【軽自動車徹底比較】スズキ ハスラーvsダイハツ タントカスタム│ライバル車対決

スズキのハスラーは軽トールワゴンとクロスオーバーSUVの特徴を併せ持った軽自動車です。ダイハツのタントカスタムは人気の軽トールワゴンであるタントのスポーティモデルです。この2台を、価格、デザイン、エンジン性能、室内空間、人気などで比較しました。あなたならどちらを選びますか?

スズキ ハスラーってどんな車?

ハスラーの画像

出典:http://www.suzuki.co.jp/

出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキのハスラーは2014年に発売されたクロスオーバーSUVタイプの軽自動車です。
軽トールワゴンの特徴とクロスオーバーSUVとしての特徴を併せ持った新しいタイプの車として人気を博しています。

クロスオーバーSUVとは乗用車ベースのスポーツ・ユーティリティ・ビークルで、SUVの多目的性と乗用車の快適性を兼ね備えているとして人気のジャンルとなっています。

スズキのハスラーは「遊べる軽!」のコンセプトのもと、家族乗りや趣味の車として幅広く受け入れられ、スズキの軽自動車分野で大きく売り上げを伸ばしました。

マツダにフレアクロスオーバーとしてOEM(他社ブランド販売)供給もされています。

スズキ ハスラーのCM

スズキハスラーの詳細情報はこちら!

ダイハツ タントカスタムってどんな車?

タントカスタムの画像

出典:http://www.daihatsu.co.jp/

タントカスタムの画像

出典:http://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツのタントカスタムは2003年に発売されたタントシリーズの派生車種です。
2013年にフルモデルチェンジして3代目となりました。

タントシリーズは車高が高く箱型デザインの軽トールワゴンです。
3代目モデルも2代目で搭載されたミラクルオープンドアを備え、さらに助手席のスライド幅の拡張、後席のフルフラット化など乗降性能がパワーアップしています。

タントカスタムはタントのスポーティモデルとして設定され、エクステリア、インテリアの高級感がアップしています。

助手席側の中央の柱はドアに内蔵されており、剛性を高めたボディで強度も保っています。
衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能などを備えてスマートアシストⅡを搭載。
予防安全性能評価でも最高ランクを獲得しています。

ダイハツ タントカスタムのCM

タントカスタムの詳細情報はこちら!

ハスラーとタントカスタムの価格、燃費などコストパフォーマンスを比較!

ハスラーの価格は、
Aグレードが107万円~119万円です。
G・Gターボが、116万円~152万円です。
X・Xターボが、146万円~171万円です。

タントカスタムの価格は、
152万円~187万円です。

タントのスポーティプレミアムモデルであるタントカスタムは全体的に若干高めの値段設定になっています。
スマートアシストⅡを搭載したグレードは無しのものに比べて6~7万ほど価格が高めに設定されています。

ハスラーとタントカスタムの燃費も比較!

ハスラーの燃費は、
Aグレードが、24.2km/L~26.6km/Lです。
G・Gターボが、25.6km/L~32.0km/Lです。
X・Xターボが、26.2km/L~32.0km/Lです。

タントカスタムの燃費は、
24.6km/L~28.0km/Lです。

簡易型のハイブリッドシステムを導入しているモデルはハスラーが燃費でやや勝りますが、ガソリン車ながらタントカスタムもかなりの良燃費です。

次のページ