VW ザ・ビートルターボ vs MINI JCW!トップグレード2車種を徹底比較

幅広い年齢層から支持を得ているビートルとMINI。男女問わず人気のある理由としてファッショナブルなスタイリングとスポーツ性にあります。女性だけでなく男心も掴んで離さないその魅力に迫ります。

ビートルとMINIってどんなイメージ?

ビートルとMINIと聞くとどんなイメージがありますか?
昔からあるクラシックな雰囲気の車、ポップなカワイイデザインの車。そんなイメージでしょうか?

ビートルとMINIの共通点として老若男女問わず人気があることが挙げられます。それはなぜでしょうか?
考えられる理由のひとつに、普段使いからスポーツ走行までできる幅広いグレード設定があります。

実はビートルとMINIはスポーツカーとしても人気が高いのです。
カワイイだけでは終わらないその性能に男性ファンも多く存在します。
今回はビートルとMINI、それぞれのトップグレードを徹底比較していきます。

それぞれのトップグレードってどんな車?

ビートルのトップグレードは「ザ・ビートルターボ」MINIのトップグレードは「MINIジョンクーパーワークス」(以下MINI JCW)というネーミングでどちらも2.0リッターターボエンジンを搭載しているのがポイントです。

エンジンだけでなくベーシックグレードとは見た目もかなり違い、スポーティな印象です。

ザ・ビートルターボとMINI JCWのエクステリア比較

ザ・ビートルターボ

ビートルターボ

ビートルターボ

出典:http://www.goo-net.com/catalog/VOLKSWAGEN/THE_BEETLE/10085080/

ポップなフロントマスクはポルシェ911とどこか似てなくもないデザインです。
さらに後方に向かって流れるルーフは初代から継承されるデザインですが、ザ・ビートルターボではリアスポイラも装着され、スピード感溢れる雰囲気を併せ持ちます。

ホイールは18インチで車格からするとかなり大胆な大きさです。

MINI JCW(ジョン・クーパー・ワークス)

ミニ ジョン・クーパー・ワークス

MINI JCWは、ザ・ビートル同様どこかかわいい雰囲気が残りますが、マフラーはセンター2本出しになっており、フォグランプを取っ払った代わりにエアダクトを装着するなど、至る所にスポーティさを感じます。

ホイールはザ・ビートルターボと同じ18インチで大型のブレンボ製ブレーキキャリパーが目立ちます。

ザ・ビートルターボとMINI JCWのボディサイズ比較

【ザ・ビートルターボ】
全長:4270mm
全幅:1815mm
全高:1495mm
重量:1380kg

【MINI JCW】
全長:3875mm
全幅:1725mm
全高:1430mm
重量:1280kg

大体同じくらいの大きさかと思っていましたが、全長はビートルが40cm近く長く、車重もちょうど100kg重くなっています。
ボディの空気抵抗はなんとなくビートルの方が優位にも見えますがこの重量の差も走行に影響してくると考えられます。

次のページ