MOBY

【自動車保険の知識】 車両保険とは?その必要性と金額や免責とは?

車両保険は、自動車保険の中でも補償の範囲や仕組みが多岐にわたってわかりづらいものとなっています。保険会社によって補償内容に大きな違いがあるものもあります。車両保険の保険金額の設定の仕方など、合理的な車両保険の加入の参考に!

車両保険とは?

車の維持費

車両保険とは、交通事故での車の全損時の補償や修理代の補償、いたずらや飛び石などので修理代、自然災害での損害などに対して保険金が支払われるものです。

いずれも、車両保険に契約している車に対してのみの保険となります。
人身傷害補償保険などの自動車保険の一部では、被保険者(保険の補償の対象となる人)が契約者自身の一人以外におよぶことがありますが、車両保険はそうではなく、車そのものに保険がかかっているイメージとなります。

また、車両保険は、車両本体と付属品の両方が保険の対象となっています。
ただし、付属品はボルトやナット等で固定されている状態が必要です。

また、車両保険の必要性に関しては多く議論されているところですが、車両保険をつけていれば、例えば事故が起きた際に相手方と過失割合などでもめたとしても、事故の相手や状況に関係無く車両保険で車を元の状態へ戻すことができます。
当然、保険を使うことで等級は下がってしまいますが、相手との交渉は保険会社に任せておけますので、いざ当事者となった時には非常に助かります。

対象・ボルトやナットで固定された付属品
・車内のカーナビ、カーステレオなど。ただし、完全に固定されたもの。
対象にならないもの ・燃料
・法令で禁止されている付属品
・保険会社が「装飾品」とみなしたもの
・保険証券に記載されていない附属機械装置(自家用車では大抵ありません)

注意したいのは、補償の対象にならないものです。
例えば、取り外し可能なカーナビ、ETC車載器なものが挙げられます。
きちんと固定し簡単には取り外せないようにすることで、車両保険の補償の対象とすることができます。

また、装飾品も注意が必要で、保険会社が「それは飾りだ」とすれば補償の対象外となってしまう場合もあります。

2種類ある車両保険

自動車保険

出典:http://www.axa-direct.co.jp/

車両保険は、大きく分けて次の2種類の保険があります。

事故の種類/保険タイプ一般の車両保険エコノミー車両保険
他社との衝突
火災・爆発・盗難
単独事故・当て逃げ×

単独事故、当て逃げの場合の補償の有無が、一般の車両保険とエコノミー車両保険の違いとなるのが車両保険の基本となります。

他車との衝突の場合は、必ず相手の車とその所有者が確認できる場合が大原則となります。
この場合以外は、車同士の衝突の場合、当て逃げされた場合となります。

尚、保険会社によって、エコノミー車両保険でも当て逃げを保険金の支払の対象としていることがあります。

因みに、エコノミー車両保険は、通常の車両保険に、当て逃げと単独事故を補償の対象から外すという特約がセットされたものとなります。

※「特約」は人身事故、対物事故の場合に支払われる自動車保険(任意保険)の仕組みと同じものです。詳しくお知りになりたい方は、下記のリンク先の記事をご参照ください。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す