MOBY

変形するBMWのコンセプトカーGINAとは?生き物みたいで怖い?きもかわいい?

BMWが6年もの間、開発を続けているコンセプトカー「GINA」。従来の車ではありえない素材や変形が話題になっています。その実態はいかようなものなのか?この記事では、動画や画像を交えて異色のコンセプトカー「GINA」について解説しています。

異色のコンセプトカー BMW「GINA」

ginaの画像です。

出典:http://www.bmwblog.com/

コンセプトカーといえば、従来の車とは全く異なる見た目や機能等を盛り込んだ、実験的な意味合いの強い個性的な車を思い浮かべます。
この記事で紹介する「GINA(ジーナ)」はコンセプトカーの中でも特に変わった見た目をしており、その機能も全く前例のないものとなっています。

2009年に発表されたGINAは斬新かつ不気味?人によって「かわいい」「未来的」「気持ち悪い」「怖い」「きもかわいい」など、意見がわかれる異色のコンセプトカーです。

まずは以下の動画をご覧ください。

BMW GINAの動画

前代未聞、GINAのボディは布製!?

GINAの画像です。

出典:http://www.bmwblog.com/

普通、車の素材といえば金属やプラスチック、カーボン、もっと遡れば木材などですが、GINAのボディにはなんと「布」が使われています。
もちろんただの布ではなく、弾力性や耐久性、防水性にも優れたデュポン社の「ライクラ(LYCRA)」という素材が使われているのです。

ライクラとは?

ライクラ®ファイバー
ポリウレタン弾性繊維

ライクラ®ファイバーは、クモの糸のように細く、優れた伸縮性を有する合成繊維です。一般にはポリウレタン弾性繊維、スパンデックス、またはエラスタンとも呼ばれます。元の長さの4~7倍もの長さに伸長し、緩めるとすぐに元の長さに戻る特性があります。
ライクラ®ファイバーは、単独で使用せず、他の繊維と混用することにより、ファブリックに伸縮機能を付与し、天然繊維、合成繊維を問わず混用することが可能です。

出典:http://www.toray.jp/

BMWの開発スタッフは、金属やプラスチック以外でボディ・シェルに高い剛性を持たせることができる素材を模索する中、「布」という素材にたどり着きました。

ボディが布製なら、交通事故を起こしても加害者・被害者ともに怪我が軽く済んだり、汚れたら外して洗濯でき、その日の気分によって、着せ替え感覚でボディカラーを変えることもできるようになるかもしれません。

何にせよ、車のボディに布という選択は、斬新で夢のある組み合わせだと言えます。

まるで生物!?変形するGINAのボディ!

GINAの画像です。

出典:http://inhabitat.com/

GINAのボディは変形するといっても、トランスフォーマー的なロボット然とした変形ではなく、連続的で滑らかな生物的変形をします。
ドアを開けたり、ヘッドライトを閉じたりする際、可動に合わせて布製のボディも伸縮することで、まるで生きているように滑らかで柔らかな変形を可能としているのです。

怖い?まばたきもするGINA

まるで生き物。「まばたき」もするBMWの「GINA」は怖い?きもい?未来

Car Mania News - 車好き速報さんの投稿 2015年12月31日

未来の生き物?車? BMWのGINA

GINAの画像です。

出典:http://www.bmwblog.com/

まるで未来からやってきた、生物とも車ともつかぬフォルムを持つGINA。
車型生命体と言い表すと、妙にしっくりきませんか?

残念ながら、今のところ市販の予定は無いそうですが、コンセプトカーとしてこれほどまでに斬新な物を出してきたということは、BMW車の今後の展開にも少なからず影響を与えているかもしれません。

今後どうなるかは分かりませんが、GINAの持つ要素を一部でも受け継いだ車が発売することを、少しは期待してもいいのではないでしょうか。

こちらの記事もオススメ!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す