MOBY

【教えて!自動車保険】全労済「マイカー共済」の特徴やデメリット、保険料はどう?

全労済「マイカー共済」をご紹介します。他の保険会社の自動車保険と何が違うのか?メリット、デメリット、保険料など、保険選びのポイントなる事柄にスポットライトを当て、保険選びの参考となる情報を簡潔にまとめています。全労済の保険料には他にはない独自の仕組みが??

全労済とは?

出典:https://www.zenrosai.coop/

全労済の正式名称は「全国労働者共済生活協同組合連合会」で、共済事業を行う協同組合の一つとなります。
労働組合の共済活動を全国的な組織として結成されたのが、その始まりとなっています。
いわゆる「生協」の一つです。

全労済と他の保険会社の違いとは?

自動車保険

出典:http://car-kuruma-hoken.com/

全労済は前項でご紹介しました通り、「組合」ですので、営利目的の株式会社とは組織の性質が基本的に全く異なってきます。
全労済は非営利となります。
このため、保険料という言葉は使わず「掛金」という表現になっています。
一般の保険会社の保険料の中には保険会社の利益が含まれているのですが、掛金には、組合の利益が含まれていません。
営利目的の会社の保険と比較して相対的に保険料が安いとよく言われているのが「全労済」です。

また、日本の株式会社、外資系の保険会社のほとんどは「損害保険料率算出機構」という組織に加盟していますが、全労済は加盟していません。
このため、他の保険会社とは異なる保険料の設定や仕組みなどが存在します。
この点はこの記事で順次ご紹介していきます。

全労済の自動車保険「マイカー共済」とは?

出典:http://www.zenrosai.coop/

便宜上、「自動車保険」と記していますが、正しくは「共済」となります。
法規上、共済と保険は区別されていますが、内容は同じです。
因みに、生命保険は、生命共済、医療保険は医療共済となります。

具体的な補償内容については、次の項からご紹介していきます。

全労済は他の保険会社と異なり、株式会社などの企業ではなく組合であるため、「代理店型自動車保険」という位置付けはありません。
申込方法は、全労済窓口での手続きや郵送の他、インターネットから直接申込む方法もあります。
ダイレクト型(インターネット通販型・直販型)の性質も併せ持っています。

「全労済」は誰が加入できるの?

基本的には誰でも加入できます。
共済(保険)に加入するには、組合員にならないといけませんが、保険に入る=組合に加入することになります。
組合に加入するといっても、面倒な手続きや、加入後の組合員としての活動などは一切ありません。

全労済の自動車保険の補償内容とは?

出典:http://www.zenrosai.coop/

他の自動車保険とは少し異なる構成となっています。
事故の相手への補償となる「対人賠償」、「対物賠償」、自分自身への補償となる「人身傷害補償」が基本の補償とし、搭乗者への補償は特約での扱いとなっています。
車両保険は「車両損害補償」という名称となっていますが、補償内容は他の保険会社の自動車保険と遜色ありません。
また、自損事故保険も特約扱いとなっていますが、これも他の保険会社の補償内容と遜色ありません。

保険の名称(「保険」ではなく「共済」という名称となりますが)や構成が独特ではありますが、他の保険会社と比べて補償がない点は見当たりません。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す