初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ピラーとは?AピラーとBピラーとCピラーとピラーレスの意味【自動車用語】

ピラー(Pillar)とは自動車の部位の名称ですが、一体どこのことを示すのでしょうか?また、ピラーの種類やピラーの役割は?そして、最近たまに耳にするようになったピラーレスとは?ここでは、これらの疑問に一気に答えていきます。

ピラーとは

ピラー(Pillar)とは、辞書で調べてみると、

柱。また、柱状のもの。

出典:http://dictionary.goo.ne.jp/

というのが本来の意味です。これが転じて、自動車の窓柱を表します。また、イギリス英語のポスト(Post)が全く同じ意味で使われることがあるが、ここではピラーに統一して説明していきます。

上の写真をごらんください。ピラーは、ボディとルーフをつなぎ、居住空間を確保して、ボディを支えます。また、各ピラーの間には窓ガラスが存在します。ピラーの名称は前方からAピラー、Bピラー、Cピラー、Dピラーといったようにアルファベット順になります。

巨大なリムジンやバスはどのくらいピラーがあるのでしょうか?

各ピラーの位置と役割

Aピラー

Aピラーは、フロント・ウィンドウを支える左右両端の支柱のことで、前方からの衝突時などの衝撃に耐え、乗員の生存空間を確保するという非常に重要な役割があります。しかしながら、強度を確保しようとしてあまりにもAピラーを太くしすぎると、左右前方の視界を遮ってしまうことになるため、そのあたりのバランスを上手く取って設計する必要があります。

Bピラー

Bピラーは、前部座席と後部座席の間にある柱、と言うことができます。Bピラーは、側面からの衝突時においての安全性に非常に大きく関わっています。さらに、ルーフを支える強度や、リアドアのヒンジ部分を支えたり、シートベルトからの荷重を支える上で非常に重要な役割を果たします。

Cピラー

Cピラーは、後部座席の斜め後ろにあるピラーのことです。高級車などでは、後部座席の乗客の顔を見せないためにCピラーが太くなっているものもあります。

Dピラー

ステーションワゴンやミニバンでは、Cピラーの後ろにもう一枚窓があることが多いです。そして、その窓の後部、つまり、車両の一番後部の柱としてDピラーが存在することが多いです。Dピラーはステーションワゴンやミニバンにおいて、構造上及び・スタイリング上非常に重要です。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す