ホンダ フィットのマイナーチェンジ予想!スペックを徹底解析!

2016〜2017年にマイナーチェンジの噂が立つ、ホンダのフィット。2015年9月にマイナーチェンジが行われ、あまり改良点が見込まれないことも予想されます。しかし、今回噂されているマイナーチェンジで改良されると予想されるポイントをご紹介します!

フィットがまたモデルチェンジ?

出典:http://goo.gl/HC1ipK

ホンダ・フィットのマイナーチェンジが2016年秋頃にされるとの噂があります。

フィットはリコール問題やライバル車種の追随があります。
そんな押され気味のフィットでしたが、販売台数では「アクア」と「プリウス」に次ぐ3位にランクインしています。
人気の秘訣として、ドライバーに優しい構造になっているからではないでしょうか。
というのも、シートにヒーターが内蔵されていたり、フロントガラスにはUVカット機能のついたフロントガラスが使用されました。
また、コンパクトカーの中でも広々とした空間の実現が人気の秘訣です。

今回はそんなフィットのマイナーチェンジでどこが改良されていくのか、予想していきます!

近年は軽自動車の人気に押され気味のコンパクトカー領域。しかしそれでも軽を除けば最も販売台数が多く根強いニーズがあります。軽には無い安心感と実用性があります。各メーカー代表車を揃え、しのぎを削るコンパクトカーの人気(販売台数)ランキングをご紹介します!

スポーツハイブリッドエンジンの改良?

出典:http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/

ライバル車の動向を見ても、「デミオ」のフルモデルチェンジや「ヴィッツ」のハイブリッド車の登場などがあり、フィットに大きな改良が望まれています。

特に今回のマイナーチェンジでは、スポーツハイブリッド(i-DCD)をはじめとした、燃費性能の向上が予想されます。
スポーツハイブリッド(i-DCD)の改良がされることで、燃費性能の向上を目指します。
コンパクトカーの中で不動の地位を確立している「トヨタ・アクア」の現在のJC08モードの燃費が37km/Lです。
今回のマイナーチェンジで目指すなら、燃費性能37km/Lを超え、燃費性能で「アクア」を超えることが望まれます!

フィットのフロントとリアのデザインが変わる?

出典:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/20130905_613905.html

今回のマイナーチェンジでフロントとリアのデザインが変わることが噂として広まっています。

フィットのグリルは特徴的で、グリルを見たときに一目でフィットと判別できるようなブランディングの意味も込めて設計されています。

どのくらいフロントとリアのデザインが変わるのかはなかなか難しいところですが、一つの改良点として押さえとくぐらいの気持ちでいることおすすめします。

マイナーチェンジの噂は2016年9月ごろ

出典:http://www.honda.co.jp/news/2015/4150917-fit.html

ホンダのモデルチェンジやマイナーチェンジでは、改良や変化が少ないことがよくあります。
実際に、2015年のフィットのマイナーチェンジでは、エクステリアの改良やカラーバリエーションの追加がされましたが、ユーザーさんは期待していた分、反応がイマイチだったようです。

今回のマイナーチェンジの噂も、大きな改良や変更はあまり期待しないほうがいいのかもしれません。
しかし唯一の期待点として、スポーツハイブリッドエンジンの改良でライバル車である、「アクア」を燃費性能で勝ることでしょう!

マイナーチェンジされる時期として、2016年9月との噂です。
また、フルモデルチェンジの周期として、2015年にマイナーチェンジされ、次のマイナーチェンジが行われたあとにフルモデルチェンジが行われるとの噂もあります。

今回のマイナーチェンジであまり改良点が無いとしても、フルモデルチェンジに期待したいです!

ホンダ フィットに関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す