MOBY

【自動車の歴史】クライスラーの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

現在もアメリカのランドマークとして存在するクライスラー。アメリカ車を代表しクラシックカーの代名詞ともいえます。その始まりは鉄道業界でした。別業界から転身した歴史の数々を覗いてみます。

自動車業界への挑戦

創立者 ウォルター・パーシー・クライスラー

ウォルター・P・クライスラー

出典:http://www.fcanorthamerica.com/

クライスラーの創業者、ウォルター・パーシー・クライスラー。優れた技術力を持っていたクライスラーは鉄道技師でした。

参加したモーターショーにおいて車の魅力にひかれたクライスラーは辞職し、自動車産業へと旅立ちます。ゼネラル・モーターズ(GM)の技術者となった後、45歳の時に独立、1925年にクライスラー社が創業されました。

クライスラーは最新の技術を取り入れた車を製造

工場 

出典:http://goo.gl/

経営者ながらも技術者でもあったクライスラーは、自社のクルマづくりに最新の技術を次々と取り入れていきます。
クライスラー社の強みである技術力の高さはここから始まっおり、当時のゼネラルモーターズやフォードなどよりも、卓越した技術力を誇っていました。

このような技術の取り込みは、他の自動車メーカーよりも設立が遅く、ブランド力としては歴史のある自動車メーカーと比較して劣っていたことが理由に挙げられます。

そして成果として、ゼネラルモーターズとフォード・モーターなどと並ぶブランドとして「ビッグスリー」とよばれるようになります。

1924年:クライスラー・70

1924年発表B-70

出典:http://www.conceptcarz.com/

クライスラー・70は、1924年に発表され、1925年に発売されたクライスラー社としては初となる量産車です。

1934年:クライスラー・エアフロー

1934年型クライスラー・エアフロー

出典:http://gazoo.com/

1930年代にはいると、クライスラーは今までにない流線形なデザインを合わせた新型車、エアフローをとりいれました。
このモデルが登場して依頼、ヨーロッパを中心に流線型のボディデザインが主流となっていきます。

他にも当時はボディの骨組みとして木材が多く使われていましたが全鋼製ボディ採用したり、量産車では初の4輪油圧ブレーキシステムを導入、新方式のエンジンマウント(フローティングマウント)、エンジン位置を従前より前進配置させた「アンダーステア型」重量配分や油圧式パワーステアリングなど、クライスラーは当時の先進技術を車へ導入し、成功を収めました。

そして、当時世界最高の高さを誇るクライスラー・ビルもニューヨックのマンハッタンに建てられたのです。

軍用JEEPの生産

1941-1945年:willys-mb JEEP

1941-1945-willys-mb jeep

出典:http://thejeep.org/

クライスラーは、第二次世界大戦では軍の要請により軍用車の生産が求められました。
大戦以前より製造していたJEEPはクライスラー社の四輪駆動部門となります。

それらの生産により多くの利益をあげ、現在はクライスラーのジープ部門となっています。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す