MOBY

ホンダ新型SUVアヴァンシア(Avancier)北京で世界初公開|UR-V最新情報も

ホンダが北京モーターショー2016にて新型モデルのSUVアヴァンシア(Avancier)を世界初公開しました。当初UR-Vと予想されてた3列7人乗りSUVであるアヴァンシアの画像とスペックや価格、発売日などご紹介します。

ホンダが新型SUVを北京モーターショーで世界初公開!

「Concept D」の量産モデル!

Honda-Concept-D

出典:http://www.carscoops.com/

ホンダが新型SUVを2016年4月25日開幕の北京モーターショー2016にて世界初公開しました。

新型SUVは昨年の上海モーターショーにて発表されたコンセプトモデルのSUV「Concept D」の量産モデルとされ、現在発売され日本でも大人気のコンパクトSUVの「ヴェゼル」や、日本での販売は多くありませんが世界では大人気のSUV「CR-V」の上位モデルとなり、ホンダのクロスオーバーSUVモデルを引っ張るフラッグシップとなるため、世界における販売で非常に重要な車種となります。

その他、北京モーターショー2016ではアキュラの新型SUVや、マツダの新型CX-4、インフィニティのSUVコンセプトなどが公開されます。

マツダCX-4の最新情報はこちら!

ついに開幕!ポルシェ、マツダ、ホンダ、日産、トヨタ、アキュラから世界初公開モデル目白押しの<北京モーターショー2016>新型車をまとめてチェック!

ホンダ新型SUV「アヴァンシア(Avancier)」!

ホンダ アヴァンシア(Avancier)

出典:http://www.carscoops.com/

北京モーターショーにて初公開されたホンダの新型車「AVANCIER(アヴァンシア)」。

デザインはホンダの中でフラッグシップ(最上級)のSUVモデルにふさわしく、ヘッドライト、フォグランプ、グリルなど高級感のあるデザインとなっています。

アヴァンシア フロントデザイン

ホンダ アヴァンシア(Avancier)

アヴァンシア リアデザイン

ホンダ アヴァンシア(Avancier)

ホンダ アヴァンシア(Avancier)

アヴァンシア 内装・インテリア

ホンダ アヴァンシア(Avancier)内装

ホンダ「ヴェゼル」や「CR-V」に似たホンダのフェイスデザインではありますが、LEDランプもふんだんに使用しています。
CR-Vの上位に位置するため、3列シート7人モデルとなるでしょう。

内装はいくつかラインナップされると思いますが、公開された画像は黒を基調にした上質なレザー仕様になっています。

参考画像)ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルの画像

参考画像)ホンダ CR-V

2015年度も日本国内でのSUVカテゴリにおいて販売台数トップとなったヴェゼル(海外名HR-V)。
ホンダの日本国内全モデルの年間販売台数に匹敵するほど世界では大人気のCR-V。

BMWやベンツ、アウディやマツダと同じく、サイズやスペックは違えど、ホンダもメーカー内でフロントデザインを統一しており、主力モデルのフィットや次期フリードも同じフェイスとなります。

AVANCIER(アヴァンシア)は日本国内では復活モデル?

2003年に販売終了したアヴァンシア

出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダが以前、日本国内で販売していたモデルに、アヴァンシア(Avancier)というステーションワゴンがありました。

今回北京モーターショーで発表されたSUVの新型アヴァンシアが、日本モデルの復活版や後継モデルなのかどうか、現時点では不明ですが、同じ名前が使用されています。
中国国内での車種名は「アヴァンシア」で、日本国内や世界では販売される際には車名を変えてくる可能性もあります。
以前現地の中国メディアに報道された名前「UR-V」になるかもしれません。

新型アヴァンシアのスペック!

