初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

おしゃれなミニクーパーの年間維持費まとめ!MINIの車検費用や税金は?

イギリスが生んだ大衆車、「ミニ」。そのスポーツモデルであるミニクーパーは、個性的な外観と高い走行性能が魅力です。輸入車といえば高いイメージがあり、その維持費もどれ位になるのか分かりませんよね?この記事では、そんなミニクーパーの意外な維持費の実態について、車検費用や税金、年間のガソリン代もまとめて紹介しています。

ミニクーパーってどんな車?

ミニ クーパー 2000年型

旧ミニクーパー(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)

ミニ(MINI)は、イギリスの自動車メーカー「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」が1959年に発売した車です。
自動車として、必要最小限の要素で構成されたシンプルな設計のミニは、発売当時革命的とまで言われ、瞬く間にイギリスを代表する大衆車へと上り詰めました。

ミニクーパーは、ミニをスポーツモデルとしてチューンしたモデルで、1960年代のレース界を席巻したその実力は、モンテカルロ・ラリーで3回の総合優勝を果たすほどでした。

生まれ変わったミニクーパー(BMW)

ミニ ジョン John クーパー ワークス クラブマン 2016年型

40年以上にわたり販売が続けられているミニブランドですが、その間には紆余曲折があり、販売会社の名前も何度も変わっています。
1994年には、ミニに関する全権利を取得したBMWが新たなミニの開発を開始しました。

そして2001年に発売された新生ミニが、今日におけるミニの初代モデルなのです。

2013年に発売された3代目モデルのミニクーパーは、0-100 km/h加速は7.9秒、最高速度は210km/hにも達し、かつてのミニクーパーと同じく高い走行性能を持つスポーツモデルとなっています。

この記事では、そんな3代目ミニクーパー3ドア(F56型)を基準に、車検費用や税金といった維持費をまとめています。

ミニクーパーの価格は?

ミニクーパーの新車価格

ミニ john ジョン クーパー ワークス 2015年型

ミニクーパー(3ドア)の新車・中古車価格は以下の通りです。

・ミニクーパー新車MT車価格:226~398万円
・ミニクーパー新車AT車価格:240~415万円

ミニクーパーは中古市場で人気が高く、その価格帯は幅広く揃えられています。
比較的流通量も多いので、新車に拘りがなく少しでも安く手に入れたいなら、中古車という選択肢もありでしょう。

ミニクーパーの最新中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


ミニクーパーの燃費、年間のガソリン代は?

ミニ 3ドア クーパー SD 2016年型

ミニクーパー(3ドア)の燃費は、JC08モードで以下の通りです。

MT車燃費:15.8~20.2km/L
AT車燃費:17.6~19.2km/L

ベースグレード「クーパー」の燃費は、MT車が19.2km/L、AT車が17.9km/Lとなっています。

▼ミニクーパーのガソリン代
・40Lのタンクを満タンにすると:4,560円
・年間でかかるガソリン代:88,993円

上記ガソリン代数値は、通勤等にも頻繁に使用すると仮定し、以下の条件で計算したものです。
・年間走行距離:10,000km(1日20km~30km運転)
・実燃費:12.81km/L(カタログ値の70%)
・ガソリン価格:114円/L(2016年現在のハイオク価格)

計算には以下のサイトを使用させていただきました。
また、車を買い物やドライブ等で週末のみ利用する家庭の場合、年間のガソリン代はこれよりも安くなります。

ミニクーパーに保証は?修理費はどのくらいかかるの?

ミニの新車には、3年間の保証が無料で付いてきます。
更に、延長保証プログラムである「MINI WARRANTY +」に加入すれば、無料保証期間の終了後も最長2年間の無償修理が受けられます。

延長保証期間中は24時間対応の「MINIエマージェンシーサービス」に加え、3年間の「タイヤパンク補償」「ホイール補償」が受けることができます。

「MINI WARRANTY +」の料金は、1年延長プランが【41,000円】、2年延長プランが【84,800円】となっています。

「MINI WARRANTY +」の内容

■ 安心の無償修理
 万一のトラブル発生時にも、延長保証の条件に従って無償修理が受けられます。
■ 走行距離は無制限
 延長保証期間中であれば、お車の走行距離にかかわらず保証されます。
■ MINIエマージェンシー・サービスも付帯
 路上におけるさまざまなトラブルの際には、専任スタッフが24時間365日、お電話であなたをサポートいたします。
■タイヤ&ホイール補償が無償で付帯
 初度登録日から3年間にわたり「タイヤパンク補償」「ホイール補償」が受けられます。
 ※補償期間(3年間)中、いずれか1回限りの補償となります。
■ お支払はMINI オートローン、MINI Cardの利用が可能
 MINI オートローンへの組込みや、MINI Cardによるお支払もOKです。

出典:http://www.mini.jp/

ミニクーパーの修理費用は?

ミニクーパーの修理費用は、専用部品が故障した場合、国産車に比べて10~30%割高です。
例として、ブレーキ部品の交換で7万円(国産車1~5万円)、パワーウィンドウの修理で3万円(国産車1~1.5万円)となっています。

ミニクーパーの車検費用は?

ミニクーパーの重量は1.5トン以下なので、中型車に分類されます。

この場合の法定費用は、重量税+印紙代+自賠責保険で44,646円となりますが、ミニクーパー3ドアAT車の場合、エコカー減税で重量税15,000円が50%減の7,500円となるので、2回目の車検までは法定費用が37,140円となります。

これに交換部品等の諸費用を加えた、約20万円がミニクーパーの車検費用の相場です。
やはり輸入車の場合、国産車に比べて車検費用も高くついてしまいます。
車検についての詳細は、以下の記事でご確認ください。

ミニクーパーの税金・エコカー減税は?

ベースグレードのクーパー3ドアAT車に掛かる税金は、自動車取得税が60%・自動車重量税が50%減税されるので、以下の通りとなります。

・自動車税:34,500円
・自動車取得税:28,000円(60%免税)
・自動車重量税:7,500円(50%免税)
 ※2回目以降車検からは15,000円

自動車の税金に関しては、以下の記事に詳しく書かれていますのでご確認ください。

ミニクーパーの年間維持費はこれだけかかる!

ミニ クーパー S ONE ワン 2014年型

ミニクーパー本体にエコカー減税を適用した場合の年間維持費を算出すると、以下のようになります。

・自動車税:34,500円
・車検費用:100,000円
・任意保険料:60,000円(平均相場)
◆合計:194,500円

▼車検費用:100,000円内訳(一年分)
∟重量税:3,750円
∟自賠責保険料:13,920円
∟印紙代:900円
∟車検基本料:81,430円

エコカー減税の適用期間が終了した場合は、減税分の3,750円を足した【198,250円】がミニクーパーの年間維持費の参考金額となります。
※車検は2年ごとなので、ミニクーパーの車検費用の相場である20万円を2で割って、1年分として表記しました。

輸入車の維持費は高い?

ミニクーパーの年間維持費は最低でも【20万円】、これに年間のガソリン代【8万9千円】と駐車場年間料金の全国平均【9万5千円】を足すと、【38万4千円】となります。

国産車の年間維持費の平均が約30万円前後だということを考慮すると、少々割高ではありますが、ミニクーパーの維持費が特段高い様には思えません。

部品が高いということは、当然それに見合った品質があるということであり、加えてオンリーワンの魅力をミニクーパーは持っています。
そんなわけで、輸入車は高価すぎて手が届かないと思い込んでいた人には、ミニクーパーをお勧めします!

維持費自体の詳細な記事はこちら!

ミニクーパーに関するこちらの記事もおすすめ!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK