

ナンバープレートについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

「なにわ」ナンバーは大阪市内の登録車両のみが名乗れるステータス、とも言えるようです。
地名によって様々なイメージがあり、興味深いですよね。

今後「なにわ」ナンバーを見かけたら親近感を持って見てしまいそうですね。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す