新型アヴァンシア公式動画

3列7人乗り仕様の大型SUVであるアヴァンシアに搭載されるパワートレインは、排気量2.0L の4気筒ターボエンジンであり、ホンダが独自に開発する9速のオートマチックトランスミッションであり、また後からハイブリッドモデルも追加されることはわかっています。

以下は予想スペックも含まれています。

■搭載エンジン
・排気量2.0L直噴4気筒ターボエンジン

ディーゼルエンジンがメインとなり、遅れてアコードハイブリッドを応用したハイブリッドの導入に。
ライバル車となる3列シート7人乗りは燃費が良いモデルが多くないので、燃費性能で確実に勝ってくると予想します。
スポーツハイブリッドシステム搭載モデルで燃費性能は最大27km/L程度(JC08モード)になるのではないでしょうか。
■9速トランスミッション
■3列シート7人乗り
■ボディサイズ
・全長4800mm
・全幅1850mm
・全高1720mm
全長はライバルとなるエクストレイルやランドクルーザープラドより若干大きくアウトランダーと同じくらい、全高はエクストレイルやCX-9に近いサイズと予想します。

公式のスペックが公開され次第更新致します。

新型アヴァンシアの価格と発売日、日本復活は?

ホンダ アヴァンシア(Avancier)

出典:http://www.carscoops.com/

アヴァンシアの発売日と価格予想!

アヴァンシアの発売日は2016年10月~12月に中国国内にて販売が開始されるということです。

大型SUVは日本国内では販売が伸びないため、ホンダからの日本導入の発表はいまのところございませんが、導入されるとすれば日本発売日は2017年内であると予想します。


価格は公式の発表がないため予想となります。

価格はもちろんCR-Vより高くなります。
CR-Vの新車価格は257万円から336万円。

3列シート7人乗りのライバル車の価格から判断すると、エクストレイルとアウトランダーよりは高く、ランドクルーザープラドよりは低価格になるのではないでしょうか。
エクストレイル(7人乗り)の新車価格は248万円から325万円。
アウトランダー(PHEVでない)の新車価格は252万円から321万円。
プラドの新車価格は334万円から513万円。

よって新型アヴァンシアの価格予想は、290万円から400万円程度ではないでしょうか。。

姉妹車となる新型UR-Vの画像もリーク

中国メディアがリークした新型UR-Vの画像

出典:http://paultan.org/

ホンダは中国に、二つの合弁会社をもっており、書く会社共ホンダの自動車を販売していますが、これまでご紹介してきた、新柄アヴァンシアは东风本田汽车有限公司(Dongfeng Honda)が販売する新型SUVです。

対して、この新型UR-Vはもう一つの合弁会社である广汽本田汽车有限公司(Guangqi Honda)が新たに発売するものとされています。

基本的には、アヴァンシアとベースやパワートレインなどは共有していてスペックはほぼ同じと見られています。
ただ、リークされた画像を見ても分かる通り、フロント、リアデザインなどについては差別化されています。

UR-Vも中国市場向けか

アヴァンシアと同じく、7人乗りで速9ATなど、SUVとして非常に魅力的な選択肢になりそうなUR-Vですが、こちらについても中国専売モデルになると見られています。

そのため、残念ながら、日本への導入の可能性は低そうです。

新型UR-Vの価格や発売日は?

気になる新型UR-Vの価格や発売日についてですが、現在のところ明らかになってはいません。

ただ、ベースを同じくする姉妹車なので、基本的に価格については新型アヴァンシアと同程度になると思われます。

発売日についても情報はありませんが、すでにほぼ完成形と見られる画像がリークされているので、近いうちに発表されるのではないでしょうか。

アヴァンシアとUR-Vの2台を中国に投入するホンダ

ホンダは中国市場にかなり力を入れているようで、2台もの新型SUVを中国市場に投入します。

日本メーカーの新しいSUVが日本市場に導入されないのは非常に悲しいですね。

特に、今回のアヴァンシアとUR-Vは7人の乗りで日本にも需要のありそうなモデルだけに日本への導入を信じたいところです。

おすすめの関連情報!

ついに開幕!ポルシェ、マツダ、ホンダ、日産、トヨタ、アキュラから世界初公開モデル目白押しの<北京モーターショー2016>新型車をまとめてチェック!