MOBY

アストンマーチン新型「AM-RB 001」レッドブルと共同開発のハイパーカー日本初公開!

アストンマーチンのCEOであるアンディパーマー氏は、「アストンマーチンのラインナップにF1の技術を導入し、超ハイパーカーを開発する」と明かしたそうです。 これは、アストンマーチンがフェラーリやマクラーレンを超えるためのこれかの方向性として非常に高い期待ができます。 今回は、アストンマーチンのCEOの発表した内容をもとにアストンマーチンのこれからのプランについてご紹介します。

アストンマーチンはフェラーリを超えるハイパーカーを開発中!

レッドブルレーシングと共同開発

出典:http://www.carbuzz.com/

アストンマーチンは現在、レッドブルレーシングと共に新たな超スーパーカーを開発中のようです。
その開発プロジェクトは「AM-RB 001」。レッドブルレーシングと共同でF1の技術をも導入し、かつハイブリット仕様も検討されている超スーパーカーの開発となっています。

アストンマーチンのスーパーカーと言えば、アストン史上最高額となる3億円のマシンヴァルカンや今年3月に発表されたフラッグシップモデルDB11が記憶に新しいところです。
話題は集めましたが、超希少なレーシング専用モデルであり量産はされていません。

今回の開発ではF1のノウハウも注入するとあり、そのヴァルカンの性能を上回ってくることでしょう。

アストンマーチン新型AM-RB 001公式発表!

2016年7月5日にアストンマーチンとレッドブルが共同開発を行っている新型スーパーカーAM-RB 001が公式発表されたと報じられました!リークされた情報と同じく限定で99~150台が生産されるそうです。

アストンマーチンのゲイドン工場で生産されると言われており、AM-RB 001の納車は2018年からスタートする見込み。

AM-RB 001の開発に置いて技術面では、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーズとQ by Aston Martin Advancedが共同で開発しているとのこと。

AM-RB 001は新開発の高回転型自然吸気V12エンジンが搭載!?

AM-RB 001はノーマル仕様とサーキット専用仕様の2種類のモデルが発売されるようです。
そしてまだ確定ではないですが、新開発の高回転型自然吸気V12エンジンがキャビン後方に搭載されると言われています。またこのエンジンのパワーウェイトレシオは1.0という規格外の数値を叩き出しているそうです。

AM-RB 001は従来のロードカーを超えるスペック

出典:http://www.carscoops.com/

一般公道での走行出来るように走りやすさを追求すると同時に、サーキットでの走行を視野に入れて従来のロードカーを超えるスペックを持つと言われています。

軽量なカーボンファイバー構造で作られたコンパクトなボディも注目すべき点です。運転しやすい空間作りもされており、快適性も期待できるとのこと。

動画でもAM-RB 001の全貌が明らかに!

【最新情報】アストンマーチン「AM-RB 001」 日本初公開!

10月3日 ジャパンプレミア

アストンマーチン AM-RB 001

2016年10月3日、アストンマーチンはF1チーム「レッドブル・レーシング」と共同開発したスーパーカー「アストンマーチン AM-RB 001」を日本初公開しました。

この新型アストンマーチンの開発を手掛けたマレク・ライヒマン氏は「この車はレッドブルレーシングとの友好的な関係のもとに、モータースポーツにおける勝利を目指したモデルで、特別で革新的な車になる」と述べています。

新型アストンマーチン AM-RB 001の性能は?

今回発表されたアストンマーチン AM-RB 001 コンセプトモデルは、V型12気筒自然吸気エンジンを運転席後方に配置したMR(ミッドシップ)スポーツカーです。

曲線的なボディランや独特のフロントバンパーはデザイン性だけでなく、エンジンやブレーキを効率的に冷却する他、強烈な空力性能を発揮するためにデザインされています。

また、サーキットでの走行性能を重視すると同時に、街乗りでも不便なく使用できるようにに工夫され、低速でも十分に運転を楽しむことができると述べています。

またAM-RB 001は、パワーウエイトレシオ(単位馬力あたりの重量のこと。日本では基本的に、重量(kg)を最高出力(ps)で割ったものを示します。)が1:1になるよう設計されています。

アストンマーチン AM-RB 001の発売日と価格は?


今回発表されたAM-RB 001は、世界で150台のみの限定販売となり、価格は3億円前後となる見通しです。

販売台数が150台と限られているのに対し、すでに600人超の購入希望者がいるようです。ONE-77やヴァルカンなどのアストンマーチンを所有する人物が優先的に購入できるのではないか、とも言われています。

「AM-RB 001」の名称は将来市販するにあたり変更されることが発表されており、あくまでもコードネームとしての名称であるようです。

アストンマーチンAM-RB 001 その他の画像


F1の技術を導入したアストンマーチンに期待!

出典:http://ur0.work/

「AM-RB 001」の開発と共に、これからのアストンマーチンのラインナップにはレッドブルレーシングと共同でF1の技術を導入していくということが示されました。

ただでさえ、ハイスペックなアストンマーチンがさらならハイスペック、ハイパフォーマンスのラインナップに生まれ変わるということを示唆させる内容には大きく期待できるのではないでしょうか。

世界のスーパーカーに関するおすすめ記事!