【教えて!自動車保険】車両保険への加入や更新は必要?車両保険の仕組みと特徴を徹底解説

車両保険は加入した方がいいの?更新した方がいいの?という疑問にズバリお答えいたします。車両保険の仕組みをわかりやすくご紹介!加入すべきかどうか、更新すべきかどうかのポイントに絞り込んでご回答!複雑に感じる車両保険の仕組みも、これでスッキリ!?

車両保険は必要か?加入するべき?

任意保険

自動車保険の必要性を知る為にはまず、車両保険の特質をご理解いただくとよろしいでしょう。

自動車保険の特質は「事故を起こしたとき、被害者の損害を補償するための対人賠償保険や対物賠償保険とは大きく異なり、自分の財産となる自動車に起こった損害を補償する保険である」ということです。

そこで重要となってくるのが自分の自動車が「保険会社の定める価値と支払う保険料のバランス」が合理的であるかどうかということになります。

よく言われているのが「新車には車両保険が必要」「年式の古い車は車両保険が不要」というものです。

これは大雑把には合っていますが、車両保険の仕組みをよく理解すれば、自ずと自分の車に車両保険に加入すべきかどうかの重要性がわかってきます。

【参考リンク】自動車保険の基礎知識

車両保険、自動車保険の基礎知識を次のリンク先の記事でわかりやすくご紹介していますので、合わせてご覧ください。

中古車相場とは異なる保険での車の価値

自動車保険

車両保険の保険金額は、保険会社が設定した時価に基いて設定されるため、仮に中古車相場でプレミアがついていたとしても、その時価は変わりがありません。この車の時価はどの保険会社でも一律同じです。

この背景には、無名な一部な保険会社を除き、ほとんどの保険会社が「損害保険料率算出機構」に加盟しており、保険料の計算方法、車両保険のときの車の時価などが一定に算出されている、といったものがあります。

どこまで補償してくれるのかといった車両保険の保険金額は、あくまで車の初年度登録から経過した時価が基となっています。
そして、保険金額は保険の対象となっている車両の市場価格以上に設定することはできません。

例えば、全損となる事故を起こしたときの補償は、そのときの保険会社が定めた時価を基にした保険金が支払われるのみです。
この仕組みが原因で、支払う保険料に対して十分満足のいく保険金額とならないケースを発生させてしまっていたりもします。

車の価値は1年毎に下がっていきます。

中古車相場

出典:http://中古車売る相場.net/

新車のときに車両保険に入った方は要注意です。毎年の更新のときは必ず保険証書をチェックしましょう。

保険会社では、車は毎年、一定の割合で価値が下がる「減価償却」という仕組みとなっています。
毎年、保険料は安くなっていくのですが、車の価値と補償内容、支払う保険料の3つのバランスを考える必要があります。
車両保険を外すという選択肢もでてくるでしょう。

注意していただきたいのは「中古車相場はモデルチェンジや需要によって相場が変動しますが、車両保険の場合はそれに全く連動しない」という点です。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す