初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スバルWRX STI徹底攻略|実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

スバルが販売するWRX STI。WRCやレースに参加するなど、そのスポーツ性能は折り紙付きです。長年に渡りファンを魅力し続けるスバルWRX STIのデザインや価格、性能、試乗動画、口コミ、値引きなど購入の際に気になる情報をまとめました。

スバルWRX STIとは?その歴史や車名の由来!

スバル WRX STI 2016年型

WRX STIは富士重工業が製造し、「スバル」ブランドで販売しているスポーツセダンです。
他の国内メーカーが実用性や快適性を重視したクルマ作りを進める中、スバルは走る楽しさも同時に追及し続けます。
そのフラッグシップモデルがこのWRX STIとなります。

スバルWRX STIの歴史

スバル インプレッサWRX 1992年型

【1992年11月~初代インプレッサWRX STI】
WRX STIはスバルの代表的なモデルであるインプレッサの高性能版という位置づけでデビューしました。ライバルの三菱ランサーエボリューション(通称:ランエボ)の対抗馬的な存在でもありました。

スバル インプレッサWRX 2000年型

【2000年2月~2代目インプレッサWRX STI】
約8年という日本車としてはやや長いスパンで2代目へとフルモデルチェンジを果たしました。丸目のヘッドライトが特徴的ですが評判がイマイチだったようで2002年のマイナーチェンジで涙目と言われる形状へと変更されました。

スバル インプレッサWRX 2007年型

【2007年10月~3代目インプレッサWRX STI】
セダンの形状を改め、5ドアハッチのインプレッサをベースとしたボディに生まれ変わりました。
さらに2010年にはインプレッサから独立したモデルという位置づけになりました。

スバル WRX STI タイプS 2014年型

【2014年8月~4代目WRX STI】
4代目からはインプレッサから完全に独立し「WRX STI」と「WRX S4」の2モデル展開となりました。

スバルWRX STIの車名の由来は?

「WRX」はワールドラリーの略と語「WRC」の「WR」と未知を意味する「X」が由来しています。
「STI」は「SUBARU TECNICA INTERNATIONAL」というスバルのモータースポーツ部門の社名の略語となります。

スバルWRX STIのデザイン

スバルWRX STIのエクステリア(外装)

スバル WRX STI 2014年型 フロント
スバル WRX STI 2014年型 リア
スバル インプレッサWRX 2014年型 サイド

デザインはエッジが効いてかなりシャープなデザインとなっており、曲線を多用した車種が多い中現代風に上手く個性を引き立てています。
ダウンフォースを発生させる大型のリヤスポイラー(Type Sのみ標準装備)はスポーツモデルならではの装備ですね。

スバルWRX STIのインテリア(内装)

スバル WRX STI 2014年型 シート

サイドサポートのしっかりしたスポーツシートが奢られ赤いステッチがさらにレーシーなイメージを掻き立てています。
セダンなので後部座席もゆったりしています。
トランクは460Lの大容量を確保しているので日常使用には必要十分な広さです。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す