【下北半島ドライブ】恐山など青森県絶景観光スポット4選!

海に囲まれた青森県下北半島は、東北の海とは思えない綺麗な海が特徴です。今回はこれからの季節にぴったりなドライブスポットを下北半島に絞ってご紹介いたします!

絶景の海と大自然を満喫できる「下北半島」


東北の観光地といえばどんなイメージをお持ちですか?
大自然に囲まれた山々や川、渓谷などなど。もちろんいずれも自然に恵まれた東北の素晴らしい観光地ですが、今回は南の島にも劣らない、綺麗な海を堪能できる下北半島をご紹介します。

青森県絶景観光スポット①日本三大霊場「恐山」

出典:http://simokita.org/sight/osore/

出典:http://simokita.org/sight/osore/

恐山とは下北半島中央部に位置する霊場です。死者の霊を供養するため地獄に最も近い場所などと言われています。周囲を囲む火山岩やガスも一層「地獄」の雰囲気を掻き立てます。

ただし、観光地としても非常に有名なスポットであり付近には宇曽利湖と呼ばれるカルデラ湖もあります。湖のすぐそばには曹洞宗の菩提寺というお寺がそびえます。

また、恐山には数種類の温泉があり入山料500円を払えば無料で入浴することができます。

住所:青森県むつ市田名部宇曽利山3-2
アクセス:みちのく有料道路終点から国道279号線を経由して車で1時間50分
入山料:大人500円子供200円
※11月~4月は閉山。

青森県絶景観光スポット②放牧されている馬に会える「尻屋崎」

下北郡東通村に位置し、下北半島の北東端にもなっている尻屋崎。明治9年に建てられた東北地方初となる洋式灯台が印象的なスポットです。この灯台レンガ造りとしては日本位置の高さを誇ります。

また尻屋崎周辺では寒立馬(かんだちめ)という馬が放牧されており春から秋の間はここで過ごします。運がよければ放牧中の寒立馬に遭遇することも可能です。マイカーと一緒に寒立馬の写真なんて撮れたら一生の思い出になること間違いなしですね!

放牧されている寒立馬

住所:青森県下北郡東通村尻屋字尻屋崎1-1
アクセス:百石道路 下田百石ICから国道338号線を経由して車で2時間40分
※冬季は閉鎖

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す