【軽自動車徹底比較】スズキ ハスラーvsホンダ N-BOX│ライバル車対決

スズキの「ハスラー」とホンダの「N-BOX」。両車とも人気のある軽自動車で、ライバル関係にもあります。この記事では、そんな人気軽自動車である両車の性能や価格を徹底比較しています。

スズキ ハスラーってどんな車?

「遊べる軽」のキャッチコピーでお馴染み、スズキのハスラーは2014年に発売された軽クロスオーバーSUVです。

キャッチコピー通りの遊び心に溢れた個性的なエクステリアデザインや、ゆとりある室内空間、卓越した走行性能を持った本車は発売後、瞬く間に人気車種の仲間入りを果たしました。

また、グッドデザイン賞をはじめ、日本自動車殿堂カーオブザイヤー(スズキ車では初)、RJCカーオブザイヤー、オートカラーアウォード2015グランプリといった、数々の賞を総なめにしています。

軽ワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの軽自動車
コンセプトは「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」。軽ワゴンの広い室内空間と、個性的なSUVテイストのデザイン、大径15インチタイヤなどによる高いラフロード走破性が兼ね備えられている。エンジンは660ccのNAとターボで、全グレードで2WDか4WDを選択できる。エントリーグレードを除く4WDのCVT車には、急な坂を下る際に車速を約7km/hに維持する「ヒルディセントコントロール」と、雪道などの滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」が軽自動車として初めて採用されている

出典:http://www.isize.com/

ハスラーのCM

ハスラーの更に詳しい情報はこちら!

ホンダ N-BOXってどんな車?

N-BOXはホンダが2011年から販売している軽ハイトワゴンです。

室内空間の広さは軽自動車の中でもトップクラスを誇り、安全性能においては「シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)」を搭載し、予防安全性能評価において最高ランクを獲得しています。

また、2012年、2013年、2015年度における軽四輪車新車販売台数ではNO.1を記録しました。

次世代軽自動車用プラットフォームを採用した超ハイト系軽ワゴン
魅力ある軽自動車ラインナップを新たに構築するべく、ホンダが開発した共通プラットフォームがNプラットフォームだ。そのシリーズの第1弾が、スーパーハイトワゴンのN BOXになる。このプラットフォームによる新たなNコンセプトは、空間のゆとりが第一に据えられているという。フィットなどにも採用されるセンタータンクレイアウトを組み合わせることで、ホンダのミニバンの魅力をそのまま軽サイズに凝縮。容積を定員で割った一人当たりの空間は、ミニバン以上の快適な空間が実現された。ノーマルタイプとスポーティなカスタムの2シリーズがラインナップされる。パワートレインは新世代の軽専用エンジン&CVTで高い環境性能も実現された。

出典:http://www.isize.com/

N-BOXのCM

N-BOXの詳細はこちら!

ハスラー対N-BOX エクステリアを比較!

ハスラー エクステリアデザイン

■ボディ寸法
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,665mm

ハスラーは個性的で人目を惹く、お洒落で可愛らしいデザインが特徴です。
ポップな色合いは女性からの人気も高く、SUVが持つ武骨さも感じさせません。

N-BOX エクステリアデザイン

■ボディ寸法
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,780-1,800mm

N-BOXは全長と全幅がハスラーと同じですが、全高はハスラーより高くなっています。
室内空間を最大限広くするため、ボディは箱状に設計されており、見る物に引き締まった印象を与えます。

ハスラーとN-BOXはデザインの方向性が全く違うので、自分の感性に従って選べば、迷うことは無いかもしれません。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す