初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ミニクーパーモデル一覧徹底比較!同じMINIクーパーでも性能や燃費や価格はどのくらい違うの?

個性的なルックスであるが故には見た目で判断されることも多いMINI。実は性能も目を見張る物があります。今回は「クーパー」のグレードを中心に色々なMINIを詳しく見ていきます。

MINIクーパーとは?

ミニ 3ドア 5ドア コンバーティブル 2016年型

ミニは昔からあるブランドですが、2001年からはBMWが製造、販売しています。

よく耳にする「クーパー」というのはグレード名です。
他にも「ワン」や「クーパーS」といったグレードがあるので、一概に「クーパー」と言っても実は異なる場合もあります。

また、ミニのボディバリエーションにはスタンダードな「3ドア」、ストレッチモデルの「5ドア」、オープンモデルの「コンバーチブル」、サイズを拡大した「クラブマン」など様々な種類があります。

最も人気のグレード「ミニクーパー」を一覧比較

基本的にMINIのエンジンは、同じグレードであればモデルが変わっても搭載するエンジンは同じとなっています。

現在の「ミニクーパー」は直列3気筒1.5Lターボを搭載しています。BMWの1シリーズなどにも採用されている小気味よい加速が味わえるグレードです。

普段はその個性的な外観から見た目で評価されやすいミニですが同じグレードでもモデルごとにどれくらい性能に差があるのかを見ていきます。

ミニの購入を考えているけどモデルで迷っているという方の参考になればと思います。

エンジン種類直列3気筒DOHCターボ
排気量1,498
最高出力136
最大トルク220
トランスミッション6速AT
駆動方式FF
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

これぞMINIのスタンダード「3ドア」

ミニ クーパー S 3ドア 2014年型

「3ドア」はミニの最もスタンダードなモデルです。
ミニの中では一番コンパクトで軽量なモデルとなるため、加速・燃費については一番優れています。

他のモデルに劣る部分としては、後席の膝回りとトランクの容量が少ないこと。
また後部ドアがないのでリヤシートに乗る場合は乗り降りがやや手間となります。

値段は一番安いので、普段2人で乗ることが多い人であれば一番経済面で勝るモデルです。

MINIクーパー 3ドアのスペック

全長全幅全高
3,8351,7251,430
ホイールベース車両重量乗車定員
-1,2005
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新車価格
MINIクーパー 3ドア272万
[単位]円(消費税込み)

MINIに実用性を装備した「5ドア」

「3ドア」をベースに「5ドア」化したのがこのモデルです。
全長をやや大きくし、後席足元は4cm拡大、頭上スペースは15mm大きくなっています。
5ドアモデルとして初めてハッチバックタイプを採用しています。

ドアの枚数が増えたおかげで、後部座席の乗降性を格段にアップしました。
後座は背もたれの角度がややきついため、長時間のドライブには適していないかも知れません。
「5ドア」は後部座席は3人乗りになっていますが、横幅は「3ドア」と変わらないので緊急用と考えた方が良さそうです。

利点としては車重が増しているにも関わらず、「3ドア」と同等の燃費を実現しているところでしょうか。
加速はやや落ちていますが、体感の速度はほぼ変わらないでしょう。

MINIクーパー 5ドアのスペック

全長全幅全高
4,0001,7271,445
ホイールベース車両重量乗車定員
-1,2605
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
車両価格
MINIクーパー 5ドア304万
[単位]円(消費税込み)

MINIのオープンカー「コンバーチブル」

ミニ コンバーティブル 走行 2015年型

「コンバーチブル」は「3ドア」をベースとした4人乗りのオープンモデルになります。

また、ソフトトップモデルになると車体剛性を上げる必要があるため必然的に車重は重くなりベースの「3ドア」よりも120kg重量が増しています。
この大人2人分に匹敵する増量はやはり、加速と燃費に表れています。

しかし、オープンモデルというこの車でしか味わえない魅力はスペック以上に重要なポイントですね。

ミニコンバーチブルのトランク

ミニ コンバーティブル トランク 2015年型

ソフトトップを収納するためトランクの容量は少なくなっていますが、日常の使用に不満のないスペースは確保されています。

MINIクーパー コンバーチブルのスペック

全長全幅全高
3,8351,7251,415
ホイールベース車両重量乗車定員
1,3204
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
車両価格
MINIクーパー コンバーチブル348万
[単位]円(消費税込み)

サイズを拡大し上質となった「クラブマン」

ミニ クラブマン 2015年型

ミニ史上最大の大きさを持つ「クラブマン」では、「3ドア」比でなんと全長435mm拡大しています。
横幅もついに180cmの大台に乗っています。

ボディサイズ拡大の割に全高はほぼ変わらないため、より一層ワイド&ローなスタイリングが強調されています。

ミニクラブマンのトランク

ミニ クーパー S クラブマン トランク 2015年型

この全長の恩恵はもちろん、後部座席とトランクに顕著に出ています。後席膝回りも、トランクスペースも飛躍的に使い勝手が向上しています。

3人以上で乗ることが多い人や、荷物をたくさん積む人、長距離ドライブが多い人にはこの「クラブマン」がおすすめです。

MINIクーパー クラブマンのスペック

全長全幅全高
4,2701,8001,441
ホイールベース車両重量乗車定員
1,4305
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
車両価格
MINIクーパー クラブマン358万
[単位]円(消費税込み)

ミニ クーパーSが2018年にマイナーチェンジか

撮影されたスパイショット

ミニクーパーS マイナーチェンジ
ミニクーパーS マイナーチェンジ

MINIクーパーのハイスペックモデル「クーパーS」がマイナーチェンジを行うようです。
撮影されたスパイショットには、3ドアのクーパーSが写っています。

今回のマイナーチェンジはパワートレインを中心に行われるようで、外観は現行クーパーSとほとんど変わらないようです。
クーパーSは2.0L直4ターボを搭載していますが、パワーアップなどが期待されます。

新型ミニクーパーSのマイナーチェンジについてはこちら

ライフスタイルに合わせてお好きなMINIをチョイス!

ミニ クーパー S 5ドア 3ドア 2014年

BMWミニとしてデビューした頃は「3ドア」1車種でしたが、今は目的に応じて選べるほどにラインアップを拡大しました。

また、ミニは見た目だけでなくBMWのコンセプトである「駆け抜ける喜び」もしっかり継承されているため、走りの評価も高いのがポイントです。

ミニはオプションが豊富なのでカスタムをする楽しさは他の車に負けません。全く同じモデル、グレード、カラー、カスタムを施しているミニに会うのはとても困難です。
世界で一台の自分だけのミニをつくれると思うととてもワクワクしませんか?

ミニに関連するおすすめ記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK