【並行輸入車とは】費用や方法は?デメリットを理解して賢く外車を買おう

並行輸入とは、海外のメーカー・ブランドの製品を正規以外のルートで輸入することをいいます。並行輸入をすることで、日本には輸入されていない外車や、海外のみで販売されている日本メーカーの自動車などを手に入れることが可能です!今回は、並行輸入のやり方や注意点などをまとめました。

並行輸入とは?

出典:http://www.aacd.gr.jp/

海外で売られている車は、通常はメーカーの日本法人や正規代理店を通して日本で販売されます。
しかし、これらの業者は海外メーカーの全ての商品を日本に輸入するわけではないため、日本に輸入されなかった車を私たちが買うことはできません。

一方、メーカーとは関係のない独立した業者が商品を輸入することもあります。
これを並行輸入といい、このルートで販売される車を並行輸入車といいます。

並行輸入をするメリット

並行輸入では日本に輸入されていない外車が手に入る

出典:https://www.allcarleasing.co.uk/

日本には海外メーカーの日本法人が数多くあるので、一見世界中の自動車を手に入れられるように思われがちですが、実は海外メーカーの日本法人が輸入していない車種も数多くあります。

また、ボディカラーやエンジンの選択できる幅が制限されている場合もあるので、珍しい仕様のモデルを購入するとしたら、並行輸入しか選択肢がありません。

並行輸入では海外でしか販売されていない日本車が手に入る

実は、海外に輸入されている日本車の中には、日本では販売されていない車種も数多く存在します。

例えば、日本メーカー製の大型ピックアップトラックはアメリカでは人気ですが、日本での需要が見込めないので日本では販売されません。
また、ヨーロッパで人気があるディーゼルエンジンを搭載している日本車の中にも、日本では販売されないケースが多くあります。

こういった日本では販売されていない日本車を手に入れることができることも並行輸入車のメリットです。

並行輸入をするデメリット

並行輸入車はメンテナンスが大変

出典:http://www.gilisautomotive.com/

正規ルートで購入していないため、メーカーの保証を受けることができないだけでなく、正規のディーラーでは整備を受けられない可能性も高いです。

ですが、並行輸入車のメンテナンスを得意とする非メーカー系の自動車整備工場も存在するので、メンテナンスを受ける時はそのような工場に対応してもらいましょう。

並行輸入車は車両保険への加入が大変

出典:https://www.kuruvia.com/

車両保険においては、車種の型式が保険料に影響を与えますが、並行輸入車はほぼ日本に存在しない車種であるため「型式不明」扱いになることが多く、車両保険への加入を断られるケースがあります。

特に、インターネットから加入する「ダイレクト型自動車保険」の場合は断られるケースが多いようです。
ですが、場合によっては受け付けてくれる保険会社も存在するので、加入している保険会社に相談するのがよいでしょう。

輸入業車に手数料を払わなければならない

出典:https://corecars.jp/

海外で販売されている車を日本に輸入するためには、自動車の輸送だけではなく、通関手続きや排出ガスの検査、日本の法律に適合させるための改造を施す必要があります。

これらの手続きを購入者自身で行うのも1つの手ですが、専門知識が必要となってくるため、輸入から検査まで一貫して代行してくれる業者にお任せするのもよいでしょう。

代行にかかる手数料は、100万円程度が相場のようです。

次のページ