MOBY

【自動車保険の知識】自動車保険の等級とは?保険料の割引率を変える要因とは何か?

今回は、自動車保険の等級制度について簡単にわかりやすくご紹介します!制度のあらまし、保険料が高くなったり安くなったりする等級の変動の理由もわかります。よく出てくる保険用語ですが、その意味をきちんとチェックしなおしてみてください。なぜどの保険会社も同じ仕組なのか?もあわせてご紹介!

保険等級制度(ノンフリート等級)とは?

等級制度(ノンフリート等級)

出典:http://www.axa-direct.co.jp/

自動車保険の「保険等級制度」とは保険用語で「ノンフリート等級」の制度のこととなります。
保険の一契約者の車の所有が9台以下の場合を「ノンフリート契約者」といい、一人で10台以上の車を所有していると「フリート等級」といいます。

会社などの法人が保険の契約者では一契約者で10台以上の車の保有することは多くなりますが、一般個人では一人で10台以上の車を所有することが稀です。

従って、個人向け保険では、ほぼほぼ「ノンフリート契約者」となり「ノンフリート等級」には、契約者の契約期間に対する無事故割引が摘要されます。

この制度は、どこの保険会社の自動車保険も一律同じ仕組みとなっています。
保険等級(ノンフリート等級)には、注意点が幾つかありますので、その仕組から順番にご紹介していきます。

自動車保険の等級ごとの割引率

等級制度(ノンフリート等級)

出典:http://www.sjnk.co.jp/

等級制度は、1〜20等級の20段階あり、1年間保険を使わなければ、毎年1等級ずつ上がっていきます。
等級が上がれば、保険料の割引を受けることができ、逆に下がれば保険料は割増になります。

保険等級には、事故の内容によって下がる等級数が変動します。
一度事故を起こした人はその後も事故を起こしやすい傾向にあることから、ペナルティのような形となっています。

また、上記の割引率の表は、概ねどの保険会社も同じとなっています。

自動車保険の等級はどうやって決まるの?

等級制度(ノンフリート等級)

出典:http://www.axa-direct.co.jp/

6等級か7等級からスタート

初めて自動車保険をご契約する場合は、6等級(新規契約)からスタートします。
例外的に、別の車で11等級以上の保険契約があるなどの一定の条件を満たすときには、7等級(新規契約)からスタートできます。
※新たに自動車保険をご契約いただく際には、 こちらをご確認ください。
・前契約がある場合
前契約に事故がなかったときは、新契約に適用する等級は前契約より1等級上がります。(上限20等級)

尚、自動車保険は、保険会社が変わっても、前の保険等級が引き継がれます。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す