MOBY

プリウスで車中泊するなら必見!おすすめグッズ・マット・カーテンまとめ

ハイブリッド車の先駆け的存在であるトヨタのプリウス。乗用車でトップクラスの燃費を誇るプリウスは非常に人気の高い車です。2015年の末に新型モデルが発売されたばかりのこのプリウスで車中泊を行う際にあると便利なグッズ、オプションなどをご紹介します。

トヨタ プリウスってどんな車?

プリウスの画像

出典:http://toyota.jp/

プリウスの画像

出典:http://toyota.jp/

トヨタのプリウスはハイブリッド車の先駆けと言える乗用車です。
初代モデルは1997年に発売され、世界初の量産ハイブリッド車となりました。
2015年の12月にフルモデルチェンジした4代目が発売されました。

トヨタが20年間もの間に培ってきたハイブリッド技術が注ぎ込まれているだけあって、燃費性能は37.2km/L~40.8km/Lと、乗用車の中でもトップクラスの燃費の良さを誇ります。

TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)による新たなプラットフォームにより、低重心化、静粛性の追求などが行われ、今まで以上に乗り心地や走行性能が向上しました。

超音波センサーにより衝突回避や軽減を行うインテリジェントクリアランスソナー、急発進、急加速を抑制するドライブスタートコントロールなど、予防安全性能も充実しています。

トヨタ プリウスのCM

トヨタ プリウスの室内空間!

プリウスの画像

出典:http://toyota.jp/

プリウスの車内は低重心ボディながら頭上にゆとりがある設計となっています。
室内長も、後席を倒せば大人が足を伸ばして寝るための十分な長さがあり、車中泊が可能です。
ただしスキマや凸凹は多少できるので、エアーマットなどを準備しておきたいところです。

トヨタ プリウスの評価、口コミ

燃費の良さは多くの方が高く評価しています。
その他にも乗り心地の良さ、静粛性、走行性能の(先代に比べて)向上が評価されています。
ドアを閉める音をはじめとして、全体の高級感が先代モデルよりも向上しているという意見もありました。

【乗り心地】とにかく静粛性が上がりました。エンジン音が遠くに聞こえて運転時のアクセルワークがわかり辛くなった。これは良い意味です。20型は今思えばよく聞こえてました。ショックも良く長時間走行でも疲れが軽減されました。ひとつ車の格が上がった印象です。

出典:http://review.kakaku.com/

30系プリウスは17インチだったので、その差(50系は15インチ)もあるのでしょうが、明らかに良くなっています。
段差の突き上げも柔らかくなり、アクセル踏み込み時の反応も良くなり、旧プリウスオーナーからすれば「感動レベル」のハズです。

出典:http://review.kakaku.com/

【燃費】
正直、最初はなれないのでそろそろ走っていたら25Km過ぎたところで燃費計が36KM/Lを指していたのでその後は結構エコ運転になってしまいました。途中山道で34km前後になってしまいましたが、郊外平坦路でまた36Km台に回復し、最後に高速にのって戻すときには34.6Km/Lという状況でした。高速ではだんだん燃費が悪くなってきましたが、これはHVのよく言われる弱点かもしれません。でも初めて運転してこの燃費の良さにはびっくりしてしまいました。

出典:http://review.kakaku.com/

新型プリウスに関してさらに詳しくはこちら!

さて、ここからプリウスの車中泊に役立つオプションやグッズをご紹介します。

トヨタ プリウスでの車中泊に役立つオプション

AC100V電源

プリウスの画像

出典:http://toyota.jp/

車中泊をするなら家電が使えるAC100Vコンセントが欲しいところです。
インバーターをわざわざ買わなくても、プリウスならグレードによってはAC100Vコンセントが標準装備されています。
標準装備されていないグレードでも、メーカーオプションで付ける事も可能です。
これがあれば、ノートパソコンなどの家電が車の中で使えます。
非常用としてもあると便利ですね。


Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアムに標準装備で、A“ツーリングセレクション”、A、S“ツーリングセレクション”、Sにメーカーオプションです。
オプションとして付ける場合の価格は43,200円です。

ナノイーエアコン

出典:http://toyota.jp/

車中泊をする時は匂いや乾燥が気になります。
水に包まれた弱酸性のナノイーがエアコンから放出され、髪や肌を守ります。

エアコンのナノイー機能は、Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアムに標準装備です。

おくだけ充電

出典:http://toyota.jp/

車内でスマホを充電する時に、充電ケーブルを用意するのは煩わしいものです。
おくだけ充電なら、充電エリアに置くだけでスマホや携帯電話を充電してくれます。
ケーブルを無くす心配もなく車内がスッキリしますね。

価格は21,600円です。

トヨタ プリウスで車中泊するならこのグッズも便利!

車中泊をする際はマットやカーテンなどを用意して快適に楽しみたいですね。
4代目プリウスはZVW50系と呼ばれています。

遮光カーテン

カーテンの画像

出典:http://item.rakuten.co.jp/

車中泊をする時は外から差し込む光や視線が気になります。
プリウス用のカーテンならスキマをぴったりシャットアウト。
快眠のお供にぜひ欲しいところです。
リヤ用とフロント用が分かれている場合が多いので購入の際はご注意ください。

気になるお値段は3,980円です。

エアーマット

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

ある程度フラットになる車でも多少のスキマや凸凹はできてしまいます。
快適に睡眠をとるためにはエアーマットなどを準備しておきたいところです。
コンパクトに収納でき、自動で膨張するものもありますので、お手軽に利用できます。

メーカー希望小売価格は8,600円ですが、車中泊ブームを受けて安いところでは1,480円ほどで購入できます。

ラゲージマット

ラゲージマット

出典:http://www.offtime.cc/

プリウス用のラゲージマットです。
お値段は29,800円。
車内の形状に合わせた専用設計で、タイプの違う生地を組み合わせており様々な用途に使えます。

寝袋

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

車中泊の際はエンジンを停止するのがマナーと言われています。
冬場は床から差し込む冷気もありますので、防寒用の装備をしっかり整えておきたいところです。
マットの上に寝袋を敷けば、かなりの防寒効果が期待できます。

お値段は3,888円です。

LEDランタン

出典:http://goo.gl/

車内で明かりが欲しい時に、乾電池で作動するLEDランタンがあると便利です。
画像のもの(ジェントスSOL-016B)は乾電池6本で作動し、キャンドルモードなら450時間も持続します。
highモードならガスランタン並みの明るさを実現しています。

お値段は5,800円です。

クイックテーブル

出典:http://www.dena-ec.com/

車内でちょっとした物を置きたい時、ノートパソコンで作業をする時などにクイックテーブルがあると便利です。
ハンドルにフックで取り付けて使用できます。
使わない時はコンパクトに折りたたんで収納できます。

通常価格は4,000円ほどですが今なら期間限定で2937円で購入できます。


▼車中泊用の便利グッズ、必須アイテムがもっと詳しく知りたい方はこちらの記事!

トヨタ プリウスで車中泊を楽しもう!

プリウスの画像

出典:http://toyota.jp/

トヨタのプリウスはハイブリッドの代表的な車として人気の高い車です。
2015年末に出たばかりの最新モデルは乗り心地や運転性能も向上し、今最もホットな車の一つです。

トヨタのプリウスで車中泊を楽しむ際は専用のアイテムを揃えて快適に楽しみましょう!

おすすめのプリウス関連記事はこちら!

トヨタ・プリウスのカスタム情報記事です。

新型プリウスPHVはデザインも違う!

新型プリウスの気になる年間維持費をチェック